興味津々
日記です。
『あべのハルカス』
カバblog01
 公園の見張り番、“カバのおじさん”、手を後ろに軽快な
ステップを。
キリンblog01
 キリンも見上げる地上300mの超高層ビル“あべのハル
カス”・・・完成間近! 
名勝負blog01
 地下入り口付近に人だかり・・・二組の将棋の名勝負を
応援する人だかりであった。 近代的なあべのの開発地に
で青空将棋・・・天王寺らしい。
 のぞいてみると 桂馬が金なりで王手・・・何食わぬ顔を
して王さんでそのなり金をとった・・・いよいよ詰めの段階
であるが・・・寒いので地下へ(地下鉄御堂筋線で梅田ま
で)。 梅田の紀伊国屋で本三冊を購入し帰宅を。家内の
万歩計では約1万歩・・・まあまあ満足!
スポンサーサイト
『大阪市天王寺区』
2013JPA展blog01
 19日(土曜日) 午後から 友人からの案内状(“JPA展”
プロとアマの権威ある写真展)を持って天王寺に。
 友人の作品のテーマは「セミサークルビル」・・・どんなん
かなーという調子で。
天王寺区blog01
 JR天王寺駅から路上に出ると、やはり気になる“当地の
マンホールの蓋”・・・先ずはこの証拠というか記念写真を。
天王寺公園blog01
 通常 公園内の市立美術館へは入園料を・・・しかし案
内状を明示すれば無料パス。
 中央の塔はあの有名な“通天閣”・・・そして動物園は
森との間に。そして美術館はさらに左手前で、森に隠れて
いる。
 公園内はいろんな動物やキャラクターの造形があり、そ
の殆どが電飾のランプで包まれている。さぞかし夜はデー
トスポットとして若者が集まるのであろう。
      「風邪を引かないように!」
市立美術館blog01
 館内の地下で三部門の展示会があり、JAP展だけを拝見
した。これが写真といった絵画的なものから、すばらしい瞬
間を捉えたもの、よくもまーこんな厳しいところで、そして
ユーモアに満ちた作品がいっぱい。 
 直線や曲線の冷たさや明るさ、光の利用と色の工夫など
脳みそがリフレッシュした。
         「友人に感謝!」
『ありがとう!』
 お正月を実家で過ごされた友人のお土産・・・「マンホー
ルの蓋」・・・『ありがとう!』
2013桑名市blog01
 三重県の桑名市・・・名古屋の熱田神宮と桑名を結ぶ旧
東海道「七里の渡し」をデザインしたものだそうです。
大垣市blog02
 岐阜県の大垣市・・・水門川を渡る船と船灯台をデザイン
したもので、大垣市は“水の都”ともいわれているそうです。
海津市blog01
 岐阜県の海津市・・・真ん中に「な」の文字が、周りには
海津市出身のいろんなスポーツのアスリートをデザインし
ているらしい。

   この寒い時期に本当にありがとうございました。
    決して無理をなさらないでくださいませ
     「ほんの ついでで結構ですので!」 
『襲名披露』
くいだおれblog01
 あれ“くいだおれ太郎君”がお仕事してる。たしか引退
したのでは。 道頓堀ではキャラクターとの写真スポット
が沢山ある。 かに道楽の蟹、づぼらやの河豚、くくるの
蛸、グリコの看板、そしてくいだおれ太郎など。
大阪弁blog01
 交番所の左横に“大阪弁”を記したプレイトが。
「なんでやねん」、「好きやねん」、「ほんまか」、「おっちゃ
ん」、「ぼちぼちでんな」、「ぎょうさん」、「エーとこでっせい」、
「よっしゃー」、「まかしとけー」、「まいどおーきに」、「どない
しょ」、「もうかりまっか」、「こら」、「コテコテ」などなど。
松竹座blog01
 大阪松竹座(昔は映画館)での“市川猿之助さん”の『襲
名披露』が、ご婦人の群れが夜の部の入場待ちをしていた。
 帰ってみれば家内の万歩計は10,029を示していた。
『天下茶屋から』
西成区blog01
 今年になって“ラジオ体操”には1回のみで、運動不足!
なので堺筋線で天下茶屋へ・・・特に目的はないが散歩しな
がら西成区のマンホールの蓋はいかに?・・・ということで。
南海線blog01
 『天下茶屋から』南海線に乗り換え難波終着駅に・・・す
ると停止している関西空港行きの特急“ラピッド”は初めて
だったので写真を。ホームの右に外貨のレートの電光板と
外貨の両替窓口があり、なるほどなーと思いながら写真を。
“ラピッド”の顔は“鉄人28号”のそれにも見える。
中央区blog01
 心斎橋に向かっていると、中央区のマンホールの蓋が。
水かけ不動blog01
 家内が法善寺横丁の入り口を見つけたので“水掛不動
さん”にお参りを (月の法善寺横丁:藤島恒夫
 包丁1本 さらしに巻いて 旅へ出るのも板場の修業 
 待っててこいさん 哀しいだろが ああ 若い二人の
 想いでにじむ 法善寺 月も未練な 十三夜・・・
 セリフ「こいさんがわてを初めて法善寺へつれて来て
くれはったのは“藤よ志”に奉公に上がった晩やった。
はよ立派な板場はんになりやゆうて、長いこと水掛不
動さんにお願いしてくれはりましたなあ。あの晩から
わては わてはこいさんが好きになりました」)を思い出し
ながらお参りを。
『準備OK!』
七福神blog04
 “祇園八坂神社”内の“恵比寿神社”の宵日恵比寿の
続きです。  写真は七福神が乗船したところ。
七福神blog02
 正面に恵比寿さん、右側には大黒さん、福禄寿さん、
布袋さんの3名です。
七福神blog03
 左側には、毘沙門天さん、弁財天さん、寿老人の3名で
ある。弁才天だけお面をつけないのはなぜでしょう。しかし
“かわいい女性”であったのでまーいいか。しかしどんなユ
ーモラスな顔なのか見てみたかった。 
『恵比寿神社』
祇園八坂神社blog04
 祇園八坂神社内の恵比寿神社は平安時代に創られ、
北向きなので全国でも珍しく、“北向き恵比寿”とも
いわれているらしい。
 写真は家内安全と商売繁盛の祈願祭とパレード前の
出立の儀式がされていた。
大黒天blog01

