興味津々
日記です。
『柿の木坂』
 昨夜 友人から柿を頂いた。小粒だったが美味かった。

 この時期 柿といえば一回は口ずさむ歌がある。それは、
『柿の木坂の家』石本美由記作詞、船村 徹作曲・編曲

一、春には柿の  花が咲き
  秋には柿の  実が熟れる
  柿ノ木坂は  駅まで三里
  思い出すなア ふる里のヨ
  乗合バスの  悲しい別れ 
          (と二番、三番とせつなく・・・)

 “せつなく・・・”といえば(ちょっと小生がいたずら)
  
一、春には学費の  請求書
  秋にも学費の  請求書
  柿の木坂で   見つめた通帳
  貯まらねーなア 頑張ってもヨ
  へそくりと   悲しい別れ

二、春にはめだかの 運動会
  秋には稲穂に  舞う赤トンボ 
  柿の木坂で   逃げて転んだ
  思い出すなア  かじってみればヨ
  膜がはるよな  あのしぶみ  


スポンサーサイト
『ツワブキ』
 ふきのような茎と葉っぱをし、葉っぱに艶があるので
“つやふき”から『ツワブキ』となったそうな。

 花は“コダック”も喜びそうな菊にも似た鮮やかな黄色。
キク科だそうだ。葉っぱは薬草でもあるらしい。

 写真の花には、蟻がチョロチョロ、百日紅の木から出張か?
近寄ったミツバチを寄せ付けなかった。順番待ちか、掟がある
らしい。

 今 友人から電話で、柿を持って来るとのこと。

 今日は、この辺で・・・
 


『拝借』
 22日 日曜日 友人が十津川村に向かっている途中、すごい虹
をみて写した写真を頂戴した。

 まさか高速道路で運転中片手で写したんやないやろな。以前
淀川の土手から運転しながら夕日を写したことがあるけど、
「怖かった」。

 あまりに綺麗で、迫力があるので『拝借』した。

 生活上こまごましていることがどうでもいいような気がして
救われる。

 そういえば、去年同時期に写した、同じ木の“ボケの花”の
写真を見つけた、確かに濃いピンクが混ざっていた。
 しかし、昨日写した“白の花”、こころもち中心からピンク
に色づいてきたかのように見えた。

 そういう過程を経るのか?
 また紫陽花のように土のPHと関係するのか?


『これは?』
 昨日から天候がすぐれない。午後からしっかり雨が・・・。

 ホトトギスの横に 木になる白い花、もしかして・・・

 『ボケの花』? でも赤ではなかったかな?

 確か去年は赤ではなかったかな? それともまだらだったか
な? 小生に『ボケ』がきたかな?

 お袋さんがいうには、この間 植木屋さんが沢山枝をはらい
すぎて、今年はついた花がこれだけ・・・

 花はこれだけなので希少価値ありとシャッターを押した。

 ところで『ボケの花』の『ぼけ』のいわれを検索してみると、
木の瓜で『ボケ』と読むらしい。バラ科でとげがあり、果実が
つく。ぐらいで、深い意味はないらしい。ちょっと残念!


『咲いた 咲いた』
『咲いた 咲いた ホトトギスが咲いた』
 
 四季彩彩さん 真似してすみません。

あまりにも神秘的で私も楽しみにしていましたので・・・

上等でないカメラでも結構撮れたので貼り付けました。

 今日 午後6時から日本シリーズ(中日vs日本ハム)
川上vsダルヴィッシュ どちらかということではないが 
気がつけば新庄がボックスに立てばテレビに見入っている。
ただ今 5回ウラ 3対2で日ハム1点ビハインド・・・
このシリーズで新庄が引退 どうも本気らしい。
最後の現役野球選手として新庄の心情はいかに?



