興味津々
日記です。
『上本町六丁目』
真田幸村博blog01
 今日25日は『上本町六丁目』の国際交流センターでお勉強。
大阪地下鉄谷町線の谷町九丁目下車で、徒歩5分で近鉄デ
パートの地下に・・・10時10分到着。 エスカレータ付近でこの
いでたちの看板が、六文銭の真田幸村武将(最後まで豊臣
秀吉に仕えた長野の上田城の城主)が、一人だったので顔を
だしての写真が写せなかった。
 天王寺 真田幸村博『決戦!天ノ陣』 2015年10月31日開
催決定!とチラシが。場所は天王寺公園で。
真田幸村博blog02
 頭上に忍者らしいいでたちで宙吊りに・・・真田十勇士の猿
飛び佐助か?
 真田幸村といえば、今は亡き 桂 枝雀の地獄八景亡者戯
の中に・・・閻魔大王に「名を申せ」といわれ、亡者が 「真田
ゆきむらいずみ」といって、場内が爆笑・・・・を思い出す。
25日大阪マラソンblog01
 地上にでると、交通規制と腕章やたすきがけの人が、なに
やら誘導を・・・よくみるとふらふらポツポツ走っているのか、歩
いているのかゼッケンをつけた女性が・・・そうか“大阪マラソン”
のコースだったのだ。
 「頑張れ」と小さな声で・・・ボランティアの青年に聞くと、彼女
が最後尾の人で、無事通過されたらこの辺の交通規制を解き
ます・・・とのことであった。
20151025大阪マラソン01
 今回のコースは25日の讀賣新聞朝刊からの引用で、第5回
の大阪マラソン、出発は大阪城公園前(大阪府庁前でも)から
インテックス大阪でフィニュッシュ。 国内外からこれまで最高
の32,000名の参加、参加者全員がチャリティー募金に参加で、
あのips細胞で有名な山中教授も走られたようである。 寄付
先は一つ増えて14団体だそうである。

      【いざ 20分遅刻で 国際交流センターへ】
スポンサーサイト
『我が家の金さん・銀さん』
金さん銀さんblog01
 23日(金曜日) 裏口の入り口に、『金色と銀色のスニ
ーカー』が仲良く並んでいた。
 思わず『我が家の金さん・銀さん』でブログネタに・・・・。
 金色は家内、銀色は次女のスニーカーである。

 ところで何年になるか、名古屋の“きんさん・ぎんさん”
が新聞やテレビに取り上げられデビューしたのは?
 わが国で100歳以上の人の調査が始まった1963年で、
153名だったらしい。
 35年後(1998年)に1万人を越したらしい。
 近年に至るまで3,000~4,000人ペースで増え続けて、
 そして今年度には、 58.820名と日経新聞が報じてい
た。 さらにその87%は女性であると・・・・「おそるべし!」。
 どこまでいくことやら・・・これも医薬の進歩か。
 因みに平均寿命は男性80.2歳、女性86.6歳、これも少し
上がったのか。
アロンアロファblog01
 全く関係のないお話し・・・先日、家内が長浜の黒壁ガラ
ス館で買った土産の小さいパーツ(プラスチック製)を落と
して二箇所が折れてしまった。 なにやら拡大鏡をつけて、
付け方をイメージしていたので、「つけたろか?」、「ふん」
で、瞬間接着材の“アロンアロファ”を。 種類は2,3あるが、
接着物がオールマイティー(プラスチック、金属、合成ゴム、
木材、陶磁器・・・耐衝撃・EXTRA)の写真のタイプがお気
に入りである(他のタイプより少し高い)。
 ついでに何年も放置した自作の石膏模型も二箇所接着
した。 過日本ブログで紹介した手作りネクタイピンの接着
にもこの接着剤を・・・。
『乍憚口上』
鹿石亭虫馬blog00
 18日(日曜日)2時30分より 大阪南の千日前トリイホール
で、鹿石亭一門の“虫馬師匠”の独演会に行った。 会場の
客席は100人余りしか入れないようなミニホールである。 し
かし写真に示す案内版には堂々たるプロが出演している。
 例えば、他の案内に・・・