福禄寿blog01

七福神blog01 
 神様たちが境内から円山公園への出口に向かい、駐車
場付近に集合し、3時の出発待ちをしているところである。
『祇園八坂神社』
祇園八坂神社blog01
 9日 家内が「初詣まだ!」ということで『祇園八坂神社』に。
着いてみれば、♪ 商売繁盛 笹もってこい ♪のお囃子が。
そうか “十日恵比寿”の宵か。
 七福神ののる船の中心に“エビスビール”の缶が煙突の
ように。 帆掛け舟ではなかったか? いやスポンサーのPRか?
祇園八坂神社blog02
 お囃子の台車と恵比寿さんの神輿のような台車か?
祇園八坂神社blog03
 本殿の柱に大きな破魔矢と藁で編んだ亀(うまくできている)。

 お参り後、おみくじを。 家内は第十四番末吉 小生は第十三
番大吉!(願望、仕事、売り買い、待ち人・・・全て○であるが、
最もありがたかったのは、病気(やまい)全快す・・・と。
吉方 卯(東)・午(南)の方角・・・気に留めておく。 
『迎春』
 三が日が寝正月だったおかげで、今朝 4時前に目が
覚め、なんとなく“ラジオ体操”へいってみようかな・・・
ということで Get Up Eary In This Morning
 6時10分に現地に到着・・・いつものメニューで準備
体操を・・・70半ばのご婦人が「今年初めて?」、「はい。
もしかして元旦からきゃはったん?」、「いや 二日からや」、
「うわー すごいですな!」、「おめでとうございます。今年
もよろしく」・・・まいったまいった!
25年1月4日ラジオ体操blog01
 6時30分からどこからともなく一斉に
「新しい 朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け
大空あおげ ラジオの声に 健やかな胸を
この香る風に 開けよ それ一二三 」
            (藤浦 洸作詞、藤山一郎作曲)
 写真は6時30分の真東の空で、参加者数は約30人
25年1月4日ラジオ体操blog02
 10分で第二も終わり、回れ右すると梅の木に月が、少し
明るくなったかな・・・暗くてよく見えないが、梅に蕾が
ついているのでは ・・・『迎春』か?
『フォト ラリー』
阪急池田駅前blog01
 今日は3日 この2日半は寝正月・・・横になってTVを見ては
いねむりに・・・このままでは寝たきり一直線に! といって
もどこも行くあてなし。ならば趣味の彫刻か?
 結局 夕食の腹べらしに“スタンプ ラリー”ならず『フォト
 ラリー』に・・・午後2時半に家を出て、阪急高槻から十三
で宝塚線に乗り換え、池田、箕面、豊中と戻りながら各市の
マンホールの蓋の写真を写すことを思い立った。
 写真は池田駅の北側の改札口から出た正面で“ふくまる
の家”と称し、太陽電池でこの広場に電気を送っていると
アピールしている。
 池田市blog01
 池田市のマンホールの蓋で、雨水なのか汚水用なのか
不明であるが、市の花“サツキツツジ”、市の鳥“ヤマバト”
市の木“クスノキ”、傾いた井桁(いげた)は“染殿井”
(二人の織姫が糸を染めるのに水をくんだ井戸の井)を
意味しているらしい。池田は機械織の技術伝来の地で
あるらしい。
箕面市おすいblog01
 箕面市の蓋で“おすい”と記されている。見てのとおり
滝と“イロハモミジ(市の木)”である。
豊中市blog01
 石橋駅に戻り豊中へ・・・周りの花は市の花で“バラ”、
なぜかワニ“マチカネワニ”が・・・検索調査を。
 昭和39年(東京オリンピックの開催年)に市の北部(大
阪大学豊中キャンパス(待兼山町)で、推定40万年前 
全長7m弱のワニの化石が発見され、その地名をとって
“マチカネワニ”と名づけ、豊中を代表するキャラクターと
なったそうである。・・・なるほど!

 帰りの京都線で“摂津駅”に降りるには4時半を過ぎ、
中途半端なので断念したというか、十三駅のホームで
“阪急そば”(海老天そば 400円)に寄り道を。
ころもつきの全長は12,3Cmなのに、ほぐしてみると5Cm
ぐらいで太さ鉛筆ぐらいで・・・だまされた感じがしたが、
とにかく寒かったので美味しくいただいた。
『謹賀新年』
破魔矢blog01
 新年明けましてありがとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 今年は 昨年以上に元気を取り戻せるように少しずつ
頑張りたいと思います。
 10分前に家を出て、理安寺さんと光松寺さんで”釣鐘”
をつきながら新年を迎え、写真は本行寺さんでいただいた
“破魔矢”である。
 そして野見神社は毎年長蛇の列なので横手に見ながらス
ルーし、八幡神社へ向かいお参りする。・・・このコース
が毎年の新年の迎え方である。
歓喜天blog01
 これは今年の年賀状に用いた“歓喜天像”で、平成21年
に作製したものである。詳しくはリンク先の“尾崎工房2”
http://elvis.wonderful.to/kankiten/kankiten.htm
をご覧ください。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.