興味津々
日記です。
『収穫』
レモンblog01
レモンblog02
レモンblog03
24日 クリスマスイブ もう熟しかけているのではと『収穫』を。
夕食後 ケーキがでたので急に“レモンティー”を思いついた。
180Cm程の木にたった一つだけ生き残りのレモン、しかし約
8Cmである。

 切ってみればグッドタイミング、まだ熟してはいなかった。
当たり前だが、レモンの香りで“リプトン紅茶”を美味しくいた
だいた。 すくい上げてかじってみるとしっかり酸っぱい。
 他の不快な味は全くない。というのは肥料も手入れも何も
しなくて水だけで育ったレモン。 きっと水臭かったり、不思
議な味がするのではと思ったから。
 立派にスーパーや八百屋で勝ったのと同じ味が。我が家
で育った1個のレモンに感動した。
 丹精こめて育てた果物に愛称や名前をつけて出荷する気
持ちがわかるような気がした。
    
     「来年はもう少しまじめに育てよう!」
スポンサーサイト
『西宮ガーデンズ』
西宮北口blog01
西宮市うすいblog01
西宮市おすいblog01
 24日 クリスマスイブ 天皇誕生日の振り替え休日。
ではまた散歩ということで、マンホールの蓋を目当てに
阪急西宮北口へ・・・西宮ガーデンから阪急百貨店へ。
 小生は別行動で“西宮市のマンホールの蓋”を探しに。
“うすい”(上の写真)も“おすい”(下の写真)も同じ
デザインで、甲子園球場、酒蔵と酒樽、そして市の花
“桜”であった。
尼崎市下水blog01
 買い物を含めて3時過ぎに目的を果たしたので、塚口に
戻り“尼崎市のマンホールの蓋”を撮影しに。
駅前には市支章の入ったシンプルな雨水用と写真の“下
水”とがあり、デザインはトンボや蛍、魚がいる綺麗な水
辺があるところを象徴し、廻りは市の花である“夾竹桃”
が刻まれている。
    東隣は“伊丹市”・・・もうギブアップ!
   「帰ってみれば 8,900歩ほどであった。」
『12098歩』
 23日 天皇誕生日 御歳79歳になられた。
 「どっか いこか?」・・・「なにかおもしろい催しもの
知ってる?」・・・「知らん」・・・京都? 大阪? 神戸?
嵐山は紅葉も終わったし・・・「ただ歩くだけやし嵯峨野に
しよか?」・・・「えーよ!」と言いながら、先日の讀賣新
聞に龍谷ミュージアムで“仏教の思想と文化・・・”が開催
されていることを思い出した。
 「あっ それ 行こう!」と準備を。約1ヶ月前から家内は
“万歩計”をぶら下げて歩いている。日常は6,000~8,000
台らしい。今日はどれくらいまでか、小生の運動もかねて。

 西本願寺の真向かいに“龍谷ミュージアム”が、昼過ぎ
だったのでシナモントーストと龍谷ブレンドのコーヒーを、
家内はシバ漬け入りのサラダパスタと同じコーヒーを。京
風のパスタもコーヒーもおいしかった。
 受付は地下一階、一般大人は500円、マジ美人の受付
嬢2名がにっこり応対を(ヨネチャン、順ちゃん 必見で
すぞ!)。
龍谷ミュージアムblog01
 先ず 案内されたのが3階の“混一彊理(こんいつきょうり)
歴代国都の図と古地図展”(写真)で奈良時代の僧 行基
(668-749)が作ったと言われる日本地図、シルロードの地
図や世界地図など、また天体図や星座板のようなものまで、
マヤ文明もすごいがこれもすごい・・・人間はすごい!
龍谷ミュージアムblog02
 そして2階に“仏教の思想と文化・・・”の会場があった。
一部 アジアの仏教(インドで仏教が誕生し、アジア全域
に広まる)をテーマとして展示し、今日観賞したのはその
二部で日本の仏教(日本へ仏教が伝来し、日本社会に
根付く)をテーマとしたものであった。12分のシアターもあ
りとてもよかった。

 帰ってみれば『12098歩』・・・二人とも満足!
 4日ぶりに5時半起きでラジオ体操にもいっているので、
     「ぜったい 今晩 足つるわー!」 
『座敷の光』
座敷の光blog01
 昨日の夕食前 せっちゃんが「ちょっと これ見て!」
と腕を引っ張るように「あんたからもうた紅葉の葉を障子紙で
挟んだ!」、「障子のここな 指でよう破るんや」・・・
「えー」と目から鱗! 「わぁー えーやんか!」「光をうまく
利用して」、「せやろ 夜はな 外から見るねん。 朝とか昼
はな 中から見るねん」・・・90歳の“せっちゃん”のおつむ
まだまだ軟らかいぞ!

