興味津々
日記です。
『JR高槻駅周辺』
関西大学blog01
 昨年5月だったかJR高槻駅近くの有名な“開かずの踏み切り”
が自転車まで渡れるスロープとエレベーター付きの立橋ができ
た。 さすればこれまでに見たことのない角度からの電車と景
色が見れるはず、ということで一度行ってみたいなーと思いな
がら・・・約1年後の今日になった。  あいにく曇りだが。
 写真は“関西大学”で中学校・高等学校・大学校の某学部。
高槻西武百貨店blog01
 これはJR高槻駅の北側の開発地で、中央が高槻西武百貨
店、右が“愛仁会 高槻リハビリテーション病院”、左は40階の
高層マンション、そして手前の基礎工事が終わったところへ
は、何が建つのか・・・。
JR高槻blog03
 そもそもこの立橋に来たかったのは、この角度からの電車の
写真を写したかったからなのだ。  前方の立橋がJR高槻駅。
 上りの特急 ・・・?
JR高槻blog04
 上りの 各駅停車で京都方面へ。 タイミングが難しい。
このカメラでこれだけ撮れればまーいいか。
スポンサーサイト
『北野・工房のまち』
北野工房のまちblog03
 ケーキ屋さんのショーウインド
北野工房のまちblog05
 神戸美人ぬか本舗やマッチ専門のレトロな店も
北野工房のまちblog04
 さすがもと小学校・・・「ろうかは しずかに あるきましょう」
『旧北野小学校が』
モスクblog01
一筋北を横走する道で、年配の女性が三人ともこの角度で
写生を・・・絵画クラブの人たちなのか・・・横目で見下ろすと
全員がかなりのベテランらしい・・・イスラム教のモスクのよう
である。 日差しが強い中ご婦人達はショールを頭から顔を
隠し、イスラムの女性のような格好でうずくまって写生をして
いた。
2012.4.28北野工房のまちblog01
北野工房のまちblog02
 写真は“神戸市立北野小学校”の跡地で、“北野・工房のまち”
として校舎内を塗り替えだけでいろんな店舗が1,2階の各教室
に。 運動場は駐車場に・・・廃校の有効利用である。
『実は』
生田神社ご神木blog01
生田神社ご神木blog02
 『実は』昨日(28日) KOBE NSHIMUR`S COFFEEを買いに
再び三宮へ・・・今回は家内同伴で生田神社を通過してからと
思い・・・写真は、前回見逃した樹齢約500年の“ご神木”で、
これまでの神戸の歴史を見たり、築いたりした象徴的な楠な
のであろう。
神戸中山手通りblog01
 KOBE NSHIMUR`S COFFEEの本店のある中山手通りにある
木で、もちろんご神木ほどではないが、この木も相当の歴史を
持っているのでは。 木の種類はわからない。
 異人館までは体力に自信がないので、一筋だけ北を散歩して
から本店に行くことにした。
『それから野見神社へ』
野見神社blog01
 “城跡公園”の帰り道、『野見神社』に寄ることに。
いつになく鳥居が神々しく見えたので写真を。
野見神社blog02
 入った直ぐ右に大きな楠が・・・それも木の股から別の木の
葉っぱが・・・回りこんで見ると“シュロの木”か? どうも寄生
しているようだ。 自然(風が運んだ偶然)か人為的(いたずら)
か・・・面白いけどこれでいいのか、双方幸せなのか、木の気
持ちはいかに? 複雑である。
 宮司さんは暖かい気持ちで見守っているらしいが。
野見神社blog03
 あちこちのお社にお参りを・・・きっと自分の健康、Tちゃん、
Nちゃんたち それぞれの家族の健康・安全・・・祈願であろう。
『花見』
2012.4.18城跡公園桜blog02
 昨日(18日)午前11時に母親と遅まきの『花見』・・・
場所は我が家から徒歩10分(ゆっくり)の城跡公園・・・
母親との花見は何年も前からの行事、「これが見おさめかな?」
「なにを言うてんのん・・・来年もきますで・・・」を数年前からの
合言葉で・・・そして今年この時期、開花時期が遅れたものの、
いくらなんでもソメイヨシノや枝垂桜は終わり、八重桜はこれか
らのもある(大阪造幣局の桜の通り抜けは17日から)。
 
