興味津々
日記です。
『赤いみかん』
 今年の仕事は今日の午前中で THE END!
 30、31日と大掃除と言い聞かせ、午後から骨休め。

 ところで昨日 午後9時過ぎにフルーツが食べたくなって
スーパーへ、目に付いたのが赤い色をしたみかん 香川産
の“小原紅早生”と表示されていた。
その横に全く同じ値段(499円)で、同じ大きさ、数で和歌山
産のものがあった。食べ比べしようと両方買った(写真)。

 答えは“小原紅早生”の方が甘く味が濃厚であった。赤い、
薄い皮をむくと中袋は普通のみかん色・・・不思議な思い。
一体どういう品種の改良なのか? 遺伝子操作なのか?

 柑橘類はよほど甘くないと食べない。酸っぱいみかんは
にがて。年末から正月にかけて出荷される“冬みかん”
しか食べない。

 皮が薄い方が甘い。指で挟んでやわらかい方が甘い。
皮をむく前にもみもみすると甘くなる・・・(?)
食べ過ぎると皮膚が黄色くなる・・・(?)
というが本当か?

スポンサーサイト
『スペクトル』
 “自閉症スペクトル”の専門用語に悩んでいる。
 ラテン語のspectrumでは(幻影)とあり。
 辞書には①分光器を通して光を分解し、波長の順に
配列したもの。その形状によって、“連続スペクトル”、
“線スペクトル”、“帯スペクトル”に分けるとある。

 LORNA WINGの“THE AUTISTIC SPECTRUM”の
訳本(自閉症スペクトル)では『スペクトル』を“連続体”
と訳している。

 1970~1980年代にカナー型自閉症は自閉性障害
というより広いスペクトルの一部分であるとする考えが
検討され, その病態は一つの『スペクトル』となっていて、
それは“精神病”でなく発達の障害とする見解が採られた。
 また、1994年DSMの分類で自閉性障害を含めいろ
んな発達障害を総称して“広汎性発達障害(pervasive
developmental disorders)”という用語が使われて
いるが、イギリスでは殆どの親がこの用語を嫌い、
また混乱を招くので、親には“自閉性スペクトル障害
(autistic spectrum disorders)”という用語の方が
好まれる。・・・とあった。

 これは国民性による微妙なニュアンスや表現の違い
か、小生にはまだ理解ができなくて困惑している。
もしかして、知的障害を伴わない自閉症を意味するのか?
“高機能自閉症”にあたるものなのか?

自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブック
自閉症スペクトル―親と専門家のためのガイドブック
『クリスマス カード』
 4.5日前にチューリッヒから『クリスマス カード』が届いた。

 毎年 手作りのカードで、彼女の絵画の作品を写真にして
貼り付けて、母親と小生にメッセージを・・・。

 確かもう80歳前では? 今も画き続けているのか?
頭がさがる。

 今年は、“孔雀”  すばらしい作品なので紹介した。

 タカちゃん、ノリちゃん、順ちゃんの奥さんにも見ていただ
きたい。Ms SHOの作品です。

『錦天満宮』
 今日は快晴、早朝より雑用チョロット、年賀状の宛名印刷
約400枚・・・。

 午後2時から また“錦市場”へ 昼食は市場内で“塩鳥うどん”、
出汁はまあまあ、うどんがもう一つコシがなかった。
うどんは大阪!

 つきあたりが、“新京極”の『錦天満宮』 最近益々ボケてきた
ので、これ以上ボケないようにお参り。
 鳥居から本殿まで10mもない 狭い境内 周りを見渡すと、
ライティングのせいかいろんなものが目に付いた。小さいもの
から大きいものまで4箇所におみくじロボット、おみくじは和文
と英文(A Written Oracle)があった。
 清めの水の説明と作法のマニュアルも面白い。アニメが
違和感あり。
 本殿のコーナーには水槽があり、中に錦鯉が・・・なるほど。

 錦市場はちょっと飽きたから 次は“黒門市場”へいこう。


『正月準備』
 22日 一日中雨 どこのスパーでも店頭には正月の準備。
お飾り、御節料理の見本がずらり・・・。

 我が家では毎年近所のおじさんが大きな“葉牡丹”をもって
きて、準備した鉢に植えつけてくれる。去年つまり今年の分は
一つの鉢に紅白を・・・。今年は、3日前に二つの鉢に別々に
立派な“葉牡丹”を植えていただいた。

