興味津々
日記です。
『ビスケットの日』
 2月28日は『ビスケットの日』やて・・・。と家内
 「なんでや」とネットを・・・。

 『ビスケット』とはラテン語で“bis coctus(ビス・コクトウス)”
といって、意味は 二度 焼かれたもの という意味らしい。
“二度 焼かれたもの ”から“2と8”と思いきや。

 2月28日の訳は、オランダ医学を学んでいた“柴田方庵”
という人が留学のため長崎にいたころ、外国人だけが食べて
いたお菓子が『ビスケット』といって、これは保存食にもなると
考え、その作り方をオランダ人から教えてもらって、そのレシピ
を手紙に書き、安政2年(1855年)2月28日に、水戸藩に宛て
て送った歴史的事実があるため。・・・とのことであった。
水戸の黄門様はそれを食べたんやろか?(時代のずれが
わからないけど)

 年甲斐もなく小生は ギンビスの“たべっ子 どうぶつ”
(塩味のビスケット)が好きで、今でも時々食べる。
 箱の裏には“英語でどうぶつは?”のところでとても勉強
になる。

ギンビスblog01
スポンサーサイト
『チーズ鍋』
 寒い日が続きます。

 過日あるTV料理番組の『チーズ鍋』を見て、食べてみたい
と思い、昨日の夕食 小生のリクエストで『チーズ鍋』

 『キムチ鍋』にチーズをのせたもので美味しかったし、体が
温まった。キムチの辛さがまろやかになったような、もちろん
スープは飲める。ご飯にぶっ掛けても“OK牧場”

 上の写真は チーズを入れる前

 下の写真は チーズを入れて、チーズが溶けるまで蓋をし、
溶けたので蓋をはずしたところ

チーズ鍋blog01

チーズ鍋blog02
『堂島ロール』
 昨日は忙しい一日であった。 
 午前中は、雪の積もった車でアッシー君。
 午後から 友人の奥様の写真展を見に、場所は西梅田から
地下鉄 肥後橋駅で下車 “フェスティバル ホール”内の
フジフィルムの展示場で、どれも素晴らしいアングルと
コントラスト。望遠レンズの使い分けがすばらしい。
厳しい自然とそこに生きる人々の表情、生活などが伝わる。
デジカメではなく フィルムカメラで こだわりの作品・・・。

 そこから梅田に向かって“渡辺橋”を渡った左側に『堂島ロール』
で有名な“パティシェリー モンシュシュ”という名の店。
 入り口から100mほど 橋の中央付近まで順番待ち。
 家内も並んだ。中央の写真のどこかにいる。
 約40分待ち、吹きさらし、とにかく寒い。いや冷たい。
 小生は先ほどの展示会場へ戻り、避難しながらメール待ち。

 お袋の冷蔵庫を掃除しに帰郷している千葉のTちゃん、
広島のNちゃんとお袋・・・計6人で外食。

 8時過ぎ 帰り道に単独行動。実は“オンチューン”からメール
が入っていて、「第4日曜日は午後10時まで 初心者でも意気
込みあるかたどうぞ」ということで1時間ほど寄り道。ドサクサに
まぎれて1曲だけ歌って、 準備ができたとのメールが入った
ので「バイバイ」。

 ただいまといったところで みんなでコタツに蛸足配線、足の
本数は12本だった。途中娘が帰って14本になったが。
 生豆から炒った焙煎コーヒーを飲みながら『堂島ロール』を
いただいた。生クリームがおいしい。
 ペチャクチャ喋っていたら、お袋が船を漕ぎ出した。
「わっ 11時過ぎてるわ」、「あっ ほんまもう寝るか?」

 昨日は本当に忙しい一日でした。○(まる) 
堂島ロールblog01

堂島ロールblog02

2008.2.24オンチューンblog01

『おめでとうございます』
 今日 誕生日のお友達 『おめでとうございます』
 
 午前中から 亡き親友のお嬢さんの結婚式に出席。
場所は 大阪万博公園内の“迎賓館”で、南に面する
庭には“紅梅”が満開、白梅5分咲きぐらい。
 今日のよき日にぴったり。

