興味津々
日記です。
『もしもし 大丈夫ですか?』
AEDblog01.jpg
(練習機なのでパッドの粘着力が悪く、はずれてしまっている)

練習スタート (・・・周囲環境よし!・・・大出血なし!)
『もしもし 大丈夫ですか?』(肩をポンポン)を3回。
(反応がなければ、口元に耳を近づけ、呼気と胸の上下の
有無で呼吸の有無を確かめる。)
             ↓(なければ)
「誰か 来てください!」
「あなた119番に通報して 戻ってきてください」
「あなたAEDを持ってきてください」
             ↓
(AEDが来るまで・・・頭部を後屈、顎を引き上げ、口と口
の人工呼吸を二回。乳首間の中央で胸骨圧迫を両手を
重ねて体重をかけ1分間100回の速度で30回を交互に繰り
返す)
             ↓
「AEDを持ってきました!」・・・人工呼吸と胸部圧迫を続
けながら「使用方法 わかりますか?(わかりません) じゃ
あけて機械を取り出してください。電源を入れてください。 
胸にあてるパッドをその袋から出してください。コードの
ジャックをそこへ差し込んでください。パッドのシートを
はがして絵のとおり右鎖骨下と左胸の横に貼り付けてくだ
さい。」などを指示する。
             ↓
(つけ終わると後は機械の音声のいうとおりに操作する。)
「解析します・・・電流を流す必要があります。体に触れな
いでください。離れてください。・・・赤色ボタン(点滅)
を押して下さい。」
             ↓
「解析します」(・・・機械の指示がなければ、人工呼吸と
胸部圧迫を再び意識が戻るまで繰り返し、機会の指示が
出れば電流ボタンを押す手順を踏む)

 因みに全国的に救急車(救急隊員)が到着する平均時間
は5.6分(バトンタッチ)だそうで、以上がそれまでの応急処
置である。・・・という講習会を今日受けた。
 何か変に楽しかった。
 行き先々にAEDの設置場所がさらに気になりそう。
スポンサーサイト
『2×11』
平成22年2月22日 22時22分22秒・・・これで『2×11』

明治以降、昭和、平成とこのように並ぶのは三回目、
この瞬間何をしようか? そうそう室温を22度にして

“裏庭には二羽、庭には二羽、鶏がいた”を二回早口
で言いながら、パソコンで“うらにわにはにわにわには
にわにわとりがいた”を一括変換してみよう。

すると、“うら二羽には庭二羽には荷は二羽鶏がいた”
と出た。このようなフレーズはあまり認識させていな
いようだ。 ことわざや早口言葉を加味した専用の日本
語変換ソフトでは正しく出てくるのか?

 写真は昭和44年の7円の年賀切手(鶏)から背景図
を作成した。

因みにこの記事を保存した時刻が22時21分51秒だった。
残念! あと31秒待てば22分22秒だったのに!

言われる前に言っておく「どうせ私はひまなおっさんです」と。
鶏blog03
『中塗り・上塗りの復習』
2010.2.21上塗りblog01
2010.2.21上塗りblog02
2010.2.21上塗りblog03
今日は三作目の能面“若女”の中塗りと上塗りを期待し、教室
へ。(地塗り、下塗りは自主的に自宅で!)
 結果、目標達成! しかも一作、二作目よりもバランスよくで
きた。

 『中塗り・上塗りの復習』
① 水100ccに膠粉中サジ擦り切れ一杯を入れて加熱し、溶液
作製。
② 胡粉大さサジ山盛りを乳鉢にとり、顔料朱土(スイカン)・
金黄土・コバルトブルー様の顔料(?:今回初めて使用・・・
微妙に顔色が青白く、透き通るようになるらしい)をそれぞれ
耳掻き大のサジに 極々微量に加え、乳棒で混和。
③ ①の溶液を②に少しづつ加え寄せ集め、硬い団子を指先で
 作り、同じ乳鉢で、100回たたきつけ(通称:100たたき)、
 残りの①溶液を加えどろどろに。
④ ③の溶液を茶漉しにかけ、より粒子の細かい溶液を作り、
 10mm幅の腰のある筆で、平行にはけ目を残すように面の上か
 ら下まで塗り、ドライヤーで乾燥させてはぬること5回。
⑤乾燥後、はけ目に沿って、No.180の紙やすりで、はけ目に凹
 凸をつけ、最後にタオルでふき取る。
⑥上塗りとして、④の溶液をはけ目に沿って一回だけ塗る。

次回は3月7日に・・・罫書きと髪、アイラインの墨と紅入れか?
『なるほど』
ダスティン ホフマンblog01
 こどもが“THE BIG ISSUE”(日本版)を買ってきた。
 グラビアに大好きな“ダスティン ホフマン”が、説明では、
本屋ではなく“ホームレス”の人(販売者)から買ったとのこと。
よく見るとこの販売システムが『なるほど』と思った。

