興味津々
日記です。
『たこ焼き』
 今日の晩御飯は『たこ焼き』 【食で遊ぶ】
母親も「誰が考えたんやろ?」「いつから食べ始めたんやろ?」

 関西の各家庭には殆ど全て“たこ焼きの鉄板”をもっていると
いっても過言ではない。

 1週間前“ヤマダ電機”で象印のホットプレイトを購入。
もちろん、焼肉、お好み焼き、たこ焼き(30個分用)、その他
にもOKで、優れもの(10,800円ほど)!

 近年、間違いなくプロ並みのお好み焼きやたこ焼きが家庭で
作れる。材料は業務用スーパーでそろう。
 たこ焼き粉450gで90個分(5人でペロリ)。

 食べ方は、①たこ焼きソースで青海苔と鰹節、②たこ焼き
ソース、マヨネーズと鰹節、③醤油味にマヨネーズと鰹節、
④岩塩のみ(あっさり味で美味い)、⑤明石焼き風(だし汁に
つけて)など、いろんな食べ方で飽きることはなかった。

 中身は、タコ、テンカス、ネギ、紅生姜、チーズなど。

 さんざん食べて、少し残ったところで写真を・・・


スポンサーサイト
『なんじゃこれ?』
 今朝 庭に出した“繻子欄”の育ちぐあいを観察中、何か
茶色いひも状のもの(約10Cm)が動いていた。

 明らかに“ミミズ”ではない。身体に艶がある。“ヒル(蛭)”
の仲間だと思った。「今日のブログはこれ」と思いカメラを・・・。

 どこから出没したのか? 有害なものか?
先ずこの正体を徹底調査するのにネットで・・・
色、形から“オオミスジコウガイビル”とわかった。

 【コウガイビル(笄蛭):動物界 扁形動物門 ウズムシ網
ウズムシ目 コウガイビル亜目 コウガイビル科 コウガイビル属
和名(コウガイビル) 英名Land Planaria】

 一見ヒルに似ているが、環形動物であるヒルとは異なり、扁形
動物に属する(回虫の仲間か?)。ほとんどが海産、淡水産であり、
陸上はめずらしい・・・と。最近、都会では外来種の“オオミスジ
コウガイビル”という大型種(10~30Cm)、場合によっては1mを超
えることもあるが、幅は1Cmを超えることはない。厚みも数mm
(わー えらいこっちゃ 殺しておけばよかった)。 神経や筋肉
は未熟でゆるゆると這うだけ。そして雌雄同体とのこと。

 ところで“コウガイ”は“公害”ではなく“笄”と書く。
これは頭部の形が、昔の女性の髪飾りである“笄”に似ていること
から・・・。頭部には肉眼で確認できないが、眼点が多数ある。
中央腹面に口があり、肛門はない。消化管は口から身体の前後に
分技し袋状に終わる。・・・などなど。

 サァー 30Cm以上になったらどーしよう? 
どこかで卵を産み付けてウジョウジョでてきたら・・・
 ホームセンターで買った土の中に卵として潜んでたんやろか?

「キショー だれかー 助けてくれー」


『ガクちゃん ありがとう』
 8月11日の“ソフトボール解散会”の席で、お開き時間に
ガクちゃん 大きな荷物を持ってなにかソワソワ、誰かが
「どないしたん」と聞くと、「10時のバスで富士山へ・・・」
とガクちゃん。

 「へー なにしに?」、「だれと?」と数人が注目・・・
「家族とご来光を見に!」とガクちゃん。
 小生も食い入るように「写真写したら頂戴・・・」

 そして今日(8月22日)その写真を3枚頂戴した。
 『ガクちゃん ありがとう』

 若い頃、今は亡き親友と冬の伊吹山で“ご来光”を見たこと
がある。その時の感動を思い起こしせめて写真で見てみたいと
思った。
 以前から、日本人なら死ぬまでに一度は富士山に・・・と
思っていたこともあったが、ここまで体力と気力がなくなると
もうかなわない。

 写真は 八合目からの“ご来光”ということです。

 しかし、先日の24時間TVの“欽ちゃん”(66歳)100Km完走
には驚いた。半年の練習期間があったとはいえ、痛々しくも思
ったが、ファンの応援や声援をバネにして、痛い足を引きずる
ようにゴールイン(思わず拍手・・・)
小生ももう一度身体を鍛えなおすか・・・。
 