『さすが』
 秋なのに夏色の花。これもカタバミ科の花だと思うが、
実は、4年前か母親が和歌山の雑賀岬まで小旅行をした時、
灯台付近に咲いていたのを引っこ抜いて持ち帰った。

 3年ぐらいで随分増えた。日中はまだ暑さが残っている
からか、昼になればオキザリスと競って花がしっかり開く。

 鉢植えにすると、茎が伸びすぎて垂れ下がりだらしなく
みえて、花は綺麗なんだけれど人にあげにくい。
やはり地べたで増やした方がいいのだろう。

 それにかぶさるように“ホトトギス”が沢山蕾をつけてのび
てきた。“咲かぬなら 咲くまでまとう ホトトギス”
咲いたら写真を写そうかなー と思っていたら・・・
四季彩彩さんのblogにすばらしい写真がでた。『さすが』です。

     右上の四季彩彩さんにリンクしてください。


『卓上の整理』
 卓上の書類、刊行物、ファイルなどが山積みになり、崩れそう。

 要不要を分けていると、一枚の不定形に折れたメモに触れた。

 開いて見ると鉛筆で走り書き、解読困難・・・。

 思い出した。7月か8月かテレビで“こどものしかり方・・?”
のコラムかNHKのテレビ寺子屋だったか? 

 パネリストか講師かよくわからないけど、おかしいことを
言い出した。そこであわてて紙と鉛筆でメモッタ。
「ある ある話」として面白いので捨てる前に紹介しておく。


  お母さんがこどもによくいうセリフベスト10


 10. あやまってすむなら警察いらん。

 9. 私のこどもの頃はそんなことしなかったわよ。

 8. あーいえばこういう。

 7. あなたのためを思っていってるのよ。

 6. お父さんにいうよ。

 5. 私はこんなふうに育てた覚えはないよ。

 4. いつまでもそうしてなさい。

 3.なんでしかられているのかわかる?

 2. あなたお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから。

 1. うちはうち、よそはよそ。

 しかり方は難しいです。 そういえば最近
“パワーハラスメント”というタームがデビュウした。
本音でストレートに話がしにくくなってきたのでは・・・。
                  
『お疲れさん』
 今日は “仏像教室の日”

 11月3日から京都での作品展に出展する人は、期限が迫って
大変・・・。

 小生は白檀で15Cmぐらいのちょっと若い“大黒さん”。
毎回手提げカバン一つを駕籠に乗せて自転車で・・・。

 図の彼は、ほぼ2年がかりと思うが、光背を入れると全長約
2尺(60数Cm)はあると思える“お釈迦様の座像”を作製中。

 本体、吹き連弁の台座は完成し、現在光背の仕上げ、つまり
完成間近である。

 その間、毎回材料と道具ですごい荷物である。小柄な体で
前の駕籠に光背、荷台のダンボールには台座、背中のリックに
はお釈迦様の本体だと思う。それぞれ梱包するのにかさばって
いる。総重量は15Kgぐらいだろうか。

 『お疲れさん』気をつけてね。

 そういえば 前後に二人、背中におんぶして買い物をしている
若いお母さん『お疲れさん』気をつけてね。こちらの方が上手だ
ね。落としたら大変。真剣、命がけ・・・ご苦労様。

 少子化の今 「お母さんがんばれ!」と応援したくなる。


『補助犬』
 今日は 冬に備えてジャンパーを買いに“ユニクロ”へ。

 そこの入り口にこんなシール(写真)が貼ってあった。

 へー “盲導犬”も入れるんや え なになに“介助犬”も。

 ちょっとまてよ “聴導犬”これなんやろう?

 聴覚障害者にどういう補助や導きをするのか?

 もしかして 警報など聴覚を要する緊急時に反応し、ホストに
合図するよう訓練されている犬 ということか?

 だれかご存知の方 教えてください。

 追加 「一般のペットを伴う利用はご遠慮ください」とあり
ます。

『つづき』
 “体育の日”のつづきです。

 田んぼから100m程移動したところでいい匂い。 そう“金木犀”
昔我が家の庭にもあった。匂いを嗅ぐたびに懐かしく思う。
我ここにありといわんばかり。

 道をはさんで小学校が廃校となり取り壊し工事中。時代やね~。

 そこからだらだら10分東へ・・・

 「なんじゃ これ」 廃車バスのおしりではないか。全然セクシー
ではない。よく見るとこの地区の集会場の一部、横の広場で5,6
人の高齢者がゲートボールをしていた。

 日本は体育の日で、平和なひと時を過ごしているというのに、
先ほどのニュース速報【北朝鮮で核実験をしたもよう】がでた。
場所は特定できないが、マグネチュウド3.?の人工的地震があっ
たと・・・ 「なんちゅう国や」