 有限会社 “ビッグイシュー日本”に46企業・団体および個人
が広告サポーターとなり、定価300円の本誌を140円で登録さ
れた“ホームレス”の人に購入販売させ、1冊160円が彼らの
収入になるというシステム。因みに2003年9月創刊以来、2009
年8月までの実売数は約349万冊、彼らへ4億4480万円の収入
をもたらしたと記載されている。・・・『なるほど』・・・国の目的
税と称するものよりもわかりやすい。しかも就労意欲が掻き立
てられる。

 バンクーバーでの冬季オリンピックでアメリカとの大接戦で、
みごと逆転勝利をした、女子カーリング(青森チーム)・・・
おめでとう。青森県あげてのサポートで『なるほど』と思った
のは、あらゆる商品にカーリングのロゴマークをつけ、この商
品を購入すると、県内のカーリング・・・協会に数パーセントの
運営活動費となり、総予算の1/3を占めるとのこと。
県民上げてのサポートは選手のモチベーションの向上はもち
ろん、若者たちの目標、県外から若者が受験や就職に青森に
集中し、大きな町おこし事業となっているらしい(TVニュースより)。

『なるほど』これからの自治体主体の景気対策の具体例を学んだ
ような気がした。
『店内情景』
今日は、母親と京都に出かけ、“能面二人展”を観賞しに、
錦市場を通り、寺町通りを北に、さらに寺町御池に入り、
鳩居堂(今日は定休日)の向かいの“OPT GALLERY”に行
った。
 加地先生から能面の観賞の仕方から女面の種類、特徴、
各流派別に用いる女面などなど、プロの完成された作品を
沢山観て勉強になった。
 作品展は17日まで・・・「お疲れでませんように」
矢田寺blog01
 帰り道の途中、“矢田寺”(写真)にお参りを、お地蔵
さんが沢山奉られている。
 正面の階段にいろいろな“お守りや絵馬”が、中でも
“愛の願掛け絵馬”に目がいき、 「今日はヴァレンタイン
 デーや!」 「今日は絵馬を買うより、チョコレートを持
って直接アタックするので、絵馬は売れてる気配なし」とみた。
2010.2.14からふね屋blog01
 寄り道なしで高槻下車、「おかあちゃん コーヒー飲もか?」
と“からふね屋珈琲店”へ。母親はアイスコーヒー(なんでも
冷たいのが好き)、小生はホットで。
 目の前に座っている二十歳前半の男の子達、4人とも会話も
なしで、下を向いてなにやらゲームを、一人は時折ニヤッと
笑みを・・・オーダーしたジュースやソーダー、サンドイッチ
には目にも口にも触れず、とりつかれたようにうつむいている。
「こいつら チョコレートとは全く縁のないやつらか?」
 左を見ると、赤ちゃんをだっこしている若い母親が、バッグ
から容器を取り出し、蓋を開けてスプーンで赤ちゃんに食べさ
せていた。
 奥を見ると「イチャイチャしてるやつ」、「本を読んでるや
つ」、「何時間もねばっているようなやつ」など、“からふね
屋珈琲店”はなんでもありか?・・・を帰って絵にした。
『チャリティー企画』
原田泰治絵画展blog01
原田泰治絵画展blog02
 社会福祉法人わかくさ福祉会 法人設立25周年事業
“原田泰治氏の絵画展” 誠におめでとうございます。
 全国的にはもちろん国際的にも有名な方で、絵画は時々目
に触れるが、“ピエゾグラフ”という技法は知らなかった。
“ピエゾグラフ”というタームはセイコーエプソン株式会社の
登録商標で、コンピューターで原画にもっとも近い複製画を
作成印刷する方法であるが、手で描く創作的な技法と思わ
れる。

 とにかく“わかくささん”から是非見に来てくださいとの案内
があったので「見るだけよ・・・」という感じで行くことに。

 写真の絵の題名は“遠足”・・・空・山・海・風・道に包まれた
美しいふる里ととそこで暮らす人々の生活が大変素朴に描
かれている。
 不思議なことにこれだけ細かく表現されているのに全ての
絵にある 人の顔 “目・鼻・口・耳など”が描かれてない。
・・・なぜか? わけを知りたい。
『二人展』
2010.2.7雪blog01
6時起床 今日の能面教室での宿題を・・・日がさし始めたので
外に出ると、所々の木の枝や葉に雪が・・・屋根は薄ら白く・・・
ぽたぽたと溶けたしづくが・・・。
“つわぶきの葉”に雪が・・・今のうちと思い写真を。