 この紅葉は、先日16日 せっちゃんと家内の三人で衆院
総選挙の投票に行く途中、資料館前で三枚の黄色と赤の
葉っぱをひらって渡したもの・・・何かのしおりか、押し花にと。

 日本の古来の光の遊び・・・幽玄の心 蛍の光 窓の雪
・・・あー日本人やなぁー と思った。
『バッチ グウ!』
LED聖観音blog03
 昨日 仏像教室で“ヨネチャン”から ペン型のしかも4つ
のLEDライト(単三電池4本入り)付きの電灯をいただいた。

 かねてから探し求めていたライトで『バッチ グウ!』。
 小生では探しきれなかったものを、彼はいとも簡単に
「はい これ」といつもの得意げな笑顔で差し出した。
「えっ どこで手に入れたん?」、「いくらしたん?」と聞い
てもただにこっとするだけで教えてくれない。
 いつものことなのであつかましく「ありがとう」といってい
ただいた。

 実は大型空調機器の故障で旧式の機器を取り外してで
きた空間に総高90Cmの聖観音を収めようと、コーナンで黒
塗りの棚資材を購入し、寸分たがわぬ箱を造り通風口に埋
め込んだ(我ながら いい仕事をしたなー・・・という感
じで)。後は周りの壁紙を隠すために、縁取りようの木を
見つけること。
 そしてもう一点は、観音様の上半身に光が入らないので、
ライティングが必要であった。下から照らすとお顔が浮き上
がって不気味に見え、横からだと影に偏リが、左右からだと
明るすぎ、しかもコードレスでシンプルなライトを探してい
た矢先であった。

     『ヨネチャン 本当にありがとう!』
『プッツン』
投票日blog01
投票日blog02
 先週は夜中の雨が数日続いたことや忘年会などで、6時過ぎ
に目が覚めても布団から出れない状態で、ラジオ体操を5日ほ
どサボってしまい『プッツン』状態である。

 ところで昨日は衆議院議員の総選挙の投票日、母親と三人で
投票場へ向かう途中、歴史資料館の紅葉、この時期まだ残って
いた。そういえば毎年嵯峨野付近までこの目で確かめに行くの
に、その機会がなかった。なのでここで写真を。

 終わってみれば、投票率は59%で戦後最も低いとのことらしい。
そしてまた政権が変わる結果となった。
 与野党12党で、消費税増税の是非とどんぐりの背比べのよう
な原発廃止論、TPPにはあまり触れず、でどこの党も似たり寄
ったり、人で決めるか党で決めるかなどで、有権者は混乱した
のであろう。
 「民主はだめだなー 第三極はよくわからん だとしたら自民
しかないのかなー」との有権者の投票行動(石破氏のコメント)
で自公2/3議席を。

 自民党の安倍政権にもどれば右寄りに・・・韓国、中国が懸
念を抱き、滑り出しの外交が興味ある。因みに元安倍首相にな
った時は最初に訪中をしたが、今回は訪米を考えているようだ。
『天満橋』
大阪城blog01
 昨日2日 天満橋で会合が・・・受付時間の30分前に着いた
ので大阪城まで散歩した(紅葉もそろそろ終極に)。
 「あれこのアングル 最近リンク先の“父の空”の写真で見た
ぞ!」・・・ということは彼も最近ここにきたということなのか?
 奥の高層ビルは京橋方面の・・・。
大阪城blog02
 最後まで豊臣家に仕えた“真田幸村さん”・・・甲冑姿で右手
に刀ではなくごみバサミ、左手にはビニール袋を、「ご苦労様
です」
大阪城blog03
 京阪東口から小生の足で、天守閣まで15分を要した。
 「東に生駒の山を臨み 西に大淀の清水をながめ 遠くには
奈良や京都の都を拝し 近くには秀吉が従え、君臨する大阪
城を仰ぎ見て・・・いざや歌わんかな 舞い狂わんかな学歌斉
唱 アイン ツバイ ドライ」とはじまる母校の学歌(作詞:北原
白秋 作曲:山田耕筰 編曲:辻敏治)などを思い出した。
 向かいの修道館では柔道の練習も・・・。
 大阪城blog04
 目を左に向けると なんとそら恐ろしい姿をした“銀杏の大きな
古木”・・・大阪城の築城(約450年前?)以来、お城を見守って
きた木であろう。 栄華の夢、戦国時代の様々なできごとを全て
見てきた精霊が騒いでいるような枝ぶりに見えた。
三橋美智也の“古城”の歌を思い出す(松風騒ぐ丘の上・・・)。 
『巨大』
生椎茸blog01
 今日 午後8時ごろか 順ちゃんがきた。お土産に『巨大
な椎茸』・・・直径約13Cm 三つ入り袋を二つに圧倒された。
 椎茸のステーキにしたら・・・バターで炒めてナイフとフォ
ークで・・・。
 焼いて醤油にレモンをたらしてもいいね。

 シールには、愛媛県伊予市中山町産 修一じいちゃんの
“こだわり原木生椎茸” 生産者 窪中修一 (原木椎茸特
有のしっかりした歯ごたえと、香りを大切にじゅっくりと育て
ました)とメッセイジが。  
レモンblog01
 レモンといえば、我が家の『巨大なレモンちゃん』こんな
に立派に育ち、しかも色づいてまいりました。
 タイミングが良すぎ! 軸長約10Cmこんな大きなレモン
は市場でもそう見ることがないのでは。
 どのタイミングでどのように利用するか考えていたところ
であった。
 とりあえず“アルグレイ”の紅茶に・・・椎茸にはレモンよ
り酢橘がいいのでは?

      「順ちゃん いつもありがとう!」
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.