『白い蓮』
 8月15日は“終戦記念日” 戦後62年・・・。
 沖縄の南部戦跡にある『白百合の塔』は誰にも知られている
が、今日 TVで『白梅の塔』を紹介していた。

 あるジャーナリストの27年前の取材状況を語りながら、生存
者の体験話しと記録をもとにして・・・(語り部のように)。

 沖縄本島の中部に上陸した米軍が南へ日本兵、島民、その中
にある女学校の15,6歳の女学生全員(何百人)も巻き沿いにし
て追い込んだ。
 途中 日本軍は銃弾や火炎放射器、爆弾などで瀕死の重症を
負った日本兵を、強制的に看護させられ悲惨な状況を体験させ
られたと、その生存者の1人が証言していた。
 また、壕まで追い詰められた時、兵隊の自決とともに女学生
の自決を迫られたり、日本兵に殺されたり・・・という話で、
目頭が暑くなった。
 当時の白梅の生存者の会があり、今の教科書にはその歴史的
事実が除かれていることで、抗議している。

 白い花といえば、昨日、お寺さんを見送りながら“蓮の花”
今年はどうですか? と尋ねると満開でした。まだ白いのが
咲いてます。朝の方がいいですね。

 で、今朝写しにいった。お寺で合掌したが、0時0分の黙祷
を忘れちゃった。


『地獄八景亡者戯』
 14日 お寺さんが来て「南無妙法蓮華経・・・」お盆は約15分

 沖縄から北海道 日本列島の気温が35度以上(おかしい)。
 外に出る気もしなく、クーラーをガンガンかけて150分ほど落語
を聞きながら仏像彫刻を・・・。

 昨日“ヨドバシカメラ”で 桂 枝雀の『地獄八景亡者戯』
のCDを買った。かねてから 桂 米朝のそれと聞き比べてみたか
った。

 『地獄八景亡者戯』は上方落語特有の旅ネタで、幕末から
あったらしく、戦後ほとんど披露されなかったが、“米朝さん”
が現代風に書き下ろし18番のネタにされたらしい。

 “米朝さん”も好きであるが、“枝雀さん”はもっと好きで、
なんともいえない“あじ”がたまらん。早く『地獄』に逝かれて
残念である。

 ネタは思ったよりも師匠(米朝)のと比べると忠実であるが、
所々に少し時代と感性の違いが伺えた。
 “落ち”に大きな違いがあって、双方すごいなーと関心。

 つまり 米朝さんは【四人の亡者を飲んだ人呑鬼が苦しんだ
あげく、閻魔大王に助けを求めたが、苦し紛れに人呑鬼がその
大王(下剤)を飲んでしまい、四人の亡者をくだしてしまう。
という落ち】

 枝雀さんの方は【閻魔大王に助けを求めたまでは同じでるが、
大王が人呑鬼の腹の中で暴れている四人の亡者に、おとなしく
出てきたら極楽に送ってやると約束したら、その四人が外へ出
てきた。しかし大王は「へへぇ これは策略じゃ」といって、
この四人を地獄にやれーといいだした。すると亡者達は、地獄
じゅうに聞こえるような大声で「うわぁー 閻魔が嘘つきよっ
た」と騒いだら、地獄じゅうの鬼が集まってきて、閻魔を押さ
えつけて、閻魔の舌をずぼっと抜いたとさ・・・
という落ち】・・・(大笑い!)

 これで長い間の疑問点が解決した。「納得X2」
『久しぶり』
 昨日(11日) “ソフトボール同好会”の解散会があり、
その帰りにちょっと寄り道。

 リンクしてた“オン チューン”が開けなくなったので、
アドレスの変更を確認に・・・

 『久しぶり』とマスター、「本当やねー」
 「マウンテン エコーからここへ移転して1周年です
ねん」、「へー それはおめでとう。わかってたら、なにか
ぶら下げてきたのに・・・」

 二人の弾き語り(サイモン&ガーファンクル、ビートルズ、
かぐや姫、長渕剛など)、プロの何でもこい奏者のベース、
ウクレレを持った女性のハワイアンソング・・・あっという
間の3時間、ついつられて初心者が3曲ほど

 それなりに気分よくして帰宅。

 新アドレスを更新しましたので、右のリンクからどうぞ。


『銅鐸』
 11日 さすような暑さ“大阪は35度”“神戸は38度”

