興味津々
日記です。
『6回まわって ワン』
 今年は 6回目の年男・・・つまり戌年生まれ。そもそ
も『3回まわってワン』という言葉の意味は、犬の躾に服
従を強いる合図のようなもので、戌年のものとしては屈
辱的な気持ちになる。 おまけに小生は6回目の戌年で、
目眩がする毎日である。

 【戌年について】

 経済界の格言に「申酉騒ぐ戌笑う」という言い回しが
あり、歴史的に申年、酉年はざわざわするが、戌年に
は安定し、景気が上向くような傾向があるとのことであ
る。 しかし、大企業の業績が良くとも、また、法人税
の減税分、賃金の値上げがない限り、おまけに食品の
物価と関連するものが高騰する見込みで、相変わらず
不安が続く。
 因みに、辰巳は天井、午は尻上がり、未は辛抱、亥
は固まる、子は繁栄、丑はつまづき、寅は千里を走る、
卯は飛び跳ねるである。

 大河ドラマで話題になっている西郷隆盛(1828-187
7), 明治維新時代体を使うことがなく108Kg(身長178C
m)の巨漢となり、ドイツの医師(ホフマン)から「このま
までは命にかかわる」と減量を勧められた。 以來、趣
味の狩猟で連れていた戌と散歩をするようになり、
1877年(明治10年)西南戦争を起こしたときも、戦地で
常に戌を連れて散歩をしていたとあり、日本で初めて
ダイエットをした人となる。

 近代の心臓内科の医師も、サルコペニア(筋力の減
退)を予防するために、散歩を含めた適度な運動やリ
ハビリが必要であり、ことさら戌と散歩をしている人の
方が、有意に長寿につながるという講演を聞いたこと
がある。

 冬場の早起きは苦手であるが、できるだけラジオ体
操と散歩を継続しよう。
   
【以上、6回目の歳男の独り言でした。今年もよろしく!】
スポンサーサイト
『おさがり』
今年の三が日、 元旦はお雑煮、二日目はお吸い
物、三日はおぜんざいを初挑戦し、母親と過ごした。
もっとも今日の調理は、白味噌、汁だし、小豆にしても
おいしくできて当たり前の味付けがしてあり、 「あんた 
いつの間にこんな手際よくできるようになったん?」と言
われるほど便利になっているので。
  
  今朝(三日)6時過ぎにスーパームーンが見れるか
なと思いながら、いつもの散歩とラジオ体操(三日坊主
にならぬよう)に行こうと張り切ってドアを開けた瞬間、
雨が降り出した。 内心もう一眠りできるかまたは風呂
に入ろうか・・と思ったほどのタイミングのいい雨だった
・(大阪府箕面市では例年より1週間遅い初雪)。
  この雨について、午前9時からのTV4Chでプレパド
の俳句部門で辛口の夏井いつき先生の評価が非常に
ためになった。 つまり 今日の最優秀作品の季語
『お下がりの・・・』について解説されていたことに感銘
した。

 三省堂 大辞林索引トップ用語の索引ランキング凡例
として・・・ お さがり [2] 【御▽下(が)り】
① 神仏に供えたあと,下げた飲食物。
② 客に出した食物の残り。
③ 年長者や目上の人からもらった使い古しの品物。
④ (「御降り」と書く)正月三が日に降る雨や雪。 [季]
新年。 《 -になるらん旗の垂れ具合 /夏目漱石 》

 せっかくのお正月に雨なんてと思ったが、なにか得
したような気分になった。
『大晦日の続き』
 高槻城からは鬼門に当たる外堀あたりだったところに、
三軒お寺が並び、我が家を中心に半径3,40mの園内に
5軒のお寺があり、付近一角が寺町だったといえる。
旧町名に横町、魚屋町、馬町、本町、新川之町などが
あり、現在は統合し大手町、京口町、本町と区画整備
されている。
 毎年、大晦日になると三軒とも除夜の鐘をつかせても
らえる。
 長蛇の列を並んでまでつく、気力がないので、カメラだ
けぶらさげて見にいった。
本行寺大晦日blog01
 一番南端にある“本行寺(日蓮宗)”の鐘つき堂である。
光松寺大晦日blog01
 中央にある“光松寺(浄土真宗)”の鐘つき堂である。
理安寺大晦日blog01
 一番北側にある“理安寺(浄土宗)”の鐘つき堂である。
平成30年年賀状blog01
 今年の年賀状は、本行寺に祀られている、“妙見菩薩”
を昨年暮れに完成までこぎつけ、賀状の写真に間に合
った。
 作製にあたって、本行寺さんに写真をコピーさせていた
だいたり、実物を撮影させていただき、仏像教室の仏師
 宮本想観先生に相談を持ちかけると、快く粘土で原型
を作製し、5面の写真から図面に書き写し、6寸丈の檜
の4面に貼り付けて製作にかかった。 約半年かかった
作品である。
『ちょっと面白い話 その1 その2』
 先週月曜日(18日)だったか? 60後半か、ご婦人
との会話でちょっと面白かったので一つ目に。
 木曜日の早朝、阪急高槻市駅付近を歩いていて、
ほのぼのとした面白さを感じたのでその2として紹介
する。

その1.『おおじぬしですねん』
私A「年内は 今日が最後で、良いお年を迎えてくだ
さい・・・」
婦人B「今年は大変な年でした・・・」
A「そうでしたね胃潰瘍か何かで入院されたんですね」
 B「そうですねん ここの病気で検査を受けたら(と左
胸に手をあてながら)、胃にも病気がみつかって」、
 A「前もってなんか 症状は・・・」、
 B「そうですねん出血があって・・・それで内視鏡で診て
もらったら・・大きな潰瘍があって、太い管を入れて手術
を受けました。」、 「それでなくとも もとからじぬしで
困ってましたのに」
 A「えっ 地主?」、
 B「そうですねん 大痔主ですねん」・・・
 A「あー そっちの痔主さんね・・・」(笑い)

その2.『現代の金次郎さん』
 昔 金次郎さんは本を読みながら薪を背負って歩いて
いたが、その日 見た青年は四角い大きいリュックを担
いで、前傾で食い入るように、薬指を弾くようにスマホを
触りながら歩いている、その後ろ姿が金次郎さんにリン
クした。
『尊敬します』
20171219am640blog01.jpg
 3日前(19日)の6時25分ごろ(ラジオ体操前)、夏には
100人近く来ていると思うが、冬場は2,30人か。
まだまだ極寒はもちろん、まだ薄暗くて、離れていると
人の顔が判別しにくい。
20171219am640blog02.jpg
 ここ毎日のようにちょうど6時45分ぐらいに、市民会館前
を黄色のランプをチカチカと点滅した先導車の後方に、電
車の一車輌分もありそうなトレーラーが鉄骨を運送して、
目前を通過する。 いつも思うのだが、重機を載せた大型
車やトレーラーを運転している人を『尊敬しています』。
20171219am640blog03.jpg
 運送先は5,60m先の工事現場へ。
 ここは元市民グラウンドと市民プールの併設していた
ところで、現在は看板に示す、雨水貯留施設の工事に
必要な資材を運搬しているところである。
 前稿にもふれたが、高槻城の内堀の橋と戦争時にの
み使用する“開かずの門”の資材が発掘されたところで
ある。
 何年前だったか高槻市役所付近がゲリラ豪雨によっ
て浸水したことがきっかけなのか。
 そういえば昔から高槻市は水害が多かったと聞いて
いた・・・ことも。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.