 もちろん母親もデジカメを持って、第1中学校の外の花壇や
石垣を含めた正門、工兵第四連隊の赤レンガ門跡(2008.4.16付
けの『ご入学おめでとうございます』http://elvis60.blog
44.fc2.com/blog-date-200804.htmlで報告済み)にシャッタ
ーをカシャカシャ・・・お互いに桜の下で記念写真を。
2012.4.18はなももblog01
 咲き終わった梅林で1本だけショッキングピンクで“ももはな”
が満開であった。
 ちょうどこの向かいに昔の“米屋さん”で立派な屋敷をソック
リこの場に移し、たたずまいや農工具や終戦後の古い電気製
品なども展示した資料館を見学し、懐かしがっていた。
2012.4.18城跡公園blog01
 公園の西に狭いが小高い森を造園されていて、楠やケヤキ、
ニレなどの大木がある。 その内の一本が気になったので写
真を。 眺めていると、どうも15日三宮の北側の駅前で見た
“ブロンズ像”(前述した)と重なったきた。
     「 いや芸術的に見えただけ!」・・・つづく
『そもそも』
 『そもそも』三宮に来た目的は、“生田神社内の会館”で、
午後1時30分からの仕事に関する研修会に出席するためで
あった。 すばらしい内容の濃い講演で満足した。 
 懇親会の終了が4時過ぎで、昔なじみの仲間7名と昔は会
員制だったという“三宮店のNISHIMURA`S COFFEE店”で
まちまちのケーキセットを注文し、約1時間ほどサンザンしゃ
べって、全員ぞろぞろ三宮の駅へと下った。
 駅に近づくにつれて古くからあったと思われる、直径30Cm
の神戸を象徴するデザインの蓋が見つかった。しかし何の
蓋かは不明。 また、別の蓋には“測量基準点”・・・震度計
なのか? しばらく進むと“消火栓”の蓋が・・・
最後に“KOBE JAZZ STREET”のプレートがはめこまれて
いた。・・・ほぼこれで納得して帰れる。 
 そういえば5月のゴールデンウイークにはわが街 高槻市
でも“ JAZZ STREET”が。

      「以上 旅行気分は完結です!」
神戸マンホール蓋blog01
神戸測量基準点blog01
神戸消火栓蓋blog01
神戸ジャズストリートblog01
『生田祭』
生田神社狛犬blog01
生田神社狛犬blog02
 拝殿の左右にある狛犬で、ブロンズではあるが作風が戎神
社にあった陶器製と胸から胴にかけての体形、足の筋肉の造
りなどが酷似し、同じ作者なのだろう。
生田祭blog02
 拝殿でのお祭を少し覗かせていただいた。宮司さんがなに
やら 平清盛が・・・・と解説していた。『生田祭』の式典中だ
ったのだ。 中央の最前列に源平時代の武将の装束をされて
いた人が平 清盛さんなのか・・・物語としては“生田の戦い”
のことなのか・・・一の谷の戦いでは 清盛さんはすでに亡く
なっていたのでは? 左奥の一段低いところには伎楽隊のオ
ーケストラみたいなスペースが設けられていた。
生田祭り蘭陵王blog01
 生田神社は中央区と兵庫区のほぼ全域に及ぶ広大な氏子
地を有し、それを12区分し輪番制で、毎年4月15日(明治18年
以降)『生田祭』としての当番を決めているとある。
 今年はどの地区かはわからないが、各部社で練習を重ねた
行事をこの本部で披露しているらしい。
 おそらくクライマックスには 生田祭氏子奉幣祭として
平清盛にちなんだ詩舞「大原御幸」と舞楽「蘭陵王」(写真)
が奉奏されるのだろう。
 この写真と解説は http://www.ikutajinja.or.jp/
より引用した。         (つづく)
『東門通りから』
生田神社戎blog01
生田神社戎blog02
 “NISHIMURA`S COFFEE店”から東向かいに“東門通り”と
表示されたアーケードがあったのでそこから下ることに。
ほんの5,60mほど歩いた右手に、東の入り口が、鮮やかな朱
塗りで幾重にも重なった鳥居が見えた。
 くぐりぬけるとお社(戎神社)があり、気になる狛犬があった。
 つまり信楽風の陶器でできているようで、スタイルはスリムで、
顔は近代風、左の狛犬には頭頂部に1本の角があった。
陶器だと沖縄の“シーサー”のようにも見えるサー
生田祭楼門blog01
生田神社拝殿blog01
 足を進めると立派な拝殿の横に出た。阪神淡路大震災で
屋根が落ちたのをTVで見たのを思い出した。
 やはり一旦楼門(下の写真)にもどり写真を・・・右の白い
垂れ幕には“生田祭”とあり、ちょうどいい時に来たようである。

