興味津々
日記です。
『999円セール』
 今日(28日)の新聞折込に“不二家”のちらし。
 『999円(サンキュー)セール』
ショートケーキ お好きな4つの組み合わせ 
通常価格1,230円が999円+毎月28日は300円クーポン券
(裏面に)そしてポイントカード有効。

 ただ今ポイントカード2枚半(3枚でペコちゃんの青絵の皿、5枚で
1脚のペコちゃんの青絵コーヒーカップセット・・・ロイヤルコペン
ハーゲン風)、期限があるので思案中。

 とにかく今日は999円セールへ 雨だったのでわざわざ車で。
 三角ショートケーキ300円、紫いものモンブラン290円、
ふわふわカスタード320円、まろやかマロンモンブラン290円二つ、
計5つで999円+290円でした。

 本セールは8月28日~31日の4日間です!
 ただし、高槻出丸店だけのセールだと思います。

999セールblog1
999セールblog2
スポンサーサイト
『お家騒動』
 今日 午後9時ごろ「ちょっと散歩いきますけど」、
「ちょっと待って」・・・とPCシャットダウン
「どこ いくのん?」、「アルプラザかな」・・・自転車で
食後の運動!

 「なんや この古めかしい袋?」、「なにいうたはり
ますねん。これ有名な袋で、結構するねんで」「同じものは
もう手に入りません」

 いわく因縁のあるかばんらしい。牛乳やワインなど入れる
買い物カバンで、シンプルで、丈夫で、水をはじくらしい。
 名札のように“一澤帆布製”とある。カバン屋さんで、
先代さんの遺言書をめぐって、いろいろあって兄弟が袂を
分かっているらしいです。

 長男と四男の元の製品は生地が違っているし、三男の
製品は生地は同じでロゴ“信三郎帆布製”というらしい。
“ヒロタのシュークリーム”、“キミジマブランド”を思い出す。

 狂言ではないが 「ややこしや! ややこしや!」

布袋blog01
『温暖化と病木』
 今日 救命救急センターの裏の公園に。
 なんとなくかわいそうな木、10m近くある木の1/2の高さ
まで苔が、近くにある他の木にはアブラ蝉がとまり精一杯
泣いているのに、この木には鳴き声がしない。
きっとこの木は『病木』に違いない。
この木だけ“ジャングルの木”状態・・・か。

 リンク先の“くすさん”、“四季彩彩さん”が蝉をとりあげ、
blogを掲載されたので小生も・・・。

 昔は、梅雨明けと同時に“ニイニイ蝉”、“アブラ蝉”8月
ごろ“クマ蝉”、下旬には“ツクツクボウシ”、ちょっと山に
入ると“ミンミン蝉”、そして“ヒグラシ”で終わりだったかな。

 温暖化と都会化で蝉の生態と体内時計に変化をきたし
ていると考える。蝉の孵化は春から6月にかけての気温
が関係し、今年は7月20日ごろから“アブラ蝉”がやっと
鳴きはじめ例年に比べて遅かったようである。
 また、幼虫でみるとアスファルトが殆どの都会では、
土が堅くなり、これに潜り込めるのが中でも“クマ蝉”
だけらしい。だから大阪の場合(他の都会は知らないが)
いきなり“クマ蝉”が鳴きだし、1本の木にビッシリとまっ
ている光景は、10年ほど前から普通の状態であると。
東京でも“クマ蝉スポット”が数ヶ所あるとのこと。
夜でも鳴くようになったのは、街の明かりや街灯の
せいだそうだ。
 とにかく“蝉だって一生懸命”、雄が全身の力を振り
絞って雌を求め子孫を増やす。こどもができるまで
土の中で6年はかかるという。やはり雄の方がエネルギー
を使い果たすのが早く、寿命が短いようである。

 今日TVで近年大阪湾に“マグロ”が出没している
ドキュメントを放映していた。日本列島を囲む海水の温度が
約1~2度 上昇しているため、黒潮と内海、入り江の水温に
差がなくなり、小魚が迷い込み、それをおって大きな魚、
“マグロ”も入ってきているのだと。
 そういえば九州の対馬海峡付近でしか捕れなかった
“サワラ”が、近年捕獲分布の最北端は青森まで北上
したともいっていた。

 その内 大阪でも沖縄の魚が市場に出るのではないか?