 “くすさん”のいうとおり、高槻市は『銅鐸』だった。
市役所前の道の両側に『銅鐸』が鎖につながれズラート。
灯台下暗し、しょっちゅう市役所に行くのに・・・

 高槻市には“今城塚”があり、二重の堀に囲まれた全長350m
の前方後円墳(淀川以北最大の古墳)があり、隣の茨木市の
“藍野陵”ではなく“継体天皇の御陵”は今城塚が本当なのだ
という説と両市で論争されている。

 とにかく『銅鐸』はもちろん 沢山の縄文時代からの土器が沢山
出土されている。資料館も・・・

 島本町の“竹のこ”に次いで『銅鐸』をとりあげた。

マンホールの蓋の写真を集めるのも面白いかもしれない。



『島本町』
 一昨日の『大きな栗の木』の続きです。

 くすさんコメントありがとうございました。

 大阪府島本町には水無瀬川があり、鎌倉時代からの歴史的
ロマンのある里である。

 後鳥羽上皇の水無瀬神宮も・・・

 また、「青葉しげれる桜井の 里のわたりの夕まぐれ
     木の下陰に駒とめて 世の行く末をつくづくと
      忍ぶ鎧の袖の上に 散るは涙か はた露か」
  これは楠木正成とその子 楠木正行の訣別を歌った名曲。

 その他“天王山合戦”、“淀川の砲撃戦の高浜砲台”などの
古戦場として有名・・・

 「ふれあいセンター」に通じる道の歩道に緑の鉄製か石か
不明であるが、50Cmほどのポールが立てられていた。
 よくよく見ると“竹の子”をモチーフに・・・
 なるほど、島本町から乙訓郡長岡京市にかけて竹の産地として
有名だからか。

 そういえば友人から“竹の繊維100%のタオル”を頂いた。
ちょっと重たいが吸水性抜群!竹細工や意外な新製品を開発して
るんやなー(ありがとうございました)。

 帰り車中から阪急水無瀬駅周辺にこのポールが等間隔に植え
られ鎖を通してさくにしている。これを写せばよかった・・・。


『大きな栗の木』
 今日 島本町の“ふれあいセンター”にふれあいに・・・

 予定より40分ほど前に到着したので、しばらく散策。

 30mほど裏道に入ると、この時期栗のような茶色と緑のイガ
イガが転がっていた。「えー これ栗?」思わず独り言。
鳥が落としたのか、人間がまびいているのか?

 上を見ると葉の間から沢山の緑の栗をつけている。
しかし『大きな栗の木』

 【大きな栗の木の下で あなたとわたし
 楽しく遊びましょう 大きな栗の木の下で】作詞・作曲 不詳

 1人で唄いながら 間違いなく“秋”のくる気配を感じた。
もう暑い夏はあきた。



『優勝者には』
 7月の名古屋場所は 朝青龍が優勝、 関脇 琴光喜 が番付
編集会議と理事会で、大関に昇進「おめでとう」

 『大相撲の優勝者には』
 しじみ(1t)、牛(1頭)、ビール2種類(1年分)、
ガソリン(1年分)、ポンジュース(1500本)、
しいたけ(たくさん)、米(30俵)、温泉卵(1万個)、
アスパラバター(4tトラック1台分)、静岡茶(体重分)、
梅干(10万個)がもらえる。
 その他 取り組み中の懸賞金(1本60000円、手取り55,000円
1場所250本ほど)、金星(?円)、もちろん給料などなど
・・・読売テレビより

 優勝者の部屋はすごく潤う。
 しかしいろいろ沢山もらってどこに置いとくのかな?
 貸し倉庫にいれとくのかな?
 部屋に必要な分だけ別にして残りを配るか?換金するか?
 そのへんが気になる。というか興味津々・・・
 

 
『偽物はどれだ?』
 先日 母親のお友達からの贈り物 “ハウスみかん”
この時期異様に黄色い。

 みかんと言えば、時期は10月の運動会のころで、まだまだ
青い。正直小生は苦手・・・。かんきつ類はどちらかといえば。

 いわゆる冬みかんは12月末から正月にならないと食べる気が
しない。

 ちょっと待てよこの中に“偽物”が一つ・・・

 その偽物は ハンドクリームのケースらしい。

 さー『偽物はどれだ?』


copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.