FC2ブログ
興味津々
日記です。
『秋祭り』
20181008神輿blog01
9月4日のわが町での台風21号の災害は屋根瓦はもち
ろん、公園の枯木や堤防の桜、神社の神木などが折れ
たり、根こそぎ倒れてリで、後片付けがままならないうち
に、24号、25号と続いた。 
 そして7,8日の祝祭日は“秋祭り”、 写真は野見神
社の神輿で、能舞台の中でスタンバイ。
 恩師の奈良のシカ様のお隣の鹿島神社の秋祭りは無
事できたのだろうか。 神社の世話係をまだされている
のか。 大変だったに違いない。
20181009金木犀blog01
 1周間前にご近所を歩いていて、金木犀の香り、もち
ろん秋を感じただけでなく、やっと静かな秋がきたと感
じた。
20181008不動明王blog01
 9月9日から取り掛かった不動明王、ちょうど1ヶ月後
の姿である。 頭髪、そして左手を切り離し、握り手を
作成中である。 
 何年でも待ちますといわれ、気軽に彫らしてもらって
いる。
201810-8不動明王blog02
[『秋祭り』]の続きを読む
スポンサーサイト
『お不動さん 教室2回目』
20180909不動明王blog01
 両目をバッチリ見開いているお不動産です。 他には
右目は上を向いていて、左は下を向いて、ウインクして
いるような目もあります。 天地眼といい天と地を両方
を、全て見渡すという意味らしいです。
 そして牙も左右上を向いているのを彫っていますが、
左右上下くいちがっている牙もあります。
 今の状態では鼻の下が長いようで気になっています。
20180909不動明王blog02
 半生の楠で彫りやすいが、乾燥しきると固くなるので、
急がねば
20180909不動明王blog03
 唐の不空が訳した密教経典には大自在天(ヒンドゥ
ー教の最高神シヴァ)を不動明王が調伏する説法があ
るとWikipediaで記されている。 また空海が日本に持
ち帰ったとも記されている。
 大日如来の化身でもあるらしい。
『感謝』
20180902不動明王blog01

20180902不動明王blog02

20180902不動明王blog03
近頃 彫刻の意欲が薄らえてきたのか、体力が減退し
たのか、作品が小ぶりになり、これまでお世話になった
人々への『感謝』のつもりで、製作している。
 先日、後輩からの電話で、プレゼントを持ちかけた
ら、是非とも“お不動さん”がほしいと言われ、OKした。
 よくはわからないが、空手か拳法かの道場の正面
に置きたいとのことで、小さくて貧弱なものではいけ
ないと思い、何年ぶりか、本体のみ1尺4寸(約46Cm)
の楠で彫ることにした。 火炎光背と岩座で、全長70
~.80Cmになるのでは。
 写真は 仏師 宮本想観 先生による姿撮りである。
 なにか好きなことで、大きな目的ができて、急に元
気が出てきたような気がして『感謝』している。
『莫妄想』
 第25回仏像彫刻展も11日(水曜日)で無事終了しま
した。 7日間の来場者が1,100名ぐらいで、大変盛況
でした。  「関係者の皆様 お疲れ様でした。」
 今回 私が出展したのは“妙見菩薩”とダルマさん
の“莫妄想(まくもうぞう)”です。 その作品の写真と
“達磨”という漢字のアンビグラムを紹介します。
莫妄想blog02
      『莫妄想(まくもうぞう)』
唐代の禅僧・無業(むごう)禅師は誰に対しても、
莫妄想「妄想(もうそう)すること莫(なか)れ」と唱
えたと言います。 「妄想」は現実からかけ離れた
空想や夢想をしたり、考えても仕方のないことをあ
れこれ思い悩むことを指します。
 病気になった人が、「本当に治るのだろうか?」
と不安になったり、結婚式を間近に控えた女性が、
「この人とちゃんとやっていけるかしら?」と思い悩
んだりすること(「マリッジブルー」と呼ばれる)も妄
想です。修行僧が坐禅を組みながら「早く悟りの境
地に近づきたい」と考えることも妄想です。
 肉体や心の欲望、未来への不安や過去への執着
など、私たちの心を曇らせる最大の原因が妄想なの
です。 それをくよくよ考えるなというのが「莫妄想」
というものです。
 元寇(1274~1281)の危機にさらされていた鎌倉
時代、執権・北条時宗は強大な元軍とどう戦えば良
いか? と悩み、中国から招いていた無学祖元禅師
(むがくそげんし)のもとを訪れました。無学禅師は
時宗に「莫妄想」と諭したといいます。
 時宗はこの一言で決心を固め、今できる限りの防
備に全力を尽くして、あとは天命を待つ心境にいたっ
たといわれています。 結果はご存じのとおり、元軍
は二度とも暴風雨に襲われ、壊滅状態になりました。

 済んでしまったことは忘れましょう。
 今できることに全力を尽くしましょう。
 よりよい未来をつくるのは今の努力しかありません            
   「莫妄想」というお話でした。」
 【https://eyespi.jp/l00171/ より引用しました】
達磨アンビグラムblog01
『第25回仏像彫刻展』
平成30年度第25回仏像彫刻展b
 今年で25回目 毎年1年が短く感じる、それもスピード 
アップして感じるようになり、出展までの製作にあせるよ
うになってきた。 でも最近、生徒さんも高齢化して未完
成で出される方もちらほらと・・・。実は小生 出展予定
している2点の内1点は未完成で、仕上げの手前で思
案中である。 
 【展示期間と場所は上の写真に示すとおりです。
お時間がございましたらどうぞお越しくださいませ。】
20170320妙見菩薩blog02
 仏師 宮本想観先生は最上段に示す、“妙見菩薩で”、
高槻の本行寺に祀られている妙見堂のご本尊である。
本行寺さんにお許しを頂いて、写真をコピーさせていた
だき、小生の希望で先生に原型と図面を作成いただき、
私自身も作製させていただいた。
平成30年年賀状blog01
 この写真は、昨年末に完成し、年賀状にしたもので
ある。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.