 「なんとかならんか? 温暖化 一人一人考えよう!」

病木blog01
『ご馳走様』
 友人の“順ちゃん” 携帯で、今そっちへ向かっていると
いい お土産を持ってきてくれた。
 四国宇和島のいのうえ“じゃこてん”と子規の友俳菓
“六時のタルト”、いずれもめずらしい食べ物 ありがとう。
「“じゃこてん”は生ものやから はよ食べや」とのことで、
早速夕食に・・・「いやー 美味しかった。」『ご馳走様』

 彼は先週土曜日に、松山に行き 翌日息子さんと“石鎚山”
に登り、午後3時過ぎに頂上から小生に携帯で電話。
「今 どこにいると思う? へへへ・・・」、「うそー」と小生。
(石鎚山は四国で一番高い山、約1,900m 中腹に“役行者”
が建てたお寺があったとのこと。延々と階段のような山道で、
鎖につたって直登する所もあり、結構しんどかったとのこと)

 「2,3日したら筋肉痛でてくるで」、「大丈夫! 出発前に
二回 私市のクロンド池まで登って トレーニングしといた」
とのこと。 ・・・「よー やるわ!」 

じゃこてんblog01
じゃこてんblog02
『銘木百選』
 お盆休みは無事終わり。昨夜16日 送り火を・・・。
 今朝 ちゃんとお墓に戻らはったかどうか、お墓へ確認に。

 昨日から 甥が来てくれて、彼の父親と加賀市の山中温泉
菅谷町にある“工房 千樹”へ行き、いろいろ原木から作製
工程など説明を聞き、作品を見せてもらったとのこと。

 小生も木彫をしているので、興味があるだろうとのことで、
撮影した写真を見せてもらった。その中の一枚を見て、
「なるほど銘木百選の漢字、おすし屋さんのコップみたいやね」
彼に頼んだ「この写真頂戴」・・・と。
 この解説を知りたいので、“佐竹康宏”で検索するとあった。

 ところで 佐竹康宏氏の肩書きは“木地師”とあり、伝統木製
工芸品を作る人をいうのか、木の目利きができる資格を持って
いる人のことをいうのか?

 とにかく興味ある方は、下のアドレスでどうぞ。

http://www.koubou-senju.com/index.html

銘木百選blog01
『お盆休み』
 昨日は枚方、川西と仏さんのお参りの一日。
 今朝七時半から我が家でお坊さんが来られ 約15分の読経。
大変忙しそう。向かいのお家にも坊さんの単車が・・・。
お供え頂戴しました皆様、ありがとうございました。
 
 ところで1週間前 思いもしない 大阪医大の名誉教授
“勝 健一先生”からメールが入った。
 実は、平成15年2月1日 高槻現代劇場で健康づくり
推進協議会主催の講演“お釈迦さまの時代から続く健康の
お話し”の講演をされ、そのレジメの一部を小生のHPに
引用させていただいたことがあり、それを偶然検索された
のか、メールがはいった。
 ご本人からお叱りを受けるのかと思いきや、それどころか
ご自身の著書(内視鏡医のたわごと:金芳堂)の紹介や
講演の録画DVDを三巻もご提供いただくやら大変お世話
になってしまった。
 中でも驚いたのが、お釈迦さまの教えの仏教書の中に
当時の外科手術、全身麻酔法などのことから高齢者の
健康や食生活のあり方や注意まで説かれている。
(先生曰く 紀元前400年前と現代医学とどこが違うねん?)
 お釈迦さまといえば、あの今はなき“西村公朝先生”
とも親しくお話しなさったとか。
 また、東京医科歯科で寄生虫のお勉強もされたという
ことで、あの“回虫博士 藤田紘一郎先生”もお知り合い
なのでしょうか?藤田先生の講演を聴いたことがあります。
 さらに、先生は“四季彩彩さん”のお父様に大変お世話
になり、四季彩彩さんの後輩になりますともおっしゃってました。
 
 まあとにかく 大変ご高名な先生からメールと沢山の
資料を頂戴し大変恐縮いたしております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
とても有意義な『お盆休み』となりました。

内視鏡医のたわごと
内視鏡医のたわごと
『限定販売』
 東京の友達からお土産をもらったと“グリコのプリッツ”
なんで江戸むらさきの“のり平さん”が?

 東京(ご当地)限定販売!
 もしかして江戸むらさき味か?
 食べてみると うん あっさりしていて、薄味で
美味しい。

 小箱の表は広重さんの代表的なポイントの版画、
裏には、日本橋から京都まで東海道五十三次の
地名を示している。箱を見ているだけで時間つぶし
ができる。

 大阪だったら たこ焼き味か?

江戸むらさきblog01
『ゲリラ豪雨』
 昨日の『ゲリラ豪雨』 我が家の勝手口の戸を開けると
道が川になっている証拠写真。

 行き先の施設で落雷があったとの通報。「あら大変!」
と今日の午前中、パソコン、機器類が作動するか確認に。
館内の時計が全て 6時25分でストップ。このときに落雷が
あった証拠。

 ニュースでは高槻で二箇所落雷し、それも市役所と行き
先の施設、市役所では落下したところで火柱を目撃した人
がいたそうな。もちろん消防車が出動したとのこと。
市内で潅水したところは40箇所とあった。場所によっては
床下浸水のところも・・・。

 芥川の水位が基準より上がり、新幹線がしばらくストップ
したとTVニュース。もちろんJR、阪急も・・・。京阪もパニック
状態だったらしい。
 今日も天候が悪くなる予報があったが、現在のところ
その気配なし。しかし甲子園では高校野球が一時試合
中断したとのこと。沖縄でも大変だったらしい。
台風はないが各地で『ゲリラ豪雨』
皆様 お気をつけあそばせ!

