興味津々
日記です。
『同窓美術展』
 23日午後 散歩は大阪か、はたまた京都へ、いずこにと考え
ながら阪急電車の構内にさしかかった時、家内が「案内があっ
た美術展、何時やった?」、「えー ちょっとまって・・・ほんまや
もしかして・・・今やってるかも・・・知り合いに電話で聞くわ!」
・・・やはり昨日 金曜から28日の水曜日までであった。
拝観するつもりでいたが、頭からすっ飛んでいた。
 よくぞ思い出してくれたと・・・大阪南の心斎橋へ(ナルミヤ戎
橋画廊へ)
作品blog01
 小生は美術部OBではないが、恩師と大先輩が美術部で案内
をいただいたのがきっかけで、時々見せていただいている。
 これは後輩の作品で、いつものどかな風景画を見せていただく。
 ちょうど拝見し終わったときに作者がこられたので、話しが聞けた。
作品blog02
 大先輩の木版画で、東北の桂の一枚板を現地で買い付けて、昨
年は1本の樹木を、そして今年は桜の花の中にお城を・・・。
 毎年、年賀状でもいただき保存してある。
作品blog03
作品blog04
 先輩の奥様の作品で、昨年は二枚で一対の鯉、今年も一対の龍
・・・女性にしては力強く・・・お寺の襖絵にでもなりそうな・・・作品。

 よかった家内が思い出してくれて・・・先輩からの案内・・・面目が
立った!
スポンサーサイト
『NY FAIR その2』
エルビスblog01

エルビスゲームblog02
 左に“エルビス・プレスリー”、右に“バットマン”のピンボール
もあった。
 もちろんゲーム中はプレスリーの音楽が・・・。
『NY FAIR その1』
17日(土曜日) 午後から梅田へ散歩・・・。
阪急デパート9階で『NY FAIR 2014』(ニューヨーク フェアー)
なんと いろいろな製品や食べ物ブースを通過し、イベント広
場にでると、クラッシックなデラックスカーが二台・・・。
てっきりキャディラックかと思いきや。
ベルエアblog01
1958年型シボレーの最上級グレード「ベルエア BEL AIR」
(上の写真)と「インパラ IMPALA」(下の写真)という車種
であった。
 ジェームス ディーンは赤 、プレスリーはピンクのキャディ
ラックと同時代の車かな。
 1960年代の三菱の“デボネア”はフォードアで、二周りほど
小さいが、スタイルが少し似ているのでは。
インパラblog03

インパラblog05

インパラblog04
 お尻の形が宇宙人の顔に見える。
 クラッシック カー ファンにとってはたまらんでしょうな。
『ギョウチュウ検査』
愛情blog03
 5月2日の読売新聞夕刊でのよみうり寸評より
ギョウチュウ検査は27年度限りで消える。
(その他、座高の測定も消える)
 半世紀以上続いてきた子どもの座高測定と寄生虫卵
検査が来年度を最後に廃止され、一方で、筋肉や関節
などの運動器に異常がないか調べる新たな検査が平成
28年度から始まることになりました・・・と。
 文部科学省によると、座高の測定は昭和12年から、
寄生虫卵検査は昭和33年から、学校の健康診断で行
われてきた。座高の測定は子どもの体や内臓が育って
いるか確認することが目的だったということですが、
学校現場や医師から「座高の結果を活用したことは
なく、必要ないのではないか」とか、「内臓の発育を
確認できる根拠がない」という声が上がっているため。
また、寄生虫卵検査については、検査が始まった頃
は4人に1人の割合で検出されていたものの、最近は
検出率が1%以下で推移して、減少したのが理由。

 ギョウチュウダイエットがあるらしい。小生も小学校
生のころそのダイエットをしていたが、とても肛門付近
が痒くて、ついぼりぼりと・・・爪に卵が入ると聞いて、
よく手洗いをした記憶が・・・ギョウチュウと仲良くし
ている若い女性がいると思うと・・・とても信じられない。
さなだむしを飼っている人の話は聞いたことがあるが。
『緑やろう!』
愛情blog02
 11日(日曜日) 今朝久々のラジオ体操に参加。ほぼ100
人ぐらいはいるのかな。後方で「新緑はいいなー」といいな
がらの体操・・・緑にもいろいろ・・・写真は小生の低位置の
左横にあるブロンズ像で、テーマは“愛情”である。
信号機blog01
 ところで、最近のNHK“あさいち”のTVで、“日本だけが信号
の緑をなぜ青というのか”・・・そういえば自動車教習場で、教
官から指さしで、「今 何色?」と聞かれたので「緑!」と応え
たら、「あほ」と言われた。仕方なく教習本の通りに「青」と応
えたら・・・「そやで・・・これは青やねん」といわれたのをい
まだに思い出すことがある。事実信号機が“青”になった時期
もあったはず。

 TVでの内容は、日本語の歴史的色の表現は、白、黒、赤、
青の四色のみである。赤は明るくはっきりのイメージ、黒は暗
くてぼんやりしているイメージで・・・。古来の表現に習い、信号
の緑は青のグループに(緑色でも青虫、青葉、・・・のごとし)。
 赤いりんごに対して黄緑のりんごを青りんごという。色に関す
る言葉のセットとして対比している。赤じそに対して緑なのに青
じそ、赤味噌に対して白味噌(薄茶色なのに)、黒ゴマに対して
白ゴマ(茶色なのに)・・・いまさらなおしようがないのか。
 日本における伝統的な色の区別
  白い、黒い、青い、赤いー形容詞
  白々、黒々、青々、赤々―重ねると程度を意味する

   日本人特有の文化で、外国人には理解しがたいと思う。
マーガレットblog01
 写真の信号機の近くで咲いていた“マーガレット”です。
『黒板』
 今日は5月2日 “夏も近づく八十八夜・・・”らしい。
ところで4月30日付けの讀賣新聞の夕刊での
【湯川博士の愛用黒板 阪大へ】とういう見出しに目が。
 
 1949年ごろアメリカのコロンビア大学に在籍中に愛
用した黒板(縦横 1.34m×4.77m 重さ150Kg)を改修
工事のため撤去し、昭和33年から6年間研究(中間子
論)していた大阪大学(理学部素粒子論の橋本幸士教
授)に今年2月ごろに譲り受けていた。
 豊中キャンパス内の理学研究科H棟7階コミュニケー
ションスペースに設置されたとのこと。
 5月2,3日は阪大の創立記念行事「いちょう祭」で一般
公開される。
 想像するに、その『黒板』の前で学生達が肩を並べて
ピースをしているポーズをスマホで移した写真があちこ
ちに配信されるのではないかと思う。 

     【いきなはからいだと思う!】
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.