 このタイミングは中国で熱烈歓迎を受けた安倍新首相が、今
日は韓国入り・・・「失礼極まりない」、「年内に必ずやると
は聞いていたが・・・」、「これ以上地球を傷つけ、汚染させ、
全人類はおろか自国民をどない思ってんねん」。



『えっ まだぁ~』
 今日は9日“体育の日”快晴! かつては統計学的に10月10日
は雨が少ないということで決められ覚えやすかったが、何時から
か10月の2週目の月曜日に・・・。

 以前から気になっており、しかも時期的に期限があるスポット
があるので カメラを持って自転車で8時過ぎから40分ほどぶら
っと・・・。

 途中 小学校の校門付近で子供の自転車行列、中学校付近で
はジャージ姿の自転車行列  さすが“体育の日”

 目的地に到着 この時期まだ刈られていない。色と頭のお辞儀
ぐあいはいいかなと思うが、そばで見ると“粒が小さい”・・・

 ということは この田の今年のできが悪いので刈り入れを延ば
しているのか、商品価値として低いので放置しているのか、そう
だったら「わー 大変やなー」この持ち主は・・・

 関係の有無は不明だが、あれだけ夏が暑かったのに急に秋とな
り、今頃 東海地区をめがけて真東から台風、中部地方は低気圧
で北アルプスは大荒れ(登山の遭難者があい続いている)・・・
「やっぱり変!」



『ちょっと 贅沢』
 天候 ここのところ不安定 降ったりやんだり・・・

 今日 午後から母親を誘い四人で松坂屋での“北海道展”に
でかけた。

 チョコレート、チーズ製品、海草入り味噌汁、海産物など試食
三昧。そして夕食用の弁当(蟹、イクラ、うに、サーモン入り)、
イカ飯、ホタテ、ジャガイモ餅、マルセイバターサンド、北海道
の地図をかたどった大判焼き、チョコレートケーキ、バター飴、
そして締めとして明日の昼食用に味噌、塩、醤油ラーメンなどを
買った。

 別にししゃものみりん半干し、豆、チーズなど買っている時の
幸せそうな母親のいい顔を見て嬉しかった。

 夕食後、明日から頑張ろうという気になった。
 これで三日ほどは北海道の味覚を楽しめる。
 たまには『ちょっと 贅沢』もいいな。
  

『コレクター』
 10月 1日は長女の誕生日だった。

 以前、抜けた乳歯を屋根にほりあげたり、縁の下に捨てたりする
風習について韓国に詳しい“キリギリスさん”と中国の知人に聞い
たところ、いずれの国にも同じような風習があると聞いた。

 でも小生は収集癖のためか 一本も捨てなかった。
 写真は長女の抜けた乳歯。ちょっとの油断で一本が行方不明。
もしかして飲み込んだのでは?

 糸を通したらブレスレットかネックレス、そこまでの趣味はない
が。

 ただただ健康で幸せになることを祈っている。


『からすごっこ』
 今日は 普通のごみ出しの日、わが市も今月から黒から半透明
のごみ袋に変えなければならなくなった。

 決められたとおりわが町のわが組は全員半透明だった。
そこに一羽の“からす” 目があうと袋から後ずさり・・・

 駅前に行く用事があり、途中のごみ置き場には、まだ黒いのが
チラホラ、回収されず置き去りにされたらどないするんでしょう。

 それはそうと用事を済ませて戻ると一つの袋が破られ、何かが
散らかっていた。

 そういえば、半透明だとなおさら中身が伺え、“からす”にと
って好都合ではないか。東京(杉並区)では“からす”が見えに
くいとされている黄色のごみ袋だそうだ。
 黄色でも“からす”は学習能力があり見抜くようになってくる
のでは・・・

 そんな話をしていたら 家内が『からすごっこ』やね・・・
いやー まいった。『いたちごっこ』ならぬ『からすごっこ』
これ いただき 今日のブログにというわけ。

 ちなみに 京都市では黄色に変わり、しかもその袋の何%かが、
市に入るシステムで 消費者ともめているようである。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.