興味津々
日記です。
『京都に』
 2週間前、家内が東京の友人(玉三郎大好き人間同士)に京都
を案内した。

「八坂神社から清水さんへ行く途中、面白いおもちゃを売って
いるお店があったよ」という事で、今日は『京都に』。

 南座で、“玉三郎さんの蜘蛛の拍子舞”のパンフレット4組を
いただき、八坂方面へ。

 途中、赤いレトロなバス、京都に似合わぬ真っ赤なバス。
お腹に四条川原町→京阪七条→京都女子大学とあった。

 京都のマグドナルドの看板は赤ではなく、チョコレート色を
使うぐらい赤などの原色を嫌うのに・・・

 目的のおもちゃ屋さんでは、60過ぎのおじさんが本職ではな
く、趣味で木工、特にいろんな形の車、驚いたのは自転車、ス
クーター、バイク、ハーレーなど精巧に作られている。

 プラモデルの図面から、木でパーツを作り組み合わせるとの
こと。なるほどと思ったが真似できない。

「工房のホームページはあるのん?」、「あったけどやめた。
返事が大変で、作ってられへん」、「ブログでPRしとこか?」
「いらん。いそがしなるのんいや」、「毎日ここで?」、
「いや、桜・紅葉、行楽シーズンだけ。それと毎月21日は東寺、
25日は北野天満宮でやってるわ。」。そういえば、21日は弘法
さんの骨董品市、一度いったことがある。これも面白い。

 記念に1台 2,500円を2,000円に値切り3台買って帰宅。



スポンサーサイト
『Temporary Crown』
 昨日 友人から“すばらしいプレゼント”を頂いた。

 「ありがとうございました。」

 Elvis Preslyの超豪華な写真集。殆どモノクロで、これがまた
渋い。時代を感じさせ、ソフトなイメージで “バッチグー”。

 彼のCDを聞きながら、何回も見ているうちに始めてみるワン
ショットがあった。

 短い解説に こう書かれていた。

 【During a particularly energetic dance routine for
Jailhouse Rock,Elvis swallowed one of the temporary
crowns from his teeth.
It lodged in his lung and to be rccovered by inserting
an instrument though his vocal cords.】

 えらいめにおおてたんやなー、何時、何歳の時などの明示は
なかったが、まかり間違えばもっと早く死んでたかも知れん。

 皆さん 監獄ロックを歌う時は、お気をつけあそばせ!


『高圧線の下で』
 昨日の夕方、自転車で川沿いに走っていたら、可愛い花が群
がっていた。帰宅してからもなんとなく気になって今朝カメラ
をもって現場へ。

 花を写していると川面に写ったやぐら様で高い鉄塔、6,7m幅
の川をまたぐようにかかり、南北に流れる川の上を高圧線が走
っている。その真下の動植物の生態はどうなのかなと思いなが
ら・・・

 しかし こんな可愛い花が逞しく咲いていた。

 でも、この草花の名前がわからない。どなたか教えてくだし
ゃんせ。


『ROLLYちゃん』
 『ROLLYちゃん』は、いつ、どこで? とくすさん。

 お答えします。

 5月4日 午後2時~3時 高槻現代劇場 大ホールです。
 (メインゲストのステージとなる北摂最大のイベントホール)

 写真のマップでは 36番です。
ありゃー 小さくてわからないね。下の方です。昔“市民会館”
といってたところです。野見神社の右隣です。


『ジャズスト』
 今年も『高槻ジャズストリート』 5月3日・4日

 エリック・マリエンサル(サックス)、サヤカ(ヴォーカル)
谷口英治(クラリネット)、滝川雅弘(クラリネット)、
納谷嘉彦(ピアノ)、バッキー・ピザレリ(ギター)、フライド
プライド、矢頭奈穂(ヴォーカル)、ローリー(ギター、ヴォー
カル)などなど有名人が・・・因みにローリーは高槻出身。

 阪急高槻市駅、JR高槻駅を中心に40箇所でライブ、プロ、セミ
プロ、部活バンド、中高生徒のブラスバンド、大学のバンドあり、
フリーマーケットも・・・

 パンフレットはあちこちの町並みで、無料配布だよ!

 家の中でも風向きによっては2.3箇所から演奏が聞こえ、結局
何の曲かわからへんけど・・・

 音楽の好きな人、暇な人、することない人、散歩好きな人は
高槻に!