 彫刻した表面の仕上げを60番の布やすりで、裏を合成漆で
仕上げ、乾燥するのに約3時間。教室では目の仕上げ・・・。
2週後は地塗りのチェックを受ける予定。
能面二人展blog01
 というのは来週14日の教室は休みで、2月12日~17日 
午前11時~午後6時(最終日は午後5時まで) 
 加地先生とご友人の二人で『能面の作品展』が開かれる。 
会場は オブト ギャラリー(京都 寺町御池下ル)・・・
鳩居堂の向かいらしい。
 したがって、来週は匠の技を見学に。
『六角形』
 今日 わが町での初雪か?・・・はじめは埃のような雪、時々
それらしい雪がちらほらと・・・写真にはおさまらない程度。
 小学生のころ“雪の結晶”を観察したことが・・・。
 『六角形』の結晶が多いのはよくわかってないらしい。
 しかし神秘である。検索し、下のアドレスからの写真を。
雪の結晶blog01
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA
 『六角形』で検索すると、“蜂の巣”(ハニカム構造)、
昆虫の複眼、干上がった土地にできるひび割れなどが自然界
で見られ、構造の物理的利点を応用したのがサッカーボール、
特にサッカーゴールの網目はどの方向から引っ張っても他の
形状よりよく伸びる・・・なるほど、“ハニカム構造”は垂
直的な重圧に強く、水平方向からも伸縮し、建材にも適して
いるようである。 耐震性にはもってこいの構造か?
 またタバコのように円形のものがぎっしり詰まっているも
のをさらに圧縮するとその断面は『六角形』に近づくようで
ある。 鉛筆でも転がらないし、1ダース入りの箱におさま
りやすい。などなど考えると実に神秘でもあり不思議でもあ
り おもしろい! 
これらの情報は“六角形の謎”
から参考にさせていただいたものである。
 そういえば、寺院にも六角堂とか八角堂があり、宮本仏師は
「正六角形の台座の図面は作成しやすいが、八角は難しい」
と言われていたのを思い出した。
追加:径が同じ正円形は6点で接し、その集合体のユニットは
『六角形』をなす(我が家の1階トイレのタイルを見て)
『リーチ!』
今日は “平成22年2月2日”2,2,2,2・・・ビンゴゲームなら
『リーチ!』、22日になれば『ビンゴー!』かな?
宝くじの“スクラッチ”なら2等賞で、賞金100,000円といった
ところか。

今日誕生した赤ちゃんは全国で何人いるのだろう?
記念すべき誕生日になるのでは? とにかく覚えやすい。

 因みに1972年(昭和47年)2月2日は 米国に敗戦して
27年ぶりにグアム島の洞窟より“横井庄一さん”が帰国。
小生が大学を卒業した年で覚えていた。また後輩が若い
のに腰掛けるときに「よっこい しょういち」と気合を
かけては人を笑わせるので印象的。

 午後からの出先途中 「あれ 梅? まさか“四季彩彩
さんち”は、蕾がほころびてきたとこ・・・」と思ってい
ると約20mほど通過、バック(自転車)して証拠写真を・・
・「これでよし」と再スタート・・・10mほど先でまたバッ
ク・・・梅だけでは寂しいのでその横になっていた金柑も
(桃色と黄色 色合いもよいと思い写真を)。
ちょうど“雛壇”の梅とだいだいのように。
 開花が早いのは そういう種類なのか?
2010.2.2梅blog01
2010.2.2金柑blog01
『出鼻橋』
 昨日(31日 日曜日) 母親と家内、小生3人で交野の倉治
というところへ叔父の“お見舞い”に。 
 初めてのところでネット検索すると『出鼻橋』から二つ目
の信号を右折と地図に記されていた。
 迷うことなく到着し、叔父が思いのほかすっきりした表情
をしていたのに安堵した。5,6分すると なんと懐かしい方
(母親の従兄弟夫妻)も見舞いにこられ、意気投合!

 帰宅後、『出鼻橋』のいわれが気になって検索調査を。
少し上流で野々川が三川合流を終えこの橋の下からからと川
と合わさり北川となり1Km先で天野川に注ぎその先は淀川へ
と、その川の合流地点と18号枚方交野寝屋川線の分枝点付近
にある橋といういわれか?

 帰りの車中から“源氏の滝”という道標が目に付いた。
この辺りは万葉の時代から歴史的に有名であるのは周知で
ある(奈良京都大阪の中間点約20Km)が、“源氏の滝”に、
これまた興味津々。
 交野山のふもとにある落差18mの“源氏の滝”は交野八景の
一つで、昔、開元寺という寺があり、元寺瀧と名づけられた
ともいわれているらしい。源氏姫が滝つぼに身を投じたとい
う悲しい伝説もあるとのこと。そのためか“夜泣き石”とい
われる石もあり、悲話があるのであろう。ちょっと不気味!
 源氏の滝blog01
http://4travel.jp/traveler/joecool/album/10189425/より引用
 帰りの車中で、母親が「あんたの小さいころ家族でそば
ぼーろの空き缶に弁当を入れ その滝へいったことあるで!」
「覚えてへん?」、「写真もあるで!」・・・是非とも見たいものだ。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.