興味津々
日記です。
『大晦日』
 大晦日 三日に及ぶ大掃除 雑巾モップの威力に感動。
松居一代さん気分。クルクル棒は今回使用しなかった。

 一段落したので買い物(パンと野菜)へ。

 本屋に立ち寄り下記の本を衝動買い。3時間あまりで・・・

 北摂を中心とした歴史もの、やはり生活圏の正しい歴史を
見直そうと・・・。

 多くの史跡のいわれと人物とのかかわり、時代の一貫性
を知ることができ非常に良かった。是非ともおすすめしたい。

 午後11時すぎから“煩悩”を払いに鐘つきにいきます。

 ご覧の皆様 良い年を迎えられますようにお祈りします。

スポンサーサイト
『準備』
 数年前からこの時期、近所のおっちゃんが大きな葉牡丹を
持ってきて植え付けまでしてくれる。一つが直径40Cmほどあ
り、迫力満点。

 昨日から始めた大掃除 プレスリーのCDを片っ端から大音
量で聞きながら 2/3まででき、残りは明日に・・・

 普段使わぬ筋肉 だるいような痛いような、時々腰がピクピク
・・・休憩から立ち上がるとき アイタタタ・・・仕方がない
年末の大掃除 これが終わらないと年が越せない悲しい定め。

 大げさなと思われるが、35年らいの年中行事であり総決算。
節目、けじめ、親父のDNAの刷り込みか?
とにかく真面目で几帳面な親父だった。

 明日はお墓参りから・・・残りの掃除・・・年越し蕎麦へと


『懐かしい話』
 今年一年 いくつか聴講した中で最高に面白かった講演は、
藤田絋一郎先生の“昔懐かしいカイチュウの話”であった。

 つまり近年特に多くなった花粉症、アトピーの原因について、
日本人の生活様式、食生活において清潔になったから・・・
これを“清潔病”と称された。

 小生の腹にもしばらくの間飼ったことがあり、小学校で“マク
ニン”(虫下し:臭い臭い海藻の汁)を飲まされた記憶というか
トラウマがよみがえった。中にかわった奴がいて、飲めない奴の
分まで飲んで英雄になった奴がいた。中学になると“サントニン”
という白い錠剤になった。

 友達が口から出したり、用便中ウンコとウンコの間でぶら下が
ったのを直接見たことがある。

 おかげで カイチュウの分泌する物質の抗体ができて 小生は
花粉症もアトピーもない。

 などなど講演の話を友人にすると、「その先生の本持ってる」
ということで アナザー友人を経て読んだ。終止面白おかしく
講演された先生の顔が浮かんだ。

 家族中 回し読み・・・ペットは飼えないな・・・など

 最近読売新聞にも先生の奮闘記について掲載された。

【これは必読でっせ! 清潔も不潔もほどほどに・・・】

『なんてんこっちゃ』
 29日7時起床 屋根に白いものが・・・ 「えー 雪?」
とにかく寒い。昨日まではなんだったんだろう?
へんに暖かく、2日前なんて 東京では爆弾低気圧といわれ12月
下旬に台風なみの嵐、最高気温20度・・・『なんちゅうこっちゃ』。
 
 庭にでると風にあおられた粉雪。やっぱり南天は雪が似合う。
ウサギの目には南天の実だよね・・・。
 前から赤くなったことには気づいていた。葉っぱに雪をのせる
ことはなかったが、今日ほど赤く感じることはなかった。
 
 だから『なんてんこっちゃ』。


『できちゃった』
 今日 『できちゃった』 ということにしよう。
きりがないので このあたりで 刀を置かせていただく。

 そういえば「できちゃった できちゃった 縦列駐車が
できちゃった」というコマーシャルがあった。【関係なし】

 富山の友人との約束から 2年かかったような気がする。
“田中高原”での源泉地におまつりする観音様という注文・・・

 結局 高さ約1m、 20数Kg 白衣観音風 水瓶を持っている
仮称“奥飛騨観音”(木は和歌山の檜・・・硬かった)

 どうやって現地に? 宅急便? 車なら来年雪がなくなって
からかな?

 現在進行中の観音様も“白衣さん”5.7寸(約18Cm 木曾檜
右手は印、左手に蓮の蕾と葉)

 これもお世話になった方へのプレゼント(お厨子を用意されて
いる)・・・3月までにできればいい。

 そろそろ内緒の作品も考える。


『2週後』
 2週後 前述の“くちなしの実” 赤くなっちゃった。

 思わずシャッターをカシャー

 この色で思い出した。  “柿のシャーベット”

 熟した柿の皮をむいてビニール袋に入れて冷凍庫へ。

 約3時間後 スプーンで召し上がってください。癖になります。

 食べ遅れた柿を美味しく食べる方法・・・その1


『お気に入り』
 最近の『お気に入り』に “もずくスープ”(フリーズドライ)