         「生田祭をのぞく  つづく」
『KOBE NISHIMURA´S COFFEE』
神戸市にしむらコーヒーblog0
三宮駅から坂道を300mほど北上し、大通り(山手通り)に出た
向かいに『KOBE NISHIMURA´S COFFEE』(欧州風の建物)が。
どうも“中山手本店”らしい・・・是非ともご賞味と・・・
 中に入ると、「ただ今 満席ですが、禁煙席ですか、喫煙席
ですか」、「どちらでも、ちょっとトイレを・・・」
にしむらコーヒートイレblog01
にしむらコーヒートイレblog0
 ジェントルマン用のドアを開けるとシンクを挟んで、仕切りが
なく並列している。 なんか変な感じをしながら右側を使用した。
手を洗いながら同時に二人が別々に使用することがあるのか
な?  ないよなー・・・欧州式なのか?
にしむらコーヒーblog02
 結局、喫煙席の相席で、周りでプカプカ・・・懐かしい香り!
『KOBE NISHIMURA´S COFFEE』のロゴが満載・・・灰皿にも。
窓際に美しいご婦人がくわえたタバコに火をつけるシルエット
が、タバコのPRポスターを見るようでセクシーだった。
 いやー コーヒーは美味しかったので、缶入りコーヒーを
お土産に。 もう少しでマグカップも衝動買いしそうになった。
 
      「それでは 生田神社へ・・・つづく」
『旅行気分』
2012.4.15三宮blog01
神戸市おすいblog01
神戸市雨水blog01
 小生にしてみれば久々の遠出・・・ちょっとした『旅行気分』
で家を出た。 午前10時半 JR三宮に到着・・・北側に出るや、
なんたるブロンズ・・・大胆な、外国へ来たような・・・恥ずかし
かったが写真を。 撮らないと後悔しそうなので、実は大好き!
もしこの前で待ち合わせする時は・・・の前でというのかな?
大震災前からあったのかな? かなり有名な作者なのかな?

 目的地は生田神社の会館であるが、時間に余裕があるので
ご当地マンホールの蓋さがしに、山手通りに向かった。 神戸
市の“おすい”と“雨水”の蓋を見つけたが、メチャ地味で期待
はずれだった。 とりあえず記録をし、他にないかと下を見なが
ら山手通りに到着。            ・・・(つづく)
『高麗橋』
高麗橋blog01
高麗橋blog02
高麗橋blog03
 午後3時過ぎに北浜に到着、ご年配の知り合いが1年3か月
ぶりに能面の製作をされるというので、今日は2回目のお供
であった。
 教室に来るたびに東横堀川にかかる『高麗橋』の手前まで
来ていたが、写真は初めてである。 撮影理由は先日友人の
ブログに中之島にかかる5個所の橋を撮影され、趣があった
ので小生も記念にというこことである。
 面白いことに右の欄干には『高麗橋』と漢字表記、左のそれ
には『かうらいばし』とひらがな表記・・・『こうらい』ではなく
『かうらい』で・・・なるほど昔はそうなんだ。
2012.4.14能面blog01
 今日の能面教室では生徒さんが3名、ベテランが2名、知り
合いの初心者が1名、楽しく話しをされながら指導されていた。
小生も約7か月 加地先生の指導を受けたことがあり、当時の
記録は、左下のカテゴリの“能面”で見ていただけると幸いです。
『賞味期限』
クロノスblog01
 身の回りを整理していると、今年のバレンタインデーで頂戴
したチョコレートが目に入った。実は写真も中身も“土星”の
形をしており“Saturn”であるのに“kronos”と表示されている。
そのうち調べてみようと思いつつ今日に至った。
 ところが『賞味期限』が2012年3月30日とあり・・・あれあれ
早く食べないと、と思いながら検索してみた。

 “クロノス(Khronos)”とはラテン語で「時」を神格化した
もので「時間の神」といわれている。ギリシャ神話では「大地
および農耕の神」として崇めているとあった。
さらにローマ神話でも「農耕神」で“サートゥルヌス”といわれ
英語読みで“サターン”と同一視されるとあり、これで納得した。
マツダクロノスblog02
 因みに1991-1997年 マツダ車 “カペラ”の後釜に“クロヌス”
という車名があった。 マツダのミドルセダンとしてデビューした
らしい。 写真は“マツダ・クロノス”海外仕様の626型である。
 カー マニア には懐かしいのでは?