『なんやろ』
 今日 出先で“蛙の卵”のような白い小さな花の塊を見つけた。

 なんという花なのかはわからない。しかしまばらに咲いている
のもあれば、写真のように所々かたまって咲いている。

 たしか去年秋口かな? この付近で紫式部と教えていただいた
小さい紫の実と別に白の実がついた木があったはず。

 葉っぱの形は違うし、いつの間にか植え替えたんやろか?

 それにしても形が面白いから写真に・・・

 離れて見たり、左右横から見たり、何に見えるやろと。 
動物のぬいぐるみやろか? やっぱり“蛙の卵”か?


『おみごと』
 “くすさん”の玉川の堤の桜を拝借 『おみごと』

 昨年は恩師を亡くし、見合わせたが毎年 昔の職場のOB仲間
18名で恩師を囲んで平成8年から年1回“夕食会”をしている。

 きっかけは年ごとに還暦を迎えた人を酒のさかなにして、ワイ
ワイガヤガヤ、思い出話、もっぱら健康、病気の話。

 場所は、恩師の行きやすい場所、先輩の紹介で環状線寺田町
にある魚重『桜美琴』(おみごとな当て字)。

 昨日は、18名中13名が出席,亡き恩師の奥様もご参加いただき
楽しいひと時を過ごさせていただいた。

 還暦無事通過祝いの記念品は6人分、今回人数が多いので、
1人当たり予算10,000円(KIMIJIMAブランドの上品なネクタイ)。

 番号札に先日用意した“だるま”の底にナンバリングし、記
念品と番号合わせをする志向。

 楽しかった。


『名札』
 ピカピカの1年生の男の子が、胸に黄色の登下校カードをつけ
ていた。

 小生が不思議そうに見ていると、母親がそのカードの下をつま
んで上方に裏返し、上端をつまんで下方へ引っ張った。

 なんと 安全ピンを付け替えることなく裏に書かれた『名札』
に変わった。“どんでんがえし”の如し。

 つまり校内では『名札』に、登下校中は裏返しに・・・。
これは個人情報を保護するというか、不審者から守るための
アイディアなのか? とにかく校外では『名札』を伏せて行動
しないといけない。・・・そんな物騒な時代。

 母親自身のちょっとした工夫を披露してくれた。それは『名
札』を少々引っ張っても生地がほつれないようにピンの出てい
る両端に小さいボタンを通しておくとよい・・・とのこと。
 TV番組“伊藤家のうらわざ”に出てくるような話。


『だるま合唱団』
 今週 日曜日に教室で頂いた廃材で『だるま合唱団』を作製。

 過日、第14回の仏像彫刻展の来場者を対象に体験彫刻として
先生が考えられたアイテムを真似させていただいた。

 思惑があり、14人分のプレゼントが目的・・・

 作っているうちにいろんな形になり、色づけも楽しめた。

 最後列の右端3人を縞模様にした。誰かさんが喜びそう。

 IXYはすごい! 以前にも紹介したが、これだけの集合写真
たくさんの顔画面がでて、だるまの顔を認識し、前後の顔の
フォーカスを合わせていた。

 ところで“だるまさん”の歌 なんかあったかな?
「だるまさんがころんだ・・・・・・」しか知らないなぁー

家内が「だーるまさん、だーるまさん、にらめっこしましょ。
笑うとまけよ、アップップー デュワーにしたら」と。


『黒いTシャツ』
 「お父さん どうするこれ?」・・・色あせた『黒いTシャツ』

 「ほったらあかん」と両手で広げた。

なるほど。襟と袖口はほころび、数箇所に虫に食われたような
穴三つ。

 プリントだけ切り取ってでも何とか保存したい。

 約10年前 ユニクロで2000円ぐらいで買ったと記憶。

 何回 汗だくと洗濯を繰り返しかはわからないが、確かに色
あせて、擦り切れている。

 しかし、プリントはひび割れもなくかすれることもなく、ち
ゃんと残っている。“ユニクロ”商品はすごい。というよりも
このプリント技法を考案し加工した人がすごい。


『ネックレス』
 今日 仏像教室の後、友人二人と芥川へ夕方の花見に・・・
ただし曇り空。花見客が殆どいなくなった堤に上がり、側溝の
桜並木のベルトが見事であった。

 まじかに見た桜で気に入ったのは、写真の大木に掛けられた
『ネックレス』であった。

 また、ぞくぞくするような“気になる木”を見つけ写真を写
したが、とても生々しくここでは紹介できない。

 帰り道、“不二家”に立ち寄り、アイスクリームを・・・
好きな“ナポリタン”はなく“スーパー プレミアム バニラ”
を五つ持ち帰った。
 若い女店員さんはとても丁寧で優しく、“ポイントカード”
の期限を3ヶ月先送りの書き換えをしてくれた。貯めていた
二枚のカードにも書き換えをお願いした。目標は三枚でもらえ
る“ペコちゃんの大皿”・・・楽しみ。