 販売元は ニコニコのり株式会社で、一つ一つ別で105円・・・

 意外性と思いのほか美味しい。もずくは酸っぱいというイメージ、
それが苦手な人でもこれならOK。

 しかも低カロリー(11kcal/1食)・・・寒い夜 寝る前でもOK。


『忘年会』
 昨日は、仏像教室の忘年会であった。

 出席者は約20名 料理は“地鶏のすき焼き”。
これは久しぶりであった。

 宴もたけなわ、一人が布の袋に入れた棒状のものをブラブラ
していた。「それなに?」、「笛」と答えが返った。

 「へー 見せて」と布から出すとちょっと変わった縦笛だった。
「ちょっと吹いて」と3,4回リクエストすると ためらいながら
口もとへ・・・

 一曲目は、酔いがまわっていて思い出せないが、二曲目は
“コンドルが飛んでいる”だった。

 「えっ これがケーナ?」、「そう」とだけだった。
「あー そうケーナ」・・・(お後がよろしいようで)


『抹茶ケーキ』
 恒例の清水寺の官長さん 今年を象徴する漢字一文字は“命”
であった。

 待ちに待った命、救出された命、粗末にされた命、乱暴された
命などさまざまニュースに取り上げられた。

 因みに去年は“愛”、阪神大震災の時は“災”これは忘れられ
ない。

 さて、午後から家内が久しぶりに、ボールに電動ミキサーで
ガー ガー (ちょっとゆとりができたかな?)

 1時間少々で得意の『抹茶ケーキ』出来上がり(美味かった)。
今回は、中に入れたのが甘納豆であったが、ゆで小豆かまたは
羊羹がいいそうで、ありあわせでやったとのこと(冷蔵庫の整理
中思いついたらしい)。

 何事も時には整理し、有効利用できるものを見つけるのは楽しい
ことである。


『お土産』
 今日も彫刻、楽しい一日ありがとう。

 11月下旬だったか、友人の奥さんから“ブータン”のお土産を
頂戴した(写真)。

 これは“アツァラ”といって、お祭りの出し物の一つで、会場
の雰囲気を盛り上げ、見物人を楽しませる道化師役がつけるお面
らしい。写真はそのミニチュアで、ちょっと大きい“キーホルダ
ー”であった。

 もともと非常に神聖なもので、でんでん太鼓のような小道具や
木で作られた“ポー”(陽根 つまり男根)で、人の頭をぽんと
たたいて祝福やご利益を与え、また魔除けをする神様の顔で
ある。 との説明を受けた。

 彼女は、以前からネパール、チベット、マチュプチ、そして
もっぱら数年前から“ブータン”にはまり、各地ですばらしい
写真(テーマは人物)を撮影し、“ナショナルジオグラフィック”
に度々入賞され、2年前に個展まで開かれた。プロさながら・・・
 帰国のたびに写真整理が終わった頃を見計らって、現地までの
行程の苦労話、広大さ、迫力、自然の厳しさ、そこに住んでいる
人々の生活、自然とのかかわりなどの説明を聴きながら見せて
いただくのが楽しみである。

 因みに小生はデブ症でもあり出不精でもある。


『くちなしの実』
 今日 出先の裏で“気になる実”いや“木になる実”を
見つけた。なんだかわからないけど、とりあえず写真を・・・

 後ろからタバコをふかしながらニコニコと年配の男性が近
づいてきた。
「これ なんでしょうかね?」というと彼は「くちなしの実」
やと思います。「へー これが・・・」と小生。

 “くちなし”といえば“渡 哲也氏”の「今では指輪も
まわるほど やせて やつれて・・・」と頭の中で・・・

 また、彼は「この実から、布を染める染料が取れるんです」
ともいった。また「へー」と小生(今日のブログ素材やな)。

 帰宅し、早速ネットで検索。「なるほど、なるほど」
染料だけでなく、毒性はないので食品にも利用されている。
たくあんの黄色、栗きんとんの黄金色、さつまいもにも、
またなにかの薬にも、などなど・・・

 この名のいわれは、この実を炊いても裂けて開くことが
なく、開ける口がないということかららしい。

 家内にこの話をするとみんな知っていた(実家にあった
とのこと)。“知らぬは亭主ばかりなり”だった。


『掘り出し物』
 今朝 前回紹介した“つきの木学園”の作品展示即売会に
行った。会場で友人とも合い、楽しい買い物ゲームさながら、
スタート!

 そこで『掘り出し物』を紹介する。

 一つは、飾り皿で一見備前風の南天の葉を浮かし、“焼きしめ”
様の作品。素焼きの状態で南天の葉を敷き、そこをめがけて
茶色の上薬を霧吹きで吹き付けたものであった(上の写真,
40Cm×25Cm)。渋くて高級感があり、非常に薄くできていた
(お値段は1000円)。

 もう一つは、ニコニコしながら家内が皿を回しては、首をかし
げ見入っていた。それはかたどられたお皿(直径25Cm)に、
上薬をはじく薬で、仲間の誰かが、人類皆兄弟といわんばかりに
・・・本当に素朴な楽しい 顔 顔 顔、(自分 お母さん 
お父さん友達など ストーリーがあるのであろう)
(お値段は400円)。

 他に 植木鉢三つ、木製のラック、香立て6個 締めて4,300
円の買い物であった。毎年恒例のお楽しみ!



copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.