興味津々
日記です。
『もうすぐですよ!』
み仏を描くblog02
み仏を描くblog03
 これは約2m四方の“金剛界大曼荼羅”の極々一部を示すも
ので、来る 4月1日から下記の内容で開かれます。

 33点の作品、ところせましとなるのでは・・・楽しみです。
 
 どなた様もお出かけくださいませ。

       ・・・・・・・・・・記・・・・・・・・・・

       《梅林賢二の仏画美術個展》

期間 平成23年4月1日(金)~4月6日(水)

午前10時~午後7時まで(最終日午後5時まで)(入場無料)

会場 高槻市立展示館 けやき
   阪急高槻市駅 2F東詰め  TEL 072 (671) 7554

                  主催 梅林賢二  
スポンサーサイト
『ご近所さんで』
2011.3.27桜blog01
2011.3.27桜blog02
 昨日(26日)午前中は雪が、そして小雨に・・・
午後3時過ぎに『ご近所さん』の前を通ると、なんと“桜”が。
桜の写真は空が青く抜けていないと・・・思いながら写真を。
やはりシュックリこない。

 そして今朝(27日) 7時起床 晴天 「よし 撮りなおし」。
愛車(自転車)で・・・軒下付近から写させていただきました。
・・・満足! 満足!

 しかし寒い冬から一変して春に! (まだ寒いけど!)
 このように東北の被災地にも早く暖かい春が訪れ、できるだけ
早く隅々まで復興して欲しいと思った。 その状況はTV,新聞で
しか知ることができないが、1つでも多くの明るいニュースを
心待ちにしている。
     「全国の桜よ 日本を元気付けてくれ!」 
『信号待ち』
2011.3.21お大師さん01
 21日(月曜日)は春分の日で祭日・・・しかし午前中は雨。
せっかくの休み 休養もいいが、引きこもりはもったいない。
午後から雨が上がったので、どこかに一人ドライブでも・・・。

 21日といえば“弘法市(月命日を縁日とし)”・・京都の
“東寺”で檀家関係者の主に骨董品、日用品、衣服などが境
内で市場(午前5時~午後4時まで)が開かれている。師走21
日には“終い弘法”として。
なんせ12??年から毎月行事として21世紀の今も行われている。
国内・外の戦争中は・・・?

 171号線は“東寺”の手前、そこからは1号線となり、
東寺の周辺を走っていると外壁を取り巻くように人の行列。
そして『信号待ち』で、証拠写真をカシャ。
2011.3.21ハーレーダビッドソ
 帰りは 1号線で枚方方面へ・・・樟葉と牧野間に“ハーレ
ーダビッドソン”のショウルームと店が・・・マニアックな人
にはたまらんのでしょうな。 手前の『信号待ち』で写真を。
 渋滞まみれで約2時間のドライブ・・・納得して帰宅。
『満開に!』
2011.3.19繻子蘭02
 やっと“我が繻子ちゃん”が『満開に!』
蕾から112日そして開花から29日 つまり約1ヶ月楽しませて
くれた。
 かと思うと “2nd繻子ちゃん”・・・こんな団子状の咲き方も
ありか?  日ざしが悪かったのか、栄養不足か?
 いずれにしても頑張ってくれ。
今年の“繻子ちゃん育児日記”はこれにて“完”です。
2011.3.15すみれblog01
 そして庭では“すみれ”が『満開に!』
『駐車場に!』
2011.3.15つくしblog02
2011.3.15つくしblog03
 午前中 仕事仲間がきて「つくし沢山でてますなー」、
「えっ どこに?」、『駐車場に!』、「ほんまですか?」
「もらって帰ってよろしいか?」、「えっ どないすんのん?」
「食べます! 卵でとじて 2,3人分ぐらいあります」、
「親父が鹿児島出身で ワラビやつくしを山で取ってきては
食べてました。」・・・「こどものころ僕も食べてました。」
「ちょっと待って、さき写真うつすわ、それから取って」

 阪神大震災といい、先日の東日本大震災の自然の力をまざ
まざと見せ付けられて身にしみたが、この生命力にも驚かされた。
年2回 草むしりをして、めくれたアスファルトをさらに持ち上げ
てつくし、ドクダミ、他の雑草が・・・。