 そして彼は、「今回はこれで行きましょう」と石畳の両脇に
おいてくれた。ちょっとした正月気分。

 写真は、その“紅白の葉牡丹”の間で“不如帰”が満開。

 毎年春までほったらかすので、来年もそのころ1mを越す
“菜の花”状態になるだろう・・・。

『窓際』
 晩秋から春まで“繻子欄”の鉢を全部屋内にとりいれる。
 冬場は新芽が出ず、その代わり根が育っているのかも・・・。
 霜が降りる頃、茎が凍てついて失敗した事があった。

 ここ数日、午前中は晴天、午後からどんより、ともすると時雨る。
今日何気なく、最も『窓際』にある“繻子欄”の先っちょを見ると
ふっくらと先端がなんとなく白い。「もしかして蕾か?」
「春ではなく こんな時期に」・・・。「確かに蕾だった。楽しみ!」
冬の『窓際』は植物、いや生物にとてもいいのだろう。
これから小生も極力『窓際』によって本でも読もうか? と思った。

 今日 北摂地域は“大霜”で、週末は天候が崩れるよー 
と気象予報士がいっていた。じゃ連休は雨か?
年賀状の宛名印刷でもするか? 母親の分も・・・。

『ネパールの湯』
 11月上旬 ネパールから帰った“順ちゃん”からのおみやげ、
民族の儀式用の木製のお面、白とピンクの岩塩、そして
“ルビー ソルト”などたくさんありがとう。さぞかし重かっただろう。

 彼の説明では、“ルビー ソルト”は、食用ではなく、砕いて
お風呂に入れると『温泉気分』になれ、体があったまるで・・・
ということであった。確かにそのまま匂ってみると“硫黄”の匂い
がする。一回使用したが、確かに気持ちがよかった。

 家内が「上手に砕けへん」(飛び散って) ということで小生の
出番。細い金槌の背で塊の端々をかするように叩くと、ポロポロ
こぼれるように割れて、その断面は結晶構造をしており、ちょうど
雲母のような光沢で、暗赤色(ルビー色)、そして硫黄の匂い。

 そのかけらを乳鉢に入れ、乳棒で粉にし、大さじ一杯分が一回
の使用量とのこと。今晩は寝る前に『ルビー湯』に入ります。
「いいだろう!」。題して『ネパールの湯』


『どうする気』
 13日 時々雨 紅葉も終わりか? 冬独特のどんよりした
気候が続き、一雨ごとに確実に寒くなっていく。

 今日 郡家というところに行き、大きく育ったが、なにか困って
いるというか? 悲しんでいるような木が目に付いた。それは
高圧線と電線にがんじがらめで、どこかが振れそうになると
伐採されるのではないか。
 なにか変な磁場が発生し、生態系がおかしくなっているの
では。 この木『どうなる木』、いや『どうする気』。

 お話変わって、清水寺の管長さんが書く、今年を象徴する
漢字一文字は“偽”(ぎ、いつわり、にせ)であった。食品偽装、
年金問題、防衛省の汚職、TV番組の捏造などなどの理由か?
 小生は11月の時点で、てっきり“責”(政治責任、個人責任
など)だと思っていた。
 これは毎年、漢字検定協会が公募し、得票数の多い漢字を
採用し、清水寺の管長さんが書くのだそうだ。

 またこれは、そんなに歴史はなく、1995年“震”(阪神・淡路
大震災)から始まり、1996年“食”、1997年“倒”、1998年“毒”、
1999年“末”、2000年“金”、2001年“戦”、2002年“帰”、
2003年“虎”、2004年“災”、2005年“愛”、2006年“命”、
そして2007年“偽”となった。
 来年はもっと明るい漢字(感じ)になって欲しい。


『植樹』
 9日 日曜日 レモンの木を買いに・・・。“コーナン”にはなく
“ホームセンター”にあった。葉っぱは枯れかけ、虫食いだらけ、
約1m 長いこと売れんかった感じ。
 翌日 晴天 午前中に以前“つきのき学園の作品展示即売会”
で購入した鉢に植えた(助手として)。

 家内が友人との食事会で“レモン”が話題となった。
「今年は沢山できたわ」、「鉢植えでもできるよ」、「どういうふう
にするのん?」、「下に腐葉土か落ち葉をしいたらえーねん」、
「南の日あたりのいいとこで」、「やってみよーかな」と帰宅。

 「実のなる木はいいね、しかも食べられるし・・・」すぐにもでき
そうな勢い。“桃栗3年 柿8年”・・・“レモンは何年?”
 雀のお宿の・・・・バーさんのごとし。

 “レモン”といえば“ピーター ポール アンド マリーのレモン
 ツリー”や、“レモンのキッス”・・・どんなメロディーだったか?