 10月26日 桂  南光の上方文化再生フォーラム
 10月27日・11月24日・12月22日 浪曲ナイト 春野 恵子
ほか 12月11日 桂 文珍の新ネタお披露目の会など。
  春野恵子は東京大学卒ですごい美人、アメリカでカント
リーと浪曲をコラボしたという異色の浪曲家である(先輩か
ら彼女の録音テープをいただいたことがあり・・・「すごい」と
思った。
 こんなホールで友人 “鹿石亭虫馬師匠”の独演会(友情
出演が4名)であった(下から二段目に記されている)。
 ということは、今や虫馬師匠が鹿石亭の最長老いや年長
者となるのか、すべて楽しく、時々吹き出しながら拝聴した
が、やはり虫馬師匠の二席が際立って面白かった。
はばかりながら口上blog01
 途中横にいた友人が、「これなんと読みますのん?」と、
ピンクの演目の表紙を見せられて・・・「○○口上」・・・「わか
らん」と答えて目を舞台に。
 どうしてもわからなかったことが恥ずかしく、気になってい
たので帰宅後調べてみると 『乍憚口上』の“乍”は“ながら”
“憚”は“はばかり”で“はばかりながらの口上”と読むらしい。
平成二十六年師走に京都の“南座”(歌舞伎)で、木製の看
板に『乍憚口上』という語句を使用していたとあった。
はばかりながら口上blog02
 志ん馬師匠も学生時代は顔見知りで、数十年間年賀状だ
けで、顔つきが思い出せなく、複雑な思いで面白くきかせて
いただいた。
【虫馬師匠 ご招待いただきましてありがとうございました。】
『ガンバ大阪』
ガンバ大阪blog01
 昨日(13日) 友人から“ガンバ大阪”の新しいスタジアム
の竣工式(数日前)に出席し、そのスタジアムの周りのマン
ホールの蓋がかっこよく、多くの人が写真を写していたので、
うまく撮れていないけど送ります・・・とメッセージ入りで。
 iPhoneでいただいたので・・・ブログに投稿するには、小生
のe-メールに入れなおしていただき、サイズ変更(大きさ213
X160, サイズ18.4KB→300X286, 73.4KBに拡大)しました。
 つまりいただいた写真は極めてシャープに写っている(右
下隅に靴の先が)のですが、約1.5倍に拡大するだけで少し
ぼやけてしまいました。

【順ちゃん ありがとう! もし再度機会があればデジカメで
撮影をお願いします・・・すみませんが!】
『クイズ』
今月上旬からTV、新聞などのメディアで我国のノーベル
受賞者(生理学・医学部門の大村 智氏と物理学部門の
梶田隆章氏)について日本中大盛り上がり。加えてラグビ
ーのワールドカップの2勝、錦織氏の活躍などが国際競技
上やエンブレム問題をかき消すように話題になった。
 受賞となった功績の内容はいずれも興味津々・・・一方、
発展途上国の伝染病、風土病、熱帯病(寄生虫)について、
北里柴三郎、野口英雄に次いでの功績(特効薬の作製)、
 もう一方は、小柴氏に次いで梶田氏が「スーパーカミオ
カンデ」からニュートリノに質量があることを証明・・・これ
だけではわけがわからなかったが、続報するTVニュース
で、素粒子の成分である三種類のニュートリノ(ミュー型、
タウ型、電子型)が地球の引力(重力)によって宇宙から
飛行しながら落ちてきて、あらゆるものを通りぬけて地球
の裏側まで到達する物質であることがわかった。その証
明に地中1000m(地中の水槽)の中でも宇宙から落下し
てきたニュートリノをキャッチする方法を応用した。 ニュ
ートリノが振動に伴って出す極微妙な光をキャッチできる
直径30Cmの電球のようなセンサーを数十万個、巨大な
シリンダー状の内壁にとりつけ、光をキャッチしてそれに
質量があることを証明した。
 その光センサーの精度は、地球と月の距離は約38万
Km, その月から懐中電灯で地球に向けて照らした明かり
が地球でキャッチできる制度らしい(アン ビリーバブル!)