 ロビーから、ガラスを通して一面にお庭を見ることができる。
天候は少し怪しかったが、お昼前から晴れてきた。

 お式は チャペルで・・・。 変わった造り(中は写真撮影は禁止)

 披露宴でのアトラクションの一つに アフリカの民族音楽で
世界中に活動している夫婦の楽器演奏者(木琴の大きいもの、
後に太鼓のようなものも・・・名前は覚えられなかった)

 今時の若い人は、いろんな思考をこらし、サービス満点の
おもてなしをしていただける。つまり新郎・新婦の紹介は大型
スクリーンを用いて、アルバムや動画を上手に編集し、これまでの
成長ぶりやいきさつがよくわかる。

 『本日は誠におめでとうございます。末永くお幸せに・・・。』
 
万博公園迎賓館blog01

アフリカ民族音楽blog01
『折り紙』
 今日 8歳の可愛い、おしゃまな、おしゃべりな、左のほっぺを
机の角でうって青アザをつくった女の子からプレゼントを・・・。

 「折り紙つくたっげる」、「わー うれし」、「ほたて つくったげる」
「えー そんなん折り紙で?」 折り紙の定番といえば“だまし舟”、
“やっこさん”、“折鶴”なのに “ほたて貝”・・・今風なのか?

 「次はかえるつくったげる」、「えっ かえる?」、「うん おたま
じゃくしもげきるで」、「うわー ほんま かえるやー」、「この
かえる ピョンピョンとぶで やったろか」と床において、かえるの
お尻を指で軽くおさえると ピョンと またピョンと 「なるほど
かえるや」・・・。 「ありがとう」
 この二つの色合いは、ひな祭りの色合いである。

 お話変わって、2週間前につぼみの状態で買った“ヒヤシンス”、
水のやりすぎか、今にもこけかけ・・・身の程知らず!
これ見て“ヒヤット シンス” おあとがよろしいようで。

折り紙blog01

2008.2.22ヒヤシンスblog01
『共感』
 読売新聞の広告版に 養老孟司著の“養老訓”が紹介
されていた。(上機嫌に生きる道しるべ。)
たちまち10万部突破! 新潮社 とあった。

 多分 目次だと思うが、『共感』することばっかり。
一、「自分のために生き」ない
一、スパッと決めるのは危ない
一、細かいことを気にする
一、若い人を気味悪がらない
一、贈るなら要らないものを
一、夫婦は向かい合わないほうがいい
一、柔らかい地面を歩いてみる
一、プッツンと逝く
一、余命を信じない
一、仕方がないで片付けよう
一、人生は点線である

 同じ逝くなら ニコニコしながら逝きたい

養老訓
養老訓
『写真展』
 先日 “ブータンの人々”をテーマにした写真展の案内
をした。日にちがまだあるので もう一度お知らせ(下の案内状)。
 
 友人の奥様で、“写真展”は2回目、前回もブータンの人々の
いろんな表情をとらえていた。
 その一枚を紹介したいのだが、ナショナルジオグラフィックに
何度も出展され、入賞作品としてあるので、著作権の問題で
下記のアドレスでご覧いただきたい。

http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/digicam/gallery/200407/
200407_03.shtml

 つまりナショナルジオグラフィック【日本版】
 デジカメ・フォトギャラリー 第8回デジカメ作品展
 カテゴリー3【人物】
 ブータンのワンデュボタンという所での お祭りでの小坊さん
 その下にご主人のネパール カトマンズでの写真もある。

 上の写真は奥様から頂いた チベットの砂漠の写真
デスクトップの壁紙に使わせていただいています。

 お時間おありの方はどうぞ『写真展』へ お越しやす。

チベット祥子ちゃんblog01

祥子個展blog03
『おつうさん』
 2月11日が建国記念日 とは根拠がないとどこかでもめて
いる。
 おかげで連休 昨日は叔父の27回忌で法事。
あとは寒くて 彫刻でもと思い引きこもり 思いのほか進んだ。
 午後から 3人で コーヒーを飲みに(小生はエスプレッソ
のS を注文したが、でてきたのはアメリカンエスプレッソが
マグカップにたっぷり。半分残してでた。
 帰宅途中 「宮本むなし」という看板が目に付いた。
以前から知り、2回ほど入ったが 今日はグッド タイミング。
 というのは 月刊誌ウイル2月号の中の写真に三船敏郎の
「宮本武蔵」の衣装で紹介されていた。
 その右に 「おつうさん」を演じた 八千草薫さん。
小百合ちゃんの前は薫ちゃんが好きだった。
こういうのを“材木屋”というらしい。材木屋は、木が多い→
気が多い というわけ。 とにかく blogで『おつうさん』を
紹介したかった。

