興味津々
日記です。
『てんてん』
 今日 鹿石亭虫馬師匠から贈り物が届いた。

 それは彼のネタ「抜け雀」にちなんで、豊作を祝う縁起の良い
雀。日吉大社の授与品で知られる“福来雀”を図案化した日本
手拭・・・すばらしい。 
 過去に家内が歌舞伎絵、大津絵などの日本手拭を収集してい
るのを見たことがあり、それに追加するように小生も集めるよう
になった。

 去年は、ネコの姿をした“七福神”、そして今年は“福来雀”
さすが古典芸能の師匠、扇子(センス)が良い。

 【豊作の年は雀もまるまる、ふっくらと
  おなかいっぱいになった雀は福を運んでくる・・・】
                     などの解説付き

「へー “福来雀”って、訪問着や振袖の帯の結び方であるよー」
と家内

 そういえば先日の錦市場で、日本手拭の店で絵柄付きのガーゼ
ハンカチを家内が実家の母親にと買っていた。
 日本手拭にも文化がある。さすが京都。
 昔、こどもの頃 手拭の事を『てんてん』といっていたような
・・・。

 虫馬師匠 ありがとうございました。


スポンサーサイト
『渋皮煮』
 今日 5時のおやつは4日前に買った丹波栗の『渋皮煮』。

 甘さ控えめ、しかししっかりしみ込んだ上品な味。

 サイズは3Lで膨張して直径5Cmに・・・(写真)
「ごちそうさん」

 今日も“お月さん”はまん丸 上空は風が強いのか薄雲が
“お月さん”を横切って西へ急いで流れている。
 “お月さん”は「陰」、「冷たい光」、「ルナティック」
などの形容があるが、しかし やっぱりロマンチックですね。
月の写真は望遠レンズがないとだめでしょうね・・・。
室内より外の方が気もちがいい。


『振り替え休日』
 今日は24日、23日秋分の日の『振り替え休日』。

 曇りであるが、せっかくなのでどこかへ行こうということで、
「飛行機 見に行こうか・・・? 伊丹へ・・・」

 南茨木からモノレールで20分ほど、途中で雨が窓に横殴り・・・。

 JALのロビーから展望台へ(雨で写真もさっぱり)
皮肉にも、3階の喫煙室から 雨にぬれずに旅客機の発着が
見れた。

 2階のJALからANAのみやげ売り場からレストラン街を見て
歩き、途中おもしろい階段が・・・(写真)
「ヨネちゃん こんなところにも“フクロウ”が・・・」

 御堂筋の地下鉄(難波)の階段には確か、“頭痛、歯痛、
生理痛にセデス”のステッカーが全ステップに貼られている。
それと比べると随分おしゃれだなぁーと思った。



『黒豆コーヒー』
 昨日の“錦市場”での『石臼』に次いで『黒豆コーヒー』(写真)。

 コーヒーにも水ではなく“黒豆茶”が出てきた。

 まず、砂糖もフレッシュも入れずに、二口三口(濃いわりに
苦くない)。でもコーヒーの味として感じられない。しかし、
砂糖とフレッシュを入れるとなんとマイルドなコーヒーとなった。

 “くすのきさん”から「なんというお店?」とのご質問にお答え
します。

 前説は、京の丹波ぶどう黒豆 新丹波黒 創業文久二年
「北尾」 (北尾商事株式会社 フリーダイヤル 0120-877-600)

 文久二年といえば西暦1862年
  2月13日:坂下門事件
  5月21日:寺田屋事件
  7月12日:アメリカ合衆国で名誉勲章が制定
  9月14日:生麦事件
  9月22日:リンカーンが奴隷解放宣言
      ・・・などなどの年であった。


『石臼』
 今日 午後から京都の“錦市場”へ。

 二年ぶりに家内が、丹波栗の“渋皮煮”を作るのに、2Lサイズ
以上 1Kg を仕入れに行った。

 ちょうどいいのを見つけ、ついでに“ちりめん山椒”、
“赤蒟蒻”、“ホシイモ”などを買って、甘いもの屋さんでお茶。

 靴を脱いで二階へトントンと・・・7つほど机があり、全てに
『石臼』が置いてあった。
家内は“みつ豆とわらび餅のセット”、小生は“黒豆コーヒー”

 つまり黒豆の“きな粉製造機”であった(写真)。

 お姉さんが注文したものをテーブルに置きながら、「ご自分で
“お豆”をすられますか?」、「黒豆を三つずつ穴に落とし、
臼を回転し、はけで集めてこしきに入れてください」・・・と。
 
 そのきな粉をかけたわらび餅 美味かった。
 黒豆コーヒーは、濃い味がして コーヒーとはいい難かった。
でもまずくはない。身体に良いということで・・・



『オッパッピー!』
 昨日は“お彼岸入り”「暑さ寒さも彼岸まで・・・」
「でも そんなの関係ない!」、「そんなの関係ない!」
「そんなの関係ない!」・・・『オッパッピー!』
というぐらい 大阪はまだまだ暑い。

 “彼岸花”はもう咲いてるんやろか? もう少し涼しくなる
のを待っているのか?
 四季彩彩さんちの彼岸花はどうなのか? 
 そういえば“萩”が満開のようだ。

 今、我が家で色づいているのは、かろうじて、また貧弱では
あるが“紫式部”(写真)

 多分 母親が挿し木から育てたものと思われる。
どこからともなく ひょろひょろした木があちこちに、みんな
大きくなったらどうするのんという感じ・・・
「でも そんなの関係ない!」、「そんなの関係ない!」
「そんなの関係ない!」・・・『オッパッピー!』と母親が決める
とおもしろかろうね。