『インスタント ラーメン』
 先週の日曜日 ヨネちゃんが舞鶴の自衛隊基地内の売店か
その付近で手に入れたラーメンを今日食べた。

 地域限定と思われ、珍しく、また蓋のプリントがど迫力
なので写真を写してから食べた。

 “うまさロックオン”自衛隊オリジナルラーメン 標的と
あった。ノンフライメンで熱湯4分・・・。
 製造は“エース コック” 味噌味で美味しかった。
「ヨネちゃん ご馳走様でした」

 食べ終わって 蓋の裏を見て またまた驚き。
 はがして洗ってスキャンし保存に・・・。

 今“ロボヴィス プレスリー”というサイト名でリンクしたので
どうぞ。

http://www.wowweealiveonline.com/elvis/watch.html



『ルミナリエin本町』
 今日 出先から6時過ぎに チャリンコで本町を通った時、
真っ暗な通りに一軒だけ“ルミナリエ”状態。

 よく見ると中央に“ミッキーとミニ”、それじゃ“エレクトり
カル パレード”か?

 いずれにしても 度派手なイルミネーション きっと可愛い
お子さんがいる家庭であろう。サンタさんもわかりやすくて
いいかも・・・。

 そういえば真上町では、数年前からある住宅街の通りが競い、
通り一面“ルミナリエ”状態。車で乗りつけ沢山の見物人まで
でて、あまりの迷惑で、とりやめになったとさ。

 今日から 神戸の“ルミナリエ”がスタート、阪神大震災から
12,3年か。震災時にお母さんのお腹の中にいた子供たちが、
“ルミナリエ”を背景にインタビュウを受けた後、合唱団に
加わり歌を歌っているのをTVで放映していた。


『あぶないよ!』
 日曜日に“つきのき学園”の作品展示即売会で買ったもので、
面白いのに紹介を忘れたのがこれ(写真)。

 陶器でできた小さな人形、きっと学園の誰かが作ったのだろ
うが、どれも味があり五つ買った。面白いのでお友達にも一つ
ずつ、一つがたったの10円だった。
 
 また利用方法が面白い。植木鉢の淵に引っ掛けるだけで、
鉢も植わっているものにも全体がユーモラスになる。

 ためしに造りかけの観音様のまわりにかけてみた。
いたずらっ子が三人、そんなとこ上ったら『あぶないよ!』
といわれているのでは・・・。

 そうそう「ヨネちゃん」またまたプレゼントを頂戴しまして
ありがとうございます。こんなんえーんかいなー?
「自衛隊のオリジナル インスタントラーメンと手ぬぐい」、
「非常・備蓄用 あったかラーメン」などなど・・・。
blogのねたになります。


『展示即売会』
 午前10時から西武百貨店で“つきのき学園”の『展示即売会』。
 着いた時には、友人夫婦が物色中・・・。毎年のお得意さん。

 陶芸品の掘り出し物を探すのが楽しみ。
 去年、買った顔の絵柄と同じ絵柄が見つかったので購入。
 去年の今時のblogに掲載したが、家族らしい“顔”がいい。

 昼食は、近くの福祉センターで“27回福祉展 ぬくもりと
元気を発信しようたかつきから世界へ”というテーマで祭典を
していたので、幾つかのテントで出し物をしていたので、焼き
そばを買って食した。

 実は11月28日が母親の誕生日(86歳らしい)、その日はなにか
バタバタしていて、正直忘れていたので、夕食はおくればせなが
ら誕生日としての食事とケーキをいただいた。

 ケーキを食べていると「ブーン ブーン」と大きなハエが飛び
込んできた。「あっ はえ」と悲鳴に近い家内の声と同時に、
はえたたきを探していた。小生はスピードは速く、なかなかたた
けるところに止まらないので、窓を開けてはえたたきを振り回し、
追い出したつもりでいた。
 しばらくして また家内の声、行ってみると流しにいた母親が
布巾で例の“はえ”を押しつぶしていた。宮本武蔵もびっくり。

 こんな幸せなひと時を過ごさせていただいた。

 がんばれ 星野ジャパン 韓国に3:2で1点のリード・・・。
 

copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.