興味津々
日記です。
『莫妄想』
 第25回仏像彫刻展も11日(水曜日)で無事終了しま
した。 7日間の来場者が1,100名ぐらいで、大変盛況
でした。  「関係者の皆様 お疲れ様でした。」
 今回 私が出展したのは“妙見菩薩”とダルマさん
の“莫妄想(まくもうぞう)”です。 その作品の写真と
“達磨”という漢字のアンビグラムを紹介します。
莫妄想blog02
      『莫妄想(まくもうぞう)』
唐代の禅僧・無業(むごう)禅師は誰に対しても、
莫妄想「妄想(もうそう)すること莫(なか)れ」と唱
えたと言います。 「妄想」は現実からかけ離れた
空想や夢想をしたり、考えても仕方のないことをあ
れこれ思い悩むことを指します。
 病気になった人が、「本当に治るのだろうか?」
と不安になったり、結婚式を間近に控えた女性が、
「この人とちゃんとやっていけるかしら?」と思い悩
んだりすること(「マリッジブルー」と呼ばれる)も妄
想です。修行僧が坐禅を組みながら「早く悟りの境
地に近づきたい」と考えることも妄想です。
 肉体や心の欲望、未来への不安や過去への執着
など、私たちの心を曇らせる最大の原因が妄想なの
です。 それをくよくよ考えるなというのが「莫妄想」
というものです。
 元寇(1274~1281)の危機にさらされていた鎌倉
時代、執権・北条時宗は強大な元軍とどう戦えば良
いか? と悩み、中国から招いていた無学祖元禅師
(むがくそげんし)のもとを訪れました。無学禅師は
時宗に「莫妄想」と諭したといいます。
 時宗はこの一言で決心を固め、今できる限りの防
備に全力を尽くして、あとは天命を待つ心境にいたっ
たといわれています。 結果はご存じのとおり、元軍
は二度とも暴風雨に襲われ、壊滅状態になりました。

 済んでしまったことは忘れましょう。
 今できることに全力を尽くしましょう。
 よりよい未来をつくるのは今の努力しかありません            
   「莫妄想」というお話でした。」
 【https://eyespi.jp/l00171/ より引用しました】
達磨アンビグラムblog01
スポンサーサイト
『第25回仏像彫刻展』
平成30年度第25回仏像彫刻展b
 今年で25回目 毎年1年が短く感じる、それもスピード 
アップして感じるようになり、出展までの製作にあせるよ
うになってきた。 でも最近、生徒さんも高齢化して未完
成で出される方もちらほらと・・・。実は小生 出展予定
している2点の内1点は未完成で、仕上げの手前で思
案中である。 
 【展示期間と場所は上の写真に示すとおりです。
お時間がございましたらどうぞお越しくださいませ。】
20170320妙見菩薩blog02
 仏師 宮本想観先生は最上段に示す、“妙見菩薩で”、
高槻の本行寺に祀られている妙見堂のご本尊である。
本行寺さんにお許しを頂いて、写真をコピーさせていた
だき、小生の希望で先生に原型と図面を作成いただき、
私自身も作製させていただいた。
平成30年年賀状blog01
 この写真は、昨年末に完成し、年賀状にしたもので
ある。
『お身拭い』
 今日は大晦日、数日前からTVニュースや番組で、
恒例の有名どころの仏像の『お身拭い』の様子が
放映され、新年を迎える準備がされている。 我が
家では、これまでの趣味としての作品が沢山あり、
ものが小さいとはいえ、結構面倒で毎年全部はで
きず、誠に申し訳ないが、ホコリの多いものだけを
『お身拭い』している。
 そのためか、ここ6,7年前より健康面がすぐれなか
ったり、約45年以來の宝くじ、たった一回限りの30,
000円以外、当たったことがなく、我が人生の後半
に盛り上がりがない。 
もっと真面目にと言われても・・・。
 しかし来年は6回目の年男(戌年)・・・期待を持っ
て新年を迎えることに。
20171231お身拭いblog01

20171231お身拭いblog02
 お知り合いの皆様方には、来年も良い年を迎え
られ、ご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。
『逆鱗に触れる』
20170322紅梅blog02
 26日午前10時前に、我が家の紅梅の一輪をカシャと撮り、
第24回仏像彫刻展の会場に・・・。
宮本先生作blog01
 仏師 宮本想観先生の作品、案内状にあった実物で、
龍頭観音坐像で、子どものお顔である。いささか龍も嬉し
そう。
龍頭観音blog01
 これは、小生の作品で、龍頭の上に水晶球をもった白衣
観音像である。今年の作品展には4人同じような作品で、
大流行であった。

 会場の受付にある芳名帳を見ると、24日か? なんと小
生を直接指導いただいた牧野の先輩に来ていただき、お
会いできなかったことを残念に・・そして恐縮している。
 さらに昨日26日 最近高槻に転居された息子さんの家
族と合流するついでに、香芝市の恩師が奥様と同伴でわ
ざわざお越しいたき、感激した。 
 恩師の一言が印象的でメモ帳に・・・龍の鱗を指さしなが
ら 【逆鱗に触れる(げきりんにふれる )】といきなり・・・。
その解説は 「逆鱗」とは竜のあごの下に逆さに生えている
うろこのことで、そこに触れると竜が怒って触った人を殺して
しまうという伝説があったそうな。つまり上司や年上の人を
怒らせる言葉や行動をとった時に用いる言葉なんやで・・・と。
  【相変わらずの博学というか、物知り博士である】
 
 次回は恩師からのお土産というかプレゼントをどうしても紹
介する。 
『春のお彼岸』
20170320お彼岸blog01

散華blog01
  昨日(20日) は春のお彼岸(春分の日) 午後3時から本行
寺(日蓮宗)にセッちゃんとお墓の掃除と3時半からのお塔婆の
法要に参加した。
 午前中から二部までは満員だったようで、三部目は適当に
空いていて、遅い時間からでいやだなー と思っていたが結果
よかった。
途中で三名の僧侶が散華を高くまいてご先祖さんを讃えてい
た。 院主様の説法は現代風にユーモアを交えて、宗教の必
要性とありがたみを伝えていた。
20170320妙見菩薩blog02
 日蓮宗は“妙見菩薩”をもお祀りしていて、離れのお堂に
祀られている。 実は かねてより妙見さんをモデルに彫刻
したいと思っていた。 過去に院主さんに写真撮影をさせて
いただき、仏師の宮本先生に相談したところ、快諾していた
だき、粘土の原型から図面を起こし、先生が見本の作品を
作製された。
20170320妙見菩薩blog01
 写真は本堂の受付に飾れていた写真を複写させていただ
いた。多分、今年の年末には私の作品を紹介できるのでは。
 
  妙見菩薩は北極星(北斗七星)を神格化したもので、もの
をよく見るということで、北辰菩薩、尊星王ともいう。国土を守
り、災いを除き、福寿を増す。菩薩ではあるが天部として扱わ
れている。 右手に剣を持ち、左手は羅刹天(剣印)で切るを
意味する・・・。
    【仏師 宮本想観先生の(?)引用文の引用】
[『春のお彼岸』]の続きを読む
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.