      【引用資料はウィキペディアより】
『偶然か?』
適塾blog01
尾形光琳作blog01
 今日は 二人のご婦人からプレゼントを頂戴した。それも
美人から。 お二人は大学時代の友人で、お一人は大阪、もう
お一人は横浜で住まわれている。 いずれも博学で、すばらし
い感性をもたれ、普段からホームページやブログを覗かせて
いただいている。 

 そんなお二人からいただいたプレゼントであるが、一つは上
の写真にある“適塾”、あの蘭学者で有名な緒方洪庵旧宅・塾
跡(重要文化財)にいかれたときのお土産(絵葉書)で、大阪
北浜には時々(昨日も)いき、近くまでは行くが中に入ったこ
とがない。
 下の写真のものは、東京上野にある東京国立博物館(平成
館)で開催された“ボストン美術館展”(まぼろしの国宝、日本
に帰る・・・)に行かれたときのお土産で尾形光琳作“風人雷神”
(のメモ用紙)と“八橋蒔絵螺鈿硯箱”(クッキー入り)を頂戴した。

 ところでお二人とも『おがた』つながりでほぼ同じ時期に観賞
され、これは『偶然なのか?』・・・
      いずれにしても「ありがとうございました」
『メンバーズカード』
2012.4.4桜blog01
2012.4.4桜blog02
メンバーズカード01
 4月3日日本列島は“爆弾低気圧”春の台風? 雷雨と竜巻も。
各地でその被害・・・ダンプカーが路上で横転、屋根や看板が
飛ばされたり。 TVニュースで東京の都心で人が飛ばされそう
になってなにかのポールにしがみついていた。 
 こんな春は初めてなのでは。 地球温暖化で、この時期にこ
のクラスの嵐が将来増えるのではと、気象予報士が言っていた。
 
 そして4日水曜日は通院日で快晴・・・院内の中庭のみ桜が開
花、それも満開に(写真)・・・他は蕾だけだったのに。
 
 それはそうと今日6日 “エルビス・プレスリー ソサエティ・
オブ・ジャパン”の会員証と1枚のブロマイドが届いた。
 これで晴れてメンバーの一員に。
『ワイルドだぜー』
世界の山ちゃんblog01
世界の山ちゃんblog02
 2週間ほど前、友人と世間話の中で、あの“世界のやまちゃん”
の店が高槻にあるという話を聞きつけ、なんとなく気になり食べ
てみたくなった。
 数ヶ月前から開店し、新聞の折込チラシにもあったらしい。
 
 一度名古屋の本場で食べたことがあり、美味しかったので新
幹線の土産物売り場で買って帰り、家族に好評だったこともあり。

 昨日仏像彫刻の教室が終わり、ちょっと寄り道してから夕食の
おかずとして買いに行った(1人前5ピース400円)。とても美味し
くいただき、みんなの指が油でベタベタ・・・『ワイルドだぜー』

 ということで我が街にも“世界の山ちゃん”がきたよという
お知らせなのだ! 「ケンタッキー フライドチキン」と、どち
らがどうなのか?・・・それはそれでいいではないか。
『エイプリル フール』
2012.4.1蘭blog01
2012.4.1蘭blog02
 今日は『エイプリル フール』、わが国では『四月バカ』
・・・若いころはどんな大嘘をつこうか真剣にネタを2,3考え
家族や友人に披露するのが楽しみだったが、10数年は経つ
か、日本人は飽きっぽいのかさほど騒がなくなったのでは?
 『エイプリル フール』はどの国で何時からやってきたのか?
英国では毎年、メディアや新聞紙上で国中上げて嘘を許され
る日(正午まで)になっているようである。・・・「だます方が悪
いのか、だまされる方が悪いのか?」という考え方・・・古い
日本人にはありえない。それほど冗談が通じにくい国民なのか。
とにかくブラックジョークには気をつけないと。

 今朝 節ちゃんがいつもの「ちょっと見て!見て!」・・・昨
年株分けした蘭がみごとに咲いていた。まだ蕾だけの鉢も
五つほどある。「あそこにも、その奥にも・・・」といいながら
本当に嬉しそうに報告を「やっぱり株分けして身軽にしゃんと
あきませんな」。
 今日は第一日曜日、節ちゃんはいつものお謡いのけいこに
磐手公民館に行く日です。

     「Tちゃん、Nちゃんお知らせします」 
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.