興味津々
日記です。
『祝 全勝優勝!』
豪栄道blog01

豪栄道blog02
 大関 豪栄道(30歳) 全勝優勝おめでとうございます。
 両国国技館での千秋楽(25日) TVを見ながら応援と
スケッチを(取り組み前の顔)。 
            【大阪府寝屋川市出身 境川部屋】
 琴将菊を寄り切り、15戦全勝で締めくくった。
日本人力士の全勝優勝は、1996年 秋場所の横綱
 貴乃花以来、20年振りらしい。
大関カド番では、史上初めての全勝優勝ということで、
横綱 白鵬の今場所休場が波乱を生んだ。
 
 豪栄道の顔は、あまり笑顔がなく、特徴がつかみにく
いので、似顔絵が難しい。
 しかし、優勝してからの笑顔はなんとかわいらしい顔
であった。 
 今頃 寝屋川市の商店街はにぎやかなことであろう。
スポンサーサイト
『稀勢の里』
稀勢の里blog01
 久々にTVで大相撲の中入り後から・・・横綱白鵬が休場の
国技館、連日満員御礼の垂れ幕が、今日は11日目、全勝の
豪栄道(角番)と2敗の稀勢の里が大関同士でおもしろい。
呼び出しの瞬間、場内は大歓声で懸賞金も土俵一周分であ
った。二人とも風格は十分で大相撲間違いなし。
特に稀勢の里は土俵際で待っている間、腕を組んだまま、
眉を吊り上げ、下を向き、口はへの字で精神を集中、豪栄道は
は時々口を開けたり、天井を見上げたりで平常心なのか・・・
なんとなく稀勢の里の方が描きやすそうな顔と思い、そばにあ
った茶封筒に落書きをした。
 大関 稀勢の里 茨城県出身 田子の浦部屋 8勝2敗
 大関 豪栄道  大阪出身   境川部屋   10勝0敗
 結果は豪栄道が勝って全勝で優勝に一歩近づき、稀勢の里
は3敗で優勝への道は遠のいた。
 ただ1敗の横綱 日馬富士も負けて2敗となり、豪栄道が抜き
でた。 角番からいきなり優勝候補に・・・白鳳不在で、多くの
力士にチャンスが、今場所もそれなりにおもしろい。
敬老の日カステラblog01
そういえば19日(月曜日)は敬老の日 市の民生委員会からは
赤飯を、自治会からは写真にあるカステラを・・・セッちゃん一人
で食べきれないので、どちらも小生と分け合っていただきました。
資格年齢は十分ですので・・・。
『In Body検査』
In-Bodyblog01.jpg
 重度心疾患の手術を受け、退院後約3ヶ月(毎週水曜日)
のリハビリテーション・・・いよいよ集大成と栄養士による評
価(9月21日)。
 素足で足型メタル板に両足を乗せ、立ったまま両手をハン
ドルについている金属ボタンに触れると、瞬時にその結果が
でてくる。
 表は筋肉と脂肪の割合で、全て標準範囲で、理想的な
体成分バランスを持つには筋肉量を0,4Kg増やし、脂肪量は
3.1Kg減らしなさい。結果適性体重は65.1Kgです。
In-Bodyblog02.jpg
 肥満程度の評価は、BMIと体脂肪率は標準範囲で。体の
部位別情報は、筋肉バランス、脂肪バランスいずれも、上下
半身、左右とも標準でバランスがとれているらしい。
In-Bodyblog03.jpg
 最後にその他の身体情報として、対水分、骨梁は良好で、
基礎代謝は標準とまじめに欠かさずリハビリを継続した
成果が表れ、私の身体年齢は61才で気をよく満足している。
 次回(来週の水曜日)が最終で、Drによる負荷試験を受け、
問題がなければ一様終了・・・後は独自でキープせよとなる。
セラバンドblog01
 リハビリの内容はいろいろあるが、簡単で家でもできる
“セラバンド(ゴムバンド)”の応用・・・椅子に座ったままで、
立って、また仰臥位でもでき、8種類の色別に抵抗率が異
なり、自分に合ったもの選択すれば良い。毎回準備運動と
して行っていた。自宅でも緑色(中等度)をテレビを見ながら
している。
 今日の讀賣新聞夕刊に“健康とれんと”「ゴムバンドで
手軽に運動」と題して、老化に伴う筋肉量の減少(サルコ
ペ二ア)を予防するのに立命館大スポーツ健康学部の
藤田教授が開発したと記されていた。
 男女18名(平均68歳)が週2回 3ヶ月行った後の足の
筋力について10%アップしたと報告している。
 この効果で、61歳に戻れたのかも知れない。
『8月分の歩数』
8月分歩数計blog01
 8月31日(水曜日) リハビリの日・・・予定の運動をこなし
た後、8月分の歩数結果をインストラクターより・・・「今月は、
さらによく歩かれていますね。でも歩いていない日との差が
すごいですね」、「そうなんです。11日は“ダリ展”で(8,561
歩)。 28日は兵馬俑展で(11,706歩)に対して、7日と21日
(いずれも日曜日)は仏像彫刻の教室の日(自転車で往復
約30分)でいずれも1,000歩ほどで、殆ど歩いたことになって
いない。 インストラクターはこの結果が理解できないらしい。
にんまり笑うだけであった。
20160903京都鉄道博物館blog0
 9月3日(土曜日)かねてから行きたかった京都鉄道博物
館へ。本館へ入場するなりドカン、ドカン、ドカンとC62蒸気
機関車、旧東海道線快速電車、0系新幹線が・・・。
トワイライト・58電気機関車b
 別館には右にトワイライト、左にEF58.150の東芝社製の
電気機関車が、当時、電気機関車を代表するものだった
らしい。
新幹線500系雷鳥blog01
 また500系新幹線、こだま、そして旧雷鳥が・・・。
夏休みが終わったせいか、ゆっくり落ち着いて見ることが
できた。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.