興味津々
日記です。
『お答えします^^』
ポンティアックblog01
 昨年末に順ちゃんの奥様がキューバに旅行に行かれた。直行
便はなく、カナダ経由で・・・クラッシックカーと葉巻の国へ。
 ちょうど一週間前(土曜日)、友人宅で奥様が撮ってこられた沢
山のすばらしいキューバでの写真の説明を聞いた。
 なかでも一番興味があったのはクラッシック カーであったが、
それぞれの車名がわからない。
  そこで数枚の写真をコピーさせていただき、陸・海・空の乗り物
に詳しい“米ちゃん”にメールで教えてもらうことにした。

 そして今日(20日)・・・『お答えします^^』のメールが。
   一枚目 上のピンクの車は“GMのポンテァック”で
キューバblog01
 二枚目 紫の車は “シボレー スターライン”では?
  オレンジの車は “フォード クラウン ビクトリア”では?
キューバblog02
 三枚目 左から オレンジの車 1958年 “フォード エドセル”
      藍色の車   よく似たのが多すぎて????
      ピンクの車  “GMのポンテァック”
      ブルーの車  “フォードコスモポリタン”か“キャデラック”
  以上、整列している車はどれもタクシーで、客待ちをしていると
ころらしい。
キューバblog03
  四枚目の車は 1908~1927年の“T型 フォード”・・・
「以上、報告します。車の進歩のスピードもすごいですね。」
と米ちゃんのコメント・・・さすがです。

 そういえば当ブログで阪急デパート9階でのイベント『NY FAIR 』
での展示された1958年型シボレー社の最上級のグレード“ベルエ
ア”と“インパラ”を紹介したことがある・・・興味のある方は右上の
【ブログ内検索】でインパラと入れていただければでてきます。
 
    「順ちゃんご夫妻と米ちゃんありがとうございました」
スポンサーサイト
『チョコレート』
チョコblog01
 2月14日 はバレンタインデー 毎年家内がめずらしいチョ
コレートを探してくる。
 今年は、写真にあるブックスタイルの・・・エクアドルのカカオ
を原料としたもので、題材はボタンにしたものであった。
 ケースには Button of happiness  es Koyama と印字され
ている。 本当のボタンがつけられている。
チョコblog02
 表紙を開くと、ボタンを残して挿絵が・・・。 
チョコblog03
 さらに中の蓋を開けると、中央に5色のオーバーコート大の
ボタンの形をしたチョコレートが三段ずつ重ねてあった。

      「なくしたくない 大切な 幸せのボタン」
エクアドルの農園で作られたオーガニック栽培のカカオを使っ
ています【パティシエ・ショコラティエ 小山 進 作】・・・などの
説明カードが Don`t lose it!とプリントされた右のポケットに
入っていた。
     「もったいなくて しばらくは 食べれません!」
『ご当地あいさつ』
猿の挨拶blog02
 ニホンザルご当地あいさつという見出しで2月12日の読売
新聞朝刊で・・・その前日だったかTVニュースで見たので、急
いでカメラで記録した。

 京大の中川尚志准教授らの研究グループが10日、野生の
ニホンザルが交わすあいさつ行動に地域差があることを発表
された。
 上の写真は宮城県の金華山島のサルで、大人の雄同士が
対面で互いに抱擁し、前後にゆすってあいさつをする。
猿の挨拶blog03
 この写真は鹿児島県・屋久島のサルで、縄張り争いや他の
もめごとがあっても気を許せば、片方を横向けにし、抱擁し、
相手の毛づくろいをしながらあいさつをしていると
猿の挨拶blog01
 このようなあいさつ行動をするサルは、青森県・下北半島や
石川県・白山のニホンザルにも見られたが、京都市の嵐山や
岡山県・勝山、大分県・高崎山などでは観察できなかった・・・と。
 サルにも温泉に入ったり、歯をみがいたり、手で水をすくって
水を飲んだり、芋を水洗いして食べるサルと同じようにあいさつ
で交流を深める文化的なサルがいるということか?
 2年前に “想像するちから チンパンジーが教えてくれた人間
の心”と題して松沢哲郎氏の講演(一般公開講座)を聞き、長蛇
の行列に加わって彼の著書にサインを入れてもらって購入する
ほど興味を持っている。
『変身!』
錦市場大根blog01
 11日 水曜日(建国記念日) 阪急烏丸駅下車、錦市場
経由で寺町通り付近のお弁当箱専門店(フランス人 女性
が店長)に、スチール製の二段丸型弁当箱を購入しに。

 その日の錦市場は所々がお休み、幾分通行客が少なめ。
中ほどの 京野菜と高級果物で有名な“かな松さん”、いつ
もの雰囲気にあらず。店内は奥の半分が暗く、入り口半分
に野菜ではなく、こどもが喜ぶ仮面ライダー、ウルトラマン、
五レンジャーなどのシリーズの大小さまざまなフィギアが棚
にぎっしりとまた山盛りに・・・おかしいなと思いながら、顔を
半分店内へ・・・「どうぞ どうぞ 見ていってください」
 
 180度回転すると、形のおかしい大根がパンツをはいてい
た。大根が『変身』して、左横に“切干大根”が、子どもを対
象にし、変身ポーズを恥ずかしがらないでやりきったら500
円相当の野菜がいただけるというコーナーもあった。

 大根の姿があまりにも良かったので許可を得て写真を。
後ろにいた男性も「私もー」といいながらシャッターを。
 フィギアの写真撮影はNG! 
 コレクターはかね松さんの若旦那で、子どもの頃から収集
したもので、もちろん現在も(年齢は30半ば?)・・・レア物で
プレミアつきも沢山あるとのこと。
  「うれしそうな 幸せそうな顔をして 語ってくれた」
         八百屋さんのイベントでした。
『グッド デザイン賞』
キッコウマン醤油blog01

数日前 TVニュースで2月8日に 日本の工業デザイナーで
第一人者の“榮久庵 憲司氏”が85歳で亡くなったとのこと
で、大変難しいお名前の方だなーと思った。TVでの説明で
は東京芸術大学を卒業されあらゆる電化製品、電車特に
最近ではJR成田エキスプレス、新幹線のあきたこまち な
どのデザインをされた方である。一番身近な有名なもので
は写真左に示したキッコウマンの卓上醤油さしで、1961年
の『グッド デザイン賞』を受賞されたとかであった。

右の醤油ペットボトルは同社のもので、指で圧迫して調整
するので出しすぎがなくエコである。さらに塩の結晶で穴が
詰まることがない。もっぱら我が家ではこちらの方を使用し
ている。

PCで検索してみると、鉄道車両、オートバイ、自転車、冷蔵
庫、洗濯機、電話機、印刷機械、ミシン、パソコン、カメラ、
2016年夏季オリンピックの東京開催招致ロゴなど多数のデ
ザインを手がけている
ロゴは東京都のシンボル“銀杏の葉”、中央競馬の“JRA”、
コンビ二の“ミニストップ”のマークなどなど。
 まだまだ沢山あります。
 とにかく日本にとって偉大な人をまた一人なくしました。
              【合掌】
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.