2008.8.6ゲリラ豪雨blog01
『運命か』
 昨日 家内が「夜のウオーキングー しよう」とお誘いが、
「えーよ」といって わざわざ雨の中を・・・。
 藤の里町に最近“フランス料理のレストラン(シェフは女性)”
を探しに行くのが魂胆だった。

 途中 しっかり雨が降り出し、右の靴の中がジュクジュク
と まもなく左の方も、目的を果たせず1時間足らずの散歩、
帰ってみればジーパンの膝から下がズクズク、2年間はいた
安い靴、雨の日は水溜りを避けて歩いていた。

 今朝は嘘のように 晴れ晴れ 靴を乾かすのにもってこい!
午後3時過ぎから にわかにゴロゴロ・・・ピカー・・・ゴロゴロ。
夕立かと思いきや、落雷を思わせる雷鳴とバケツをひっくり
かえしたような雨(It is rainning cats and dogs) 。
「あっ しまった 靴 靴 靴が!」
あんのじょう 靴の中に雨水が溜まっていた。

 玄関の扉を開けると 前の道が川のようだった。もう少しで
靴脱ぎ場まで潅水か? というところで引き出した。
 それにしても この靴これまでの『運命か』かと思っている
ときに、家内が「もう ほり ほり」(明日なにはいていこう?)

 一番【濡れた靴 はいてた 男の子 
      偉人さんに連れられて いっちゃった
        横浜の波止場から 船に乗って
          偉人さんに連れられて いっちゃった】・・・
 二番【臭い靴 はいてた・・・】というところで家内にしかられた
のでこれにて。 「二年間 お世話になりました」

靴blog01
『めずらしいお菓子』
 今日 ご近所さん から 「枚方 行ってきましてん」
「甘いもんで すんませんけど・・・」、「どうもありがとう
ございました」 といいながら 枚方といえば“くらわんか餅”
かなと脳裏をよぎった。

 夕食後、ビニール袋から出すと “御菓子司 十九堂”
包装紙をとると“磯餅”とあった。
 また、「磯餅は昆布の風味と磯の香りが持ち味です。
新鮮なおいしさがそこなわれないうちに お早くお召し
上がり下さい」とプリントされていた。

 沢山の細かい“とろろ昆布に包まれた餅”、贅沢に
敷き詰められた昆布・・・不思議な餅である(写真)。

 食べてみると 確かに 美味しいとろろ昆布、磯の
香りの中に、これまた上品な甘さの餅。
 母親は、「うーん 美味しい」 枚方の中宮にこんな
御菓子があるのん 知らんかった・・・。」
 家内は「昆布を剥ぎ取り 別々に食べても美味しい!」

 老舗っぽい感じがするが 有名な御菓子かな。これは話の
種として、親しい人のおみやげにいいと思った。

 枚方は歴史的に 大阪、京都、奈良の旧街道の分技点。
また、淀川を水路(琵琶湖→京都→枚方→大阪湾)として・・・。
万葉の時代から、交野の桜、磐舟神社、天の川にまつわる
神社、三十石船史跡の停泊場などなど・・・。 
史跡スポットが沢山ある。
 
 食文化も 商人たちが旧街道や水路を通じて 枚方経由で
いろんなものを置いていったのでは・・・。
例えば、北海道産の昆布が日本海から敦賀あたりに
おろされ、京都や大阪に・・・。「関西はダシは昆布や!」

磯餅blog01
『衝動買い』
 昨日 真昼間に用事で“阪急駅”の近辺へ。

 用を済ました帰り道、 “ふれ愛たかつき” の店頭に目が。

 可愛い、暖かみのある木工製品、“どうぶつパズル”
1,200円(どうぶつのなまえはなーに?)

 裏面を見ると【この製品は、就学前を対象に、動物の名前
や形を学ぶ知育玩具として作製された】とあった。
製造元は 北海道の旭川美景園とあった。
 後輩に赤ちゃんが誕生し、まだ0歳であり、ちょっと早いが
種類の違ったのをあわせてプレゼントしようと『衝動買い』。

 そういえばこの夏休み“旭山動物園”に行く人が多いであろう。
今年の夏休みの過ごし方のNo1は海外旅行ではなく、国内
旅行とあった。北京でオリンピックがあるというのに・・・(?)。

動物パズルblog01
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.