FC2ブログ
興味津々
日記です。
『リョウブで達磨』
杖blog01
12日前の左大腿部の肉離れ、痛みは少しましになった
が腫脹のためあるき辛い。 以前 こんな時のために
「転ばぬ先の杖」として、裏庭に生え育っていた“南天”
で練習のために彫った達磨2つを差し込んだ。
左は白檀で、右は『リョウブ(令法)』で作製したもので
ある。 リョウブという木は馴染みがなく、名前がなか
なか覚えられないので、本稿に取り上げたのが意図す
るところである。
 そこで『リョウブ(令法)』について
学名:和名はリョウブ 別名:ハタツモり
    英名はClethra barbinervis
落葉小高木、若葉は山菜とされ、庭木としても植えら
れる。花は夏に咲き花弁は白く5裂するとある。
分布は北海道南部から九州・済州島の山林に見られる。
昔 ひどい食糧難で饑餓状態に陥ったとき、救荒植物
として利用され、現在も「令法飯」などの材料にもされて
いると。
 幹を彫刻してみて、柘と同じような硬さであった。
ところで“南天”の英語表記はSouthern skyであった。
これもアメリカのマイクロソフトの自動翻訳ソフトによる
ものか。
スポンサーサイト
『肉離れ』
ミシンの足blog01 
 2月中旬 母親の足踏みミシンを解体し、上部を廃棄し、
足踏み部を残し、板をのせると花台になった。
おしゃれではありませんか。 実は近くの“メガネの三城”
さんにあったテーブルを参考にした。
外灯の足blog01
 1周間前、中庭にそびえていた2m超えの外灯を長年
放置し、無用となっていたので地中30Cmほど鉄杭が入
っていたので力を振り絞って,約40分ぐらいかかって撤去
した。 不燃ごみの回収日が待ちどおしい。
大腿部の肉離れblog01
 そして昨日我慢できなく整形外科へ行った。 思い当
たるとすれば、外灯を撤去するときに奮闘したのが原因
としか考えられない。 診断は『肉離れ』であった。
症状は左大腿部がパンパンに腫れ、痛みのために歩
行が困難となった。痛みの中心部は湿布薬のところ。
下方には広範囲な内出血・・・。
 実は心配していたのは、2年9ヶ月前に受けた心臓の
手術と同時に二箇所のバイパス手術も受け、その時の
摘出された大腿静脈から外側に分技した大伏在静脈
部がおかしくなってしまったのではと心配した。
 そういえば、心臓外科の主治医はあまり力仕事をして
はダメといっていたようなことを思い出した。

 ところで19日早朝、“SmartNews”を開くと、大阪メトロ
公式サイトの外国語ページで“堺筋”を「サカイ マッス
ル」と誤訳されていたのを報じている。作業効率化の
ためにアメリカのマイクロソフトの自動翻訳ソフトを利用し
たと報じられていた。 その他「3両目」を「3 Eyes」とか
「天下茶屋」を「world Teahouse」など・・・。
 
        【足と筋肉つながりでした】
『つめ放題200円』
20190317人参blog01
  昨日(18日) 某スーパーで『つめ放題200円』と札
をさしてビニール袋が置かれていたという。
 隣には“ジャガイモ”の小粒が山盛りに。
 家族が小生を喜ばせようと、形の面白い人参も購入し
た。
『3月1日』
3月熱海マンホールの蓋blog01
 今日は3月1日 厳しい寒さも緩んで三寒四温の時期
となり、同時に花粉症の人は大変な季節へと変わりつつ
ある。
 我市ではこどもに関わる健康と福祉の新しい施設
“こども未来館”が完成し、4月から運営される。
 また、鉄道では3月半ばより“おおさか東線”がスタート
し、新大阪からJR奈良まで約1時間で観光客にとっては
行きやすくなる。
 写真は熱海のマンホールの蓋である(カレンダーから)。
 大阪市立美術館では“フェルメール”の開催中、その他
送別会などで忙しくなる。
20190301白梅blog01
 我が家の白梅はピークが過ぎ
20190301紅梅blog01
 紅梅はまだ蕾でこれから
白川郷blog01
 2月半ば友人の旅先“白川郷”から、スマホで送ってい
ただいた。 もちろん雪に埋もれた白川郷で、ホテルと
ライトアップの夜景が素晴らしかったとのこと・・・。
ファンタスティックでしょうね。
      【いつも ありがとうございます】
『羂索』
ケシポピーblog01
最近 近くの商店街でとてもお手頃な花屋さんがオー
プンされた。 たとえば真っ赤な小さなバラ10本の束が
280円、周りの他の花束も380円、480円などとにかく
80円がつきまとう。 もちろん奥に行けばそれなりの価
格のものがあるが、相対的に安い。 ラーメン屋と同様、
半径100mの円内に花屋さんが4.5軒はある激戦区であ
る。
 家内がまだ蕾だけのケシポピーを買いたいとのことで、
10本280円で購入。 2日後から蕾が割れ始め、見る見る
間に淡い、ピンク、橙色、赤など開花したので、急いで
板にスケッチした。
不動明王イラスト屋blog01
 また最近 TVや新聞にも“イラスト屋”のシール用のデ
ザインが応用されている。無料の門で結構ジャンルも広く
使ってみたくなった。仏像編もあったので開くと、不動明王
があったので貼り付けた。ちょっと羂索の形が簡素化され
ているが、シールと思えばよいのでは。
20190217羂索blog01
 不動明王の左手の羂索を検索すると、〘仏〙 〔本来
は猟具として使う罠わな〕 青・黄・赤・白・黒の五色の
糸を縄状に編んで端に半形の金剛杵こんごうしよや鐶
かんをつける。不動明王・不空羂索観音などが持ち、衆
生済度の象徴とするとある。 要するに右手の軒で悪を
切り払い、左手の縄で困っている人々を引き上げて救う
ためのものである。
 ところで上記の五色について、教室の先生は「黒では
なく緑やで」・・・・・はじめは黒を入れた五色で作ったが、
もう一度 梅田の第四ビル付近の地下街にあるサンセイ
という手芸のパーツ専門店で緑の糸を買いなおして作成
した。
copyright © 2005 興味津々 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.