 こんなニュースを見ながら一つのクイズを思いついた。
クイズ【この度 ノーベル物理学賞を受賞された梶田さん
が質量があることを発見された物質は次の内どれですか】
  A. ヌートリア
  B. ニュートリノ 
  C. チュートリアル
 「長々と下手な説明すみません。答は本文中に。
            言いたかったことはこのクイズだけ!」
『台湾まぜそば』
台湾まぜそばblog01
 今日の昼食はラーメン、私的には高槻で一番うまい“麺閣”で、
小生はいつものチャーシューラーメン(チャーシューがメチャうま
い)、息子はTVでも話題になっている“台湾まぜそば”を。
 ときどき横目でもくもくと食べている横顔を・・・寡黙。
まぜそばの食べ方blog01
 出汁の少ないラーメン、 鳥のひき肉の上に卵黄、唐辛子
は自分の好みに応じて・・・注意:もとから辛い目。 食べ終
わって、残った出汁に白ご飯(おいめし 50円)をまぜて食
べる。
 帰宅後感想を・・・「美味しかった」、「けど具が沢山で味が
濃いので、おいめしでちょうど良い味になった」、「また食べ
たい」などなど。
 食べてみたいけど、今の小生には食べきる自信はないの
で次回は家内と。
 
『金木犀』
金木犀blog01
 免許証更新のための顔写真撮影、「老けたナー」と受容しな
がらの寄り道・・・現代劇場の『金木犀』。
 昨日、仏像彫刻をしながら友人が金木犀の「せい」がどんな
漢字だったか?、なぜ「さい:犀」なのか?・・・で話題になった。
金木犀blog02
 そういえば先週から高槻中いや家の中までそのいい臭いが。
 秋を代表する金木犀。花言葉は“謙虚”と“気高い人”で、
香りのすばらしさに対して目立たない小さな花をつけるので。
 しかし一斉に風邪とともに花がちった後、その木の周りはオ
レンジのカーペット・・・決して目立っていないことはないと思う。
花梨blog01
 その隣にある高山右近の石像がある教会があり、その敷
地内に花梨が二本・・・沢山の実をつけて・・・確か喉にいいと
か。
『今度は』
20150930野菜blog01
 先月半ば(9月)、知り合いから茄子、胡瓜、冬瓜をいただき、
そして月末には別の知人から写真に示す、栗、しし唐、長なす、
南瓜を頂戴し、気候の不安定(台風)や大雨の影響で野菜が
高騰の折、大変ありがたく頂戴しました。しかも亀岡で収穫した
とのことで、京野菜風でとてもおいしくいただきました。
            【ごちそうさまでした】
高槻市汚水blog01
 先日、近所を歩いていた時に見つけたマンホールの蓋、地味
だけど中央に高槻市の市章がはっきり刻まれているので、写真
を。 この市章は昨日桃谷の堂ヶ芝町で写した大阪市の消火栓
の蓋に大阪市の市章が刻まれている。
 つまり高槻市は淀川に沿った京都と大阪のほぼ中央に位置し、
市章も京都のそれと大阪のそれを上下にくっつけたものにしたそ
うだ。 「おもしろい!」が今のエンブレム騒動に近いかも。
ところが現在京都市のそれは御所車のようなデザインになって
いる。いつ代えたのか?