 日本人にとって“桜の花”は感慨深いものがある。
楽しくもあり、悲しくもある。華やかなだけに、人によっては
とても辛い花にもなる。
 代表的なのは、辞世の句「風さそう 花よりもなお我はまた
春のなごりをいかにとやせん」。
 今日 6Chの日曜映画劇場では「男たちの大和」を放映した。
戦闘機の援護が無い大和が、沖縄に向かう時、年少兵に上官が
いったセリフに「日本は負けることで目覚める。俺たちはその
先駆けとなる。それでいいのだ!」、「咲いた花は散る、残っ
た花も散る」(同期の桜)・・・と。

 小生も桜は好きで花見もするが、この時期50歳で亡くした親
友が忘れられない。


『木の文化展』
 各地で桜が満開というのに今日は雨。 blog日和
 
 うっど工房(堂前商店)さんにご案内いただいた『木の文化
展』に行った(阪急 長岡京市駅から徒歩5分 明日は午前10時
~16時)

 入り口の駐車場のスペースを利用して、テントの中で大木の木
取の寸法をカラスミと金ざしを持った70前後の職人さんが、その
周りをうろうろ、立ったりしゃがんだりで、“大きい原木の製材
ショー”の準備をしているようであった。

 コグチの年輪の外側に板目を有効に利用できるよう白墨のよう
なものでアウトラインがひかれていた。

 大きな手引きの鋸、原木の平面に傾斜をつけるウインチに気づ
き、なるほど、機械で製材しない場合、また機械がなかった時代
はこんな方法でやっていたのか。と思った。

 雨が強くなってきたので、館内の展示物を見ることにし、ちょ
っと遊んで、お土産として4,000円のものを1,000円値切って帰っ
たとさ。
 中は木製の玩具、家具、工芸、工作などなど楽しかった。

 過去の様子ならHPをご覧ください。リンクもしたよ。
 
http://www16.ocn.ne.jp/~kirakuya/sub59.html




『アナタの水苔』
 気候がよかったので「善は急げ」 繻子ちゃんの植え替え。

 以前購入した水苔の包装紙をとくと、あまりにも面白いので
blogに・・・
 つまり 『アナタの水苔』ランランちゃんの植え替え達人
500g チリ産高級 5★★★★★グレード
販売元 青木物産のシール・・・傑作!

 古い水苔をはずすと 真っ白な新芽が三つ 感激した。

 上の茎を5.6等分切り、別の鉢に・・・来年が楽しみ。
 その内のいくつかが新しい根をつければそれでよし。



『これもスミレ』
 先日、母親が『これもスミレやで』・・・
 「なんていうスミレ」と小生。「さー」と母親。
 「外国産のスミレかな?」
 地に咲いてるスミレは以前から写真を撮って、blogに貼り付
けたこともある。

 ネット【スミレの図鑑】で調べると80種類ほど写真つきで
紹介されていた。
 どうもエイザンスミレのような感じだが、葉っぱが特徴的で
ちょっと違うかもしれない。

 どなたか確信ある名前を教えてください。

 ところで今日 芥川の桜を見る機会があってカメラでカシャ。
桜と堤の緑、ぬけるような青空、なんと素朴なコントラスト、
空気まで美味しかった。

 暖冬のせいか、今年の造幣局の“桜の通り抜け”は明日から
と・・・【例年より一週間早い!】

 どの名所の桜も今週末が山場で、花見ずきの人には忙しくな
りそうである。

 そういえば“入学式”にはGood timing となりそう。



『ほぼ満開』
 My繻子ちゃん『ほぼ満開』
 最先端の小さい蕾を三つ残し、一番下の花がしおれてきた。
あわてて写真・・・繻子ちゃんシリーズはこれまでか?
1月末の蕾発見から丸2ヶ月楽しめた。
土曜日ぐらいに思い切って花を切り取り、株分けか?
 “彩彩さん”もご納得いただいたと思います。

そうそう桜の開花状況は“彩彩さん”のHP(右肩のリンク)
でご覧あれ。

 第14回仏像彫刻展も明日が最終日、搬出の都合で午前10時
から午後5時まで・・・。
 場内のようすは“くすのきさん”のHP(右肩のリンク)で
ご覧あれ。
 ちょうど1000人目の来場者にはなにかすごい記念品がある
そうで・・・因みに、今日の閉館時点で961名だよ・・・
さーどうする?


copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.