 彼はきっと“つくしの卵とじ”を作って亡き父親のご仏前に供え
るであろう。

感想:しかし食べるには遅すぎませんかね。坊が緑じゃなくて
開ききってホウシを飛ばしてしまってからでは、葉っぱも出てる
し・・・。
『心中複雑な思い』
 3月11日午後2時46分 M 8.8 “東日本巨大地震”大津波死
者数百人・・・岩手、宮城、福島 沿岸部壊滅的との新聞の
見出し。
 そして今日13日まで経時的にTVを通じて、被災の全貌、明
暗を分けた人たちの様子が知らされてきた。
 しかし、孤立した地域もまだまだたくさんあり、ライフライン
も皆無、行方不明者の人数も益々増加していく様子を知らさ
れている。
 「被災者の皆様には心からお見舞い申し上げます」
 幸い小生の肉親、親戚は東京数軒、柏に一軒、福島に一
軒(住居も会社もめちゃくちゃ)、気仙沼(家内の友人の妹)
であるが、全員怪我なく助かったとのことで胸をなでおろせた。
 とにかく連絡手段は被災地からの電話しかなく・・・まだ
お見舞いするすべが全くない状態である。
2011.3.11卒業記念blog
 一方大阪では 当日午後7時からある専門学校の卒業記念
パーティーの会場に出席・・・どちらに対してもなにか『複雑な思
い』がした。・・・「第26期卒業生の皆さんおめでとうございます」
2011.3.13堂島ロール01
 そして今日 13日 午前11時から学生時代所属していたクラ
ブの「創部90周年記念式典・祝賀会」に出席した。後援会会長
の挨拶にも被災された方に気遣いながらの式典であった。
 閉会後は梅田まで歩くことにし、途中“渡辺橋”を渡って
本店の“堂島ロール”を買い、おとなしく帰宅することにした。 
『お知らせ』
梅林氏個展blog01
 昨日 “梅林賢二の仏画美術個展”の案内状をご本人が
持ってこられた。
 以前 いくつかの大作を我が家でご披露いただいたが、
新作を含め、33点を展示されるとのこと。
これこそこれまでの“集大成”である。
       
      「誠におめでとうございます」
 
 お知り合いの方にと“案内状”10枚ほど置いていかれた。

 すごい迫力とその微細な彩色には圧倒されると思います。

 もちろん小生は2日(土曜日)の午後、3日(日曜日)の
午前中にはでかけるつもりです(なにかお手伝いができれば)。

 興味のある方はどうぞお越しください(入場無料です)。 
『経過観察』
2011.3.2繻子蘭blog01
          
         “繻子ちゃんの開花状況と現況”

 ● 蕾を発見  平成22年11月27日
 ● 咲き始め  平成23年 2月18日
 ● そして昨日 平成23年 3月 2日(写真)

 蕾から95日、そして開花から12日(10/18の開花)

 茎が約15Cm伸びてから開花(さらに少しずつ伸び続ける)
 
 下から順にらせん状に上に向かって開花

 匂いは感ぜず

                        ー以上『経過観察』ー
『余寒』
2011.3.1白鷺blog01
流れblog01
 午後4時過ぎには雨もやみ、5時前の帰宅途中、白と黒の鷺
が獲物を探していた。 普段殆ど少ない流れも雨水で増水し、
流れが勢いづいている。 水が濁っているせいか、白鷺は川面
にくちばしをつけ右往左往。 カメラを取り出しているうち
に黒鷺は諦めたのか、それとも満腹なのかで飛び立った。

 その10mほど上流の段差で二つのボールが落ちてくる水で
回転しながら遊んでいた。というかもて遊ばれていた。
落ちる水の速さと重さ、ボールの正球体と大きさなど全ての
条件が整い、それらのボールは下流へ流されることなく、バラ
ンスよく一点で回転していた。
 いくらもがいてもそこからは抜け出せない。捕まったーという
感じだろうか。 まぁー いずれ水の流れが弱くなるとか量が
へれば開放されるだろう。
 自然の摂理というか法則・・・人間社会にもあるかも。
もがけばもがくほど深みにはまり、やがて体力を失う。
この歳になると、わざわざ面倒なことはやめておこうとなり、
つまりこの仕事をいつまで続けんとあかんねんやろうと考え
る今日このごろである。 
『春雨じゃ・・・』
 彩彩さんちでは2月上旬から、知人によると先週、「大阪城
公園の梅林すごかったようー!」と・・・おそらく万博公園の
も満開だったにちがいない。
 ところが我が家の梅は、やっと開花したところ・・・毎年遅く、
遅咲きの梅で種類によるのか、それとも植木屋さんが毎年枝
を払いすぎるのか?
 撮影時は小雨で、浮かんだ台詞が『春雨じゃ・・・』
屋根付近に雨が写っているのがわかるかなー?
2011.3.1紅梅blog01
2011.3.1白梅blog01
 「月さま 雨が」、「春雨じゃ 濡れていこう」という名台詞、
検索すると、行友李風(ゆきともりふう)という新国劇の作家で、
オリジナル作である。主人公は“月形半平太”・・・三条のある
宿から出る時の台詞だということであった。“月形半平太”は、
実在した土佐藩士の武市瑞山(1829~1865年)という人をモデル
にしたとも記されていた。
「月さま 雨が」といった女性がどのような人だったのか気に
なる。 
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.