大阪市排水栓blog01
 桃谷の堂ヶ芝町は、天王寺区内でJR大阪環状線沿いにある。
環状線鶴橋駅は生野区、桃谷駅→寺田町駅→天王寺駅と天王
寺区となる。市内でも昔は丘陵地で四方に谷があり、北に位置
する玉造駅方面は細工谷という地名がある。
南の上本町に向かって少し上り、上町台地といわれている。
 このマンホールの蓋は桃谷駅周辺にあったもの。
堂ヶ芝町消火栓blog01
 この近くにあった大阪市の消火栓の蓋・・・気のせいかこれも
高槻市のものと似ている。
『スーパー ムーン』
20150928スーパームーンblog0
 9月28日は中秋の名月、翌日29日は『スーパー ムーン』
・・・月の写真は、過去に何回も挑戦したが、我ながら今回
が一番よく撮れていたので投稿させていただいた。
 時間は30日の日変わり前後・・・それまで厚い雲にかかっ
てチャンスがなかった(東京では終始クリアだったとか)。
 
 TV?Chだったか、『スーパー ムーン』にちなんで、夏目
漱石先生の逸話を紹介していた。
 彼が中学校の英語の教師をしていたころ(明治時代 
愛媛県松山市に赴任)、ある授業で生徒に「I love youを
日本語に訳しなさい」と問うと、生徒は「我 君を愛す」と
訳した。漱石先生は「君 日本人はそん直接的には言わ
ない。月が綺麗ですね! とでもしておきなさい」と言った
そうである。つまり、遠回しな告白の言葉として使っては
という意味なのか。
 ところで月(luna)について、lunaticとは、「狂気の」とい
う意味の英語の形容詞である。名詞としての用法も存在
する。西洋では古くから月が人を狂わすと信じられてきた。
それを思わすかのように・・・
 本ブログの右上にあるリンク先の“四季彩彩”さんの最
新のブログの投稿に『スーパー ムーンとスーパー美人た
ち・・・』と題して、本当に美しい“月下美人”を紹介されて
いる(毎年ながら)。 皆様 是非ともご覧ください。
そして透き通るような美人にはお気お付けあそばせ。
        http://hounoha.exblog.jp/
 (勝 先生のお知り合いの方です・・・確か剣道部の
ご後輩としても・・・その後 いかがお過ごしでしょうか?)
『宮ノ浦エリア』
なおしま町バスつつじ壮blog0
 直島での観光もいよいよ終盤、このバスで出発点の宮ノ浦
港へ。 他にも面白そうなお風呂屋さんとか聞いていたが、
4時も過ぎると明日の仕事の心配か“サザエさん症候群”で、
帰路の心配・・・降りるやフェリーの出港時間を確認。
 乗船までまだ30分ほどあるので、芝生が敷かれた浜を散歩。
白いオブジェblog01
 漁港に向かって右の漁船の群れの中央に白いバルーンの
ようなものが目にはいった。なんだろうと思いズームアップ。
白いオブジェblog02
 誰の作品かはわからないが、これもアート。 中に子どもづ
れの三人が入っている。 そこまで行く時間と体力なし・・・
せめて写真を。
赤いかぼちゃblog01
 待合室で一つ500円の濃厚ソフトクリームを食べてから乗
船・・・最上階から小さく見える“赤いカボチャ”を撮影した。
 もちろん待ち時間に近くで見て迫力はあったが、下に示す
ズームアップの写真が意外とよく撮れていたので、こちらを
アップした。
赤いかぼちゃblog02
 【以上 直島での観光はこれまで・・・後は来た通り逆戻り
しただけ。  めでたし めでたし!】
『黄色いカボチャからアンドウミュージアム』
黄色いカボチャblog01
 黄色いカボチャは近くでと思い、砂浜を革靴で踏みしめ
真近で観賞・・・何年前か大阪の堂島の科学技術館(プラ
ネタリュウムで有名)の別館で草間彌生展で見たのはレ
プリカで、こちらの方が本物であろう。
 ちょうど後ろの薄く低い山が岡山らしい。
直島町バスblog01
 次は、バスに乗って、正反対の香川に面している漁港に
ある “アンドウミュージアム”にいった。
安藤ミュージアムblog01
 写真は、意外と外観は大きめの日本家屋(民家)で、
中は地下も含めコンクリートで内装されていた。 写真は
その入り口の土塀に刻まれた模様(もちろん中は撮影禁
止なので)。
民家でblog01
 バス亭に戻る途中、民家の壁際に置かれていた二つの
ミニカボチャ・・・その家の誰かが、観光客を笑わせてやろ
うと、それを作って置いてあるのだろう。
 いやおもしろかった。 共感できる。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.