興味津々
日記です。
『京都鉄道博物館』
京都鉄道博物館blog01
『京都鉄道博物館』 今日がオープン! 会館前1時間に
2,000人の行列。 
場所は京都市下京区観喜町で水族館の真向かい。
入場料:一般は1,2000円
     大学生・高校生は1,000円
     中学生・小学生は300円(なんと合理的配慮が)
     3歳以上の幼児は200円(遠足を見込んでか)
懐かしい思いで深い車輌が全部で53両・・・日本最大級!
「近くで見れて、そして触れることができる」、さらに定時
開催の体験コーナーも(「SLスチーム号に乗れる」、「運転
趣味レーター」、「鉄道ジオラマ」、「線路点検用の自転車
体験」など)ある。
TVニュースでは、やはりメガネをかけた、上等なカメラを
ぶら下げた“鉄お君”が多く写っていた。
年間130万人の来場者数を見込んでいるが、本日午後1
時(会館3時間後)現在で、来場者が10,000人と報じてい
た。
「我々高齢者にはいつごろに、ゆとりを持って見れるやろ
か?・・・もちろん平日に!」

JR東日本の鉄道博物館は埼玉の大宮に(新幹線はない)
JR東海の博物館として名古屋に(リニアモーターがある)
JR西日本の博物館として京都に(SLから新幹線まで)

【近くにできて、ほんまよかった! 写真は讀賣新聞より】
スポンサーサイト
『二つのありがとう』
腕輪blog01
 以前から大阪梅田のパーツクラブ グランフロント大阪店
(株式会社 エンドレス)の手芸店にネクタイピンの台をよく
買いにいった。 最近は写真にある梵字が刻まれた石に興
味があり、小生は戌年生まれで、ご本尊は阿弥陀菩薩のキ
リーク(右から四ッ目 最上)、後に大日如来(未・申年生ま
れ)を購入したが、4月20日残りの6個をまとめて購入した。
帰宅し、透明の袋を開封しようとしたら5個しか入っていなか
った。 不足品は“文殊菩薩”(卯年生まれ 右端)で、すぐに
レシートを頼りに、電話をすると100% 信用いただいて、丁寧
な対応で、商品を郵送するとのことであった。
 そして、23日に届いてとりあえず写真のように白檀の木玉
と繋いで腕輪に・・・。    『ありがとうございました』
藤井寺マンホールの蓋blog01
 
藤井寺マンホールの蓋blog02
また、23日 友人から“マンホールの蓋”の写真をメールで。
今回は 藤井寺市のもので、はじめて見たもので嬉しかった。
デザインは市の木は梅(花は菊)、そして日本で5番目に小
さい市でありながら、大小沢山ある古墳を周りに刻まれてい
る。
 そして葛井寺と道明寺(尼寺)に行ったとあり、前者は千手
観音菩薩坐像で、後者は十一面観音菩薩で、いずれも国宝
で知られている。 ご本尊は拝観できたのかな。
いずれにしても いつも写真の提供を
            『ありがとうございました』
『サルノコシカケ』
20160406桜blog01

20160406桜blog02
 今年はまともに花見ができていない。せめてこの週末に
近所の公園へセッチャンといければいいかな・・・と。
 この写真は3日前 某病院の敷地内での桜である。
さるのこしかけblog01
 近づいて見ると、『サルノコシカケ』が地面から40~50Cm
のところについていた。 およそ幅25Cm×奥行き20Cm×
厚さ15Cm これでいくら(価格)ぐらいなのか?
さるのこしかけblog02
検索してみると:近年、ガンに対する効能として注目が集
まっており、漢方薬店で高級品として"梅寄生(ばいきせ
い)"や"霊芝(れいし)"という名で売られている、サルノ
コシカケ科のマンネンタケであると。
薬用は、ガン以外にも慢性気管支炎・気管支ぜんそく・
白血球減少症・冠状動脈硬化性心臓病・不整脈・がん・
急性ウイルス性肝炎・ノイローゼ・胃かいよう・消化不良な
どの慢性病に、その他の生薬と配合して用いられる。
霊芝のみで用いるときは一日量15~20gを煎じ、3回に分
けて食間に服用する。古来より大変重宝されてきた霊芝
であるが、難点は希にしか自然発生せず、とても入手が
難しいとされていた。しかし昭和46年に、わが国で人工
栽培に成功し、その後、中国や世界各地で多量に、しか
も品質の安定したものが比較的容易に入手できるように
なったとのこと。飲みすぎによる副作用はないが、他の
漢方薬と併用することによる効果が増強する場合もある
ので、漢方の専門家によくご相談されるべしとあった。
そういえば仏像教室の近くの桜の根元に大きなものが
あったが、まだあるのか、次回行った時に確認を!
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.