『ワッハ上方』
 今日15日は“旧敬老の日” 社会福祉地区委員会から母親に
“お赤飯”。

 4時から『ワッハ上方演芸ホール』(6時開演)出発。
勝手口を開けると面白い形をした“雲”(まだ夏の雲か?)。
思わず写真を。「なんの形に見えるかな?」

 大入り満員、通路に補助席を前列から最後列まで追加・・・。
 お友達(鹿石亭 虫馬さん)の演目は“抜け雀”で大変面白かっ
た、というか上手かった(写真)。

 その他三名、全員がプロで通用する。「ご招待ありがとう」



『秀辺留豆』
 一昨日 JR高槻駅周辺を歩いていたら、気になる喫茶店の
看板をみつけた。

 『秀辺留豆』と書かれていた。 わかるまで10秒はかかっ
たか? 『シューベルト』であった。よく見ると右にフリ
ガナが・・・
 『シューベルト』を聴きながら“コーヒー”が飲めるのか?
時間がなかったので、後日のお楽しみ・・・。

 そして今日(13日)、家内はコロンビア、小生はイタリア
コーヒー・・・もちろんサイホンで・・・美味しかった。

 二組の客はいずれも年配風、BGMは『シューベルト』か
なんだかわからないが“オペラ風”。

 三段の棚いっぱいにCDが、奥の棚にはLP盤がぎっしりと、
これ全部『シューベルト』ですか? と尋ねると「いやいろ
いろです」。
 本格的なレコードやCDなどのデッキが3台、大きなスピ
ーカーがところ狭しと・・・2台。
 正式名はわからないが大型トランペットと変な管楽器
“チューバ”(120万円ぐらい・・・と)が壁にかけられていた。
 マスターはどこかのオーケストラの一員だったらしい。

 雰囲気はある。お好きな方はどーぞ・・・。


『謝々迩』
 昨日 中国の友人から礼物(お土産)を頂いた。『謝々迩』
(ありがとうございました)。

 写真のストラップ。“第二十九届奥林匹克??会(??会:
中国漢字出せず)”のマスコット 愛称“Beibei”福娃只只。

 つまり「第二十九回北京オリンピック準備委員会or実行委員
会?」のマスコット 愛称“ベイベイ” 幸福をよぶ可愛い子
といったところか?

 携帯電話につけてくださいとのことで、つけさせていただき
ました。    『謝々迩』   『再見』?、『再会』?
 

『宮崎弁クイズ』
 昨日(8日)、ファミリーマートで “うめっちゃ 日向夏 
キャンディー”と“そのまんま ゆず飴”を購入(写真)。

 前者は20粒ほど入りで130円ほど、後者は9粒入りで220円
ほどで、随分高価な飴である。

 てっきり宮崎県が製造元と思いきや、前者は東京千代田区
のライオン株式会社、後者は和歌山県海南市の有限会社 
うめ工房なんかだまされた気分・・・。

 ところで“日向夏 キャンディー”の一粒ずつの包装に宮崎
弁が、クイズとして印字され、袋の接着部の裏側に回答が書か
れている。
 宮崎弁といえば「どげんかせんといかん」は宮崎県知事の
言葉として聴きなれているが、その他はチンプンカンプンわか
らない。

 そのいくつかを紹介・・・。
 「あちもあち!」(とても暑い!)、「ひんだれた~」(つか
れた~)、「きっくいやんせ宮崎」(どうぞ宮崎にきてください)
「てげてげではいかん」(適当ではだめだ)・・・などなど。

 男爵様 コメントありがとうございました。高田の電子手帳に
は、各地の方言は組み込まれているのでしょうか。諸辞典何冊分
はいっているのでしょうか? クラッシックのメロディーやその
他の音声入りとは驚きました。
 耳にあてながらニャッとされているお顔が思い浮かびます。


『教えてください』
 9月4日 時候の挨拶「一雨ごとに秋色加わり・・・」なんて、
しかし日中は35度。

 1時20分 出かけようと自転車を と思いきや 足元に“蝶”が、
寿命か?、暑さでか? 時々見るが名前がわからない(写真)。
どなたか『教えてください』

 4時30分 出先では、“ツクツクボウシ”と“秋or夏(?)の
虫の音”の合唱・・・。

 道を挟んで垣根に“紫式部”の実がつけ根から紫に色づき、
去年同様たくさん実をつけていた。

 台風9号(最大風速40Km)が“父島”(東京南方1000Km)通過と
ニュース。予想では北上し首都圏(神奈川、東京)に向かうらしい
のでご用心!

『塩分過多』
今日は森之宮へ

 扇町から天六商店街へ・・・歩き煙草の人は見当たらない。
 商店街もクリーンに、ごみが落ちていない。
 数年前とは大違い・・・。

 しかしJR天満の券売機前、足元に二羽の“はと”が横切った。
見ると“シューストリング ポテト”が固まって落ちていた。

 沢山あるのに、まるで取り合いするように、2分足らずで食べ散
らかした。こんなに散らかして「はと迷惑な奴」。

 君ら『塩分過多』で、早よ毛は抜けるは、早よ死ぬで!

 “カラス”もかなんけど“はと”もかなん。人通りの多いところ
でも平気。「可愛くない!」

 【お金は鳩のようなもの:パーと集まってきても、すぐに
パーと飛び散っていく・・・by ドストエフスキー】



copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.