みやもとむなし

八千草薫blog02
『雪やコンコン』
 2月9日は“肉の日” いや“雪の日” 午後9時過ぎから

 無風で ほぼ垂直に 初め『チラチラ』から『フワフワ』
次いで『シンシン』、そして『コンコン』 まだ降り止まぬ。
 午後から『ドンドン』、4時過ぎには『ボタボタ』・・・。

 上の写真は午前中 「千葉のTちゃん、広島のNちゃん
よく見てね!」、「懐かしいやろ こどものころ」(まんまです。)

 下の写真は3時過ぎに 車に積もった雪をおろし、「今日は
鍋やな」とアッシー君 行き先のスーパーのこどもの遊び場所で
たった二組 4人で雪遊び・・・。きょうだいらしい1組が雪合戦。
タイヤでできた“シャーベット ロードをジュルジュル”と。

 雪がつもると映画“忠臣蔵の赤垣源蔵徳利の別れ”の
ワンシーンを思い出す。

 ところで夕方 友人が「めずらしい物が手に入った」と雪ふる
中 “ウコッケイの卵”をもってきてくれた(ありがとう)。
ところでどのようにして食べたらいいのか聞くのを忘れた。
 
 生卵として?、玉子焼き風に?、茶碗蒸し風に?
普通の卵と同じようにいただいたらいいのかな?
「特別な美味しい食べ方があったら どなたか教えてください」

2008.2.9雪blog01

2008.2.9雪blog02
『川柳』
 第一生命の『サラリーマン川柳』の大ファン
 今年も100選 勢ぞろい (下のアドレスをどうぞ!)
 小生の選んだ10傑・・・
 「4.温暖化 おなかの肉は 段々化」
 「10.好きですと アドレス間違え 母さんに」
 「11.赤字だぞ あんたが辞めれば すぐ黒字」
 「13.安い値の ガソリン探し 遠出する」
 「19.貼り替えは 昔障子で 今、日付」
 「21.エコバック 集まりすぎて ムダバック」
 「29.レントゲン 今年の思い出 これ一枚」
 「41.灯油高 家族団欒 ひと部屋で」
 「62.鬼は外 鬼が豆まき オレは外」
 「82.チルドレン 選挙のたびに 親かわる」

http://event.dai-ichi-life.co.jp/senryu/2008_best100.html

 お友達からのメール情報で、靴下最大手の岡本
『足クサ川柳』とやら 朝日新聞にでてたよ・・・と。
早速検索 興味ある方は下記のアドレスを。

http://ashikusa.jp/senryu/

 「父帰り 空気清浄 赤ランプ」
 「パパくちゃい 心に刺さる その響き」
 「すそ上げ中 口で息する 店員さん」
 「彼の家 寄ってはいけない ブーツの日」
などなど なんか匂ってきそうなので このへんで。
『鬼は外、福は内』
 2月3日 節分の日 早朝は雪、その後雨 とても寒い一日 

 “南南東”の方角に向いて無言で“海苔巻きをまるかじり”
静かに1人で豆まき(家内は昨日から寝たきり)。

 ところで仏像教室で一通のメール“神の手”と称する雲の
写真。ほんまかいな?といいながら友人から小生の携帯に。
舞台は沖縄の空とのこと、たぶんCG処理されたものと・・・。

 七人に添付送信するとその人に幸せが来るとのこと。
そういえば 昔友人同士で“幸福のはがき”があった。
メールの場合は“チェーン メール”というらしい。

神の手blog01
『お楽しみ』
 昨日 一枚の案内状。

 予めご主人から聞いていたが 奥様の二回目の“写真展” 
ブータンでのいろんな人の表情・・・素朴で、人情味豊か。

 楽しみにしています。

祥子個展blog02

